« 川戦:蓮如編④ 金森合戦・堅田大責 | トップページ | 川戦:蓮如編⑥山科本願寺 »

2007年9月27日 (木)

川戦:蓮如編⑤吉崎御坊

 とかく、戦争というものは金がかかるものです。蓮如がいかに門徒に頼って比叡山に抵抗しても、本拠を持たぬ流亡の生活です。いつまでも対立は続けられません。本来でしたらこういった抗争には、朝廷や幕府が仲裁に立つことがあるのですが、応仁の乱まっただなかです。都大路には軍勢が犇き、道は寸断されます。また、プライベートに通行税を徴収する関も設けられ、都に依存して生活している南近江の門徒衆も困窮したと思われます。
 要するに、いつまでも比叡山と争っているわけには行かない。金森合戦のあと、蓮如は叡山と和解します。とはいっても全面敗北です。蓮如は隠居。実子実如は廃嫡を言い渡されます。寺宝である親鸞の像は取り上げられて天台宗三井寺の末寺に安置されます。
 替わりに蓮如が得たのは自由でした。京都は荒廃し、琵琶湖の交通も堅田が崩壊してままならない状況です。貴族達は田舎の領地に疎開を初めるなど、京にいても余りよいことはないように思われました。そこで蓮如は新天地を求めます。以前にも蓮如は東国や北国を訪れ、その先、途中で熱心な門徒たちとの交流を深めていました。その時勝ち得た自信が都からの脱出を決断させたのでしょう。
 選んだのは加賀国と越前国の国境にある吉崎。大聖寺川の日本海に注ぐ河口に隣接する北潟湖畔を臨む立地ですが、ここは間違いなく城砦都市といっていい構えをしています。三方を北潟湖という大きな堀で囲み、あいた一方には大きな寺内町が本堂を守るように囲んでいるそういう構造の寺でした。ここはうるさい延暦寺もいませんし、政治的な圧力をかけられる心配もなく、仮に襲われたとしても守りは万全です。大谷や堅田のような目にあうことはないでしょう。
 また、地方に拠点を据えて教化に専念する手法は爆発的にあたりました。本願寺教団はこのころ急速に拡大します。遠くは奥州から蓮如に会うためにやってくる門徒もいたそうです。
 でも、一見蓮如にとって理想的な宗教都市であっても、結束する門徒達からなる宗教集団は別な見方をされます。信者達は河川運送従事者や商人や農民達だけではありません。国人・土豪・地侍など後の武士階層もいたのです。いえ、正確ではありませんね。当時は階級分化が未成熟でした。ゆえに、田畑を耕す武士もいれば、水上交通をなりわって、時に海賊行為をする武士もいたりするのです。そして、その集団は戦力と見なしたものがいました。それが、加賀国守護の富樫政親でした。
 彼は応仁の乱において、細川政元方の東軍についたため、山成宗全率いる西軍についた弟の幸千代と争うことになりました。
 富樫政親は幸千代を滅ぼすために、吉崎に助力を求めました。蓮如にとっては関係のない話でありましたが、運の悪いことにこの地には同じ浄土真宗の高田専修寺派の勢力が根ざしていて、彼らが幸千代派に与してしまったのです。本願寺派は延暦寺と大喧嘩をしてしまいましたが、同宗である高田専修寺派とも仲が悪かった。もし、吉崎が立場を決めずにうかうかして、政親が幸千代に敗れれば、幸千代は専修寺派を引き立て、吉崎に弾圧を加えるでしょう。
 本件にあって、蓮如がとった立場については諸説ありますが、ここでは起きた事だけ書きます。吉崎御坊の門徒達は富樫政親に与し、富樫幸千代を攻め滅ぼしました。そのこと自体は成功したのですが、吉崎御坊の門徒達が見せた力は富樫政親を警戒させることになりました。それに気づいた蓮如はいち早く吉崎を退去。蓮如の側近である下間崇蓮を門徒達を扇動した罪で破門に処しました。
 一応のけじめをつけた形にはなっていますが、富樫幸千代を攻め滅ぼした門徒衆と要塞同然の吉崎御坊はそのまま残りました。大きな火種は残されたままです。後に、この門徒衆は加賀一向一揆を起こして富樫政親をも攻め滅ぼしました。それ以後加賀国には大名はいなくなり、百姓(この場合は源平藤橘以外の素性を持つ人々のこと)の持ちたる国となったそうです。

 

|

« 川戦:蓮如編④ 金森合戦・堅田大責 | トップページ | 川戦:蓮如編⑥山科本願寺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164985/16552535

この記事へのトラックバック一覧です: 川戦:蓮如編⑤吉崎御坊:

« 川戦:蓮如編④ 金森合戦・堅田大責 | トップページ | 川戦:蓮如編⑥山科本願寺 »