« 川戦:源姓松平編⑦松平郷松平家 | トップページ | 川戦:応仁乱編①プロローグ »

2007年12月13日 (木)

川戦:源姓松平編⑧松平益親2

 おまけ的に、北近江に進出した松平益親のその後について書きます。菅浦・大浦荘の代官の松平益親は後に益親の主家である日野家が両荘を延暦寺に寄進したことによって、免職されます。この頃は益親は隠居していて、子の勝親が後を継いでいたそうです。
 菅浦・大浦荘は戦国期の惣村活動を詳細に記した文書が残っていたために、こうした活動が後世にのこされていたわけで、歴史家の研究対象になっていたようです。お陰でこういう活動の一端も我々の眼にふれることになるのですね。
 ただ、菅浦・大浦はしょっちゅう紛争をおこしていて、訴訟や暴力沙汰も絶えなかったようです。益親自身も命を狙われたことがあったそうです。日野家が菅浦荘を延暦寺に寄進したのも、惣村化した村の支配が難しくなったことも一つですが、あといくつか考えられます。
 日野家の寄進は1471年(文明3年)。1467年から11年続いた応仁・文明の乱の真っ只中で京都の街も兵乱の中で灰燼に帰しています。その混乱の中で湖北の小村を維持するのが難しくなったということがあるのでしょう。
 そしてもう一つは延暦寺の勢力伸張です。益親の活動と当時の延暦寺の動静を本願寺とのかかわりを中心に重ね合わせて見ます。

1461年(寛正 2年)菅浦荘騒乱。松平益親、菅浦征伐
1465年(寛正 6年)2月 8日 延暦寺、大谷本願寺を破却。
1466年(文正元年)金森合戦
1467年(応仁元年)3月      延暦寺と和議、蓮如の隠居と長男・順如の廃嫡が盛り込まれる。
1468年(応仁 2年)3月24日 堅田大責。
         蓮如、三河再訪。
1469年(応仁 3年)大津南別所に顕証寺を建立、長男・順如を住持として祖像を同寺に置く。
1470年(文明 2年)堅田衆、比叡山に賠償金を払い復興を許される。
1471年(文明 3年)日野氏、菅浦荘を比叡山に寄進。松平勝親(益親の息子)代官職を罷免される。

 菅浦荘騒乱の四年後に延暦寺は大谷本願寺を破却し、金森合戦と続いて、応仁元年に蓮如の隠居表明によって一応の手打ちになります。しかし、その翌年湖上水運を引き受けていた堅田衆が将軍の御用船の積荷を横領すると、比叡山はそれを名分に堅田を焼きます。その翌々年に堅田から賠償金を分捕って和議を結びました。そして、その翌年の菅浦荘の叡山への寄進です。
 この期間、延暦寺は強硬路線でつっぱしり、それで一定の成果を得ました。彼らの立場で見れば、ここで延暦寺が得たものは元々延暦寺のものであり、その回復運動に過ぎないということなのかもしれません。堅田衆を屈服させた延暦寺はさらに湖上の支配権の強化を目し、その一環として日野家から菅浦荘を得たとも考えられますね。

 松平益親・勝親の活動については、京都における貸金業が当時の裁判記録に残っているくらいです。その後、彼らがどうなったのかは不明です。

|

« 川戦:源姓松平編⑦松平郷松平家 | トップページ | 川戦:応仁乱編①プロローグ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164985/17321841

この記事へのトラックバック一覧です: 川戦:源姓松平編⑧松平益親2:

« 川戦:源姓松平編⑦松平郷松平家 | トップページ | 川戦:応仁乱編①プロローグ »