« 川戦:三河布教編①真宗分派概略 | トップページ | 川戦:三河布教編③蓮如とのかかわり »

2007年10月30日 (火)

川戦:三河布教編②三河国

 さて、前篇においては、蓮如の生涯を追いながら、その時々で作られた金森道場、吉崎道場、山科本願寺、石山道場、鷺宮道場などを見てきました。ちょっと、時代を後に転じて織田信長との石山合戦を見てみましょう。伊勢長島の一向一揆責めは、織田方の有力武将も討ち取られ、かつ一揆勢も皆殺しにあったというその戦いの凄惨さが特徴です。
 なぜそんな凄惨な戦いになったかというと、一揆衆が立てこもった長島願証寺が長良川に浮かぶ強固な水塞だったからです。そして、石山合戦そのものも、淀川に船を浮かべた織田水軍とこれに兵糧入れしようとする毛利水軍の戦いでした。運河の未整備な当時の大坂の石山本願寺ほ日本最大の水塞であったといえるかもしれません。ここに豊臣秀吉は大坂城を建て、本願寺を外敵から守った川を惣濠として難攻不落の要塞に仕立て上げましたが、この堀を大坂の陣で埋めたのが徳川家康です。
 ちょっと話が横にそれてしまいましたね。このように本願寺派が建てた寺は水塞としての機能を持ったものが多かったのです。私としてはここに着目いたします。水塞といってもそれを作るためには高度な治水の技術が必要ですし、洪水への備えも必要です。そういったものを整備するためには技術者集団がいたと観るのが正しいでしょう。その技術者集団は水上のネットワークを保有していたと考えています。
 逆に言うなら、水上交通に適した所であれば、彼らはそこに手を伸ばしたということです。

 そこは親鸞が拠点とした関東と京都の間にありました。三河の国です。三河の国は愛知県の東半分ですが、もともとの三河国の愛知県西半分のさらに半分。西三河と呼ばれる矢作川流域を指します。矢作川の流域は支流の乙川とアルファベットの『Y』の字をなします。おそらく、矢作川流域は乙川と乙川と合流する上流部分、下流部分の三つの領域に別れるゆえに三河なのでしょう。
 とは言え本稿では、渥美半島と知多半島に挟まれた三河湾を流れる三つの主要河川である、緒川、矢作川、吉田川の三つをもって三河国と呼んでみたいです。中心となる舞台は矢作川流域。織田信長が今川義元を桶狭間で討ち取ってから数年後、三河の国で一向門徒が蜂起しました。

 本稿ではその端緒となった三河国への本願寺教団の浸透状況を二人の人物の存在を通して見て行きたいと思います。その名は佐々木如光と石川政康と言います。佐々木如光は三河国佐々木にある上宮寺の住持で、石川政康は同じく三河国小川に勢力を張った土豪です。ご当地ではわかりませんが、全国的には全く無名と言っていい人物だと思います。こういう無名の人物を掘り起こすのも歴史マニアの醍醐味というものですね。

 二人は本稿、『川の戦国史』を語る上で重要なキーパーソンです。その理由は次稿以降にて語ります。

|

« 川戦:三河布教編①真宗分派概略 | トップページ | 川戦:三河布教編③蓮如とのかかわり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164985/16823491

この記事へのトラックバック一覧です: 川戦:三河布教編②三河国:

« 川戦:三河布教編①真宗分派概略 | トップページ | 川戦:三河布教編③蓮如とのかかわり »