« 川戦:『将軍』寺編③応仁の井田野合戦 | トップページ | 川戦:『将軍』寺編⑤大樹寺創建 »

2008年3月 6日 (木)

川戦:『将軍』寺編④松平親忠

 松平親忠は松平信光の三男で、安祥松平氏の祖と言われています。惣領家の根拠地により松平郷、岩津、安祥、岡崎と区分されて語られます。松平郷は親氏と泰親、岩津は信光、安祥は親忠、長親、信忠、岡崎は清康、広忠と続きます。徳川家康は広忠の子であり、岡崎松平家を継ぎますが根拠地は浜松に行ったり、江戸に行ったりしてますので別格でしょう。

 但し、今あげた松平家歴代の中には『惣領』と呼ぶには微妙な人々も含まれています。松平郷の泰親しかり、そして本稿で触れる安祥家の親忠しかりです。三河物語にも書かれている通り、松平親忠には兄が二人いて長男は岩津を、次男は大給を相続しました。信光が松平家惣領で岩津を領しています。その長男が岩津を領したということは常識的に考えて惣領家はこの長男が相続したと考えるべきでしょう。この長男は松平親長と言われています。

 系図によってはこの親長を松平親忠の長男ということにされてしまってるのですが、これに従うと幾つか矛盾を生じます。まず、三河物語の記述に沿っていないこと。そして、親長を松平親忠の長男ということにしている系図も安祥を相続した長親を惣領扱いしているのですから、『惣領』である安祥家の親忠が『分家』扱いになってしまった岩津家に長男を指し出すというのは不自然に写ります。
 よって、親長を信光の長子とし、松平家惣領と見てよいと思います。惣領家が別にあるのになぜ親忠が惣領として扱われてきたかは、彼の子孫が将軍家だからという補正が一つ。もう一つは、親長が在京していてあまり三河国の面倒をみられなかったことがあるのでしょう。

 寛正の額田郡一揆の時点で松平信光は還暦を過ぎております。もう、惣領は終身ですが、実務は後継に任せる時期でした。長男の親長は伊勢貞親のいる京都に出仕をしております。信光自身は隠居しつつ岩津に睨みをきかせるということろ。次男は大給をおさめました。そして、一揆勢が砦を築いた井ノ口に三男、親忠をおいたのです。その弟の正則は大庭氏のいた深溝に入りました。井ノ口は東海道を扼する拠点のひとつです。
 ここは牧野氏と西郷氏が抑えていた筈ですが、大樹寺の寺伝に従うならば、この時点でどういう事情か松平親忠がいたことになります。牧野氏は東三河の国人で、根拠地が離れているという事情もあり、守護の命令による出陣なので、一揆鎮圧後にいなくても不思議ではありません。本来ならば、今の岡崎市明大寺あたりに根拠地を持っていた西郷氏の管理下に入るのが妥当なような気もします。しかしながら、西郷氏の当主であった頼嗣は応仁・文明乱中は在京していたらしく、乱後に信光に所領を横領されています。
 最終的に一揆鎮圧の実働部隊を動かしたのは松平信光であり、その過程で西郷氏は井ノ口から手を引いたのかと思われます。応仁の乱の京の騒乱で政所執事も守護も三河国所ではなく、西郷家の当主も京に狩り出されていたのだろうと思われます。その後に井ノ口に入ってきたのが松平親忠ではなかったかと思っております。
 その状況に品野・伊保の人々が異議を唱えたのが大樹寺の寺伝の謂う『応仁の井田野合戦』であり、松平親忠は一日半の激戦によって、品野・伊保勢の襲撃を避け、多くの戦死者を出したといいますが、大樹寺以外の史料の記述がない所をみると実際は小規模な小競り合いであったかのではないかと私は考えています。
 松平親忠は井田野の戦場跡に塚を立てました。その塚は首塚もしくは千人塚とよばれ、敵味方関わりなく平等に葬ったといいます。そして、9年後の1475年(文明 七年)、その場所に怪異が起こったそうです。戦死者の亡霊が騒ぎ出し、塚が鳴動し、悪疫が流行ったと謂います。
 品野・伊保の人々が井田野を襲った理由は大樹寺の寺伝にも書かれておらず、ここまで書いている所も全くの推測に過ぎないのですが、襲われて殺されたのならまだしも、襲って返り討ちにあった戦死者が祟りをなすというのは少し動機としては薄い気もしなくもありません。無論、人の命は何より重く、尊重されるべきとは思っております。
 何故大樹寺がその事件についてその後の怪異譚を交えた記録をし、親忠は念仏堂を建てたのかについて、私見を述べます。
 大樹寺創建のストーリーにとっては、千人塚に怪異があって、供養をすることで宇祢部福林寺の勢誉愚底と松平親忠と縁が出来た。そこが重要であり、千人塚がどのような経緯で出来たかは二の次なのではなかったのかと思われます。

 念仏堂の場所には現在鴨田西光寺という寺が建てられておりますが、この近辺に額田郡一揆で当初、一揆勢が立てこもった井口砦がありました。三河国守護細川成之はそこに牧野出羽守と西郷六郎兵衛を遣わせて砦を攻略します。その戦場が井田野合戦のあった場所の近辺なのですね。そして、当初、松平信光の親類は一揆勢を匿っていましたが、信光の主筋である伊勢貞親の命によって一揆勢は松平党によって成敗されるに至ります。松平信光は伊勢貞親と細川成之から信光の一族親類に一揆勢を匿っている者がいると非難されているのですね。一揆勢を匿っていた松平信光の親類とは誰なのでしょうか。深溝で大庭次郎左衛門を討ったのは親忠の弟の大炊介正則でした。親忠自身にも軍事的能力があることは、後述する明応の井田野合戦を見てもあきらかです。にもかかわらず、親忠には一揆鎮圧に参加したのかどうか、そして何か戦功をあげたのかどうかは不明です。
 もし、念仏堂が井田野合戦の戦死者ではなく額田郡一揆の戦死者を祀ったものであるなら、念仏堂を創建した松平親忠は一揆勢に対してある種のシンパシーを持っていたと考えられます。ひょっとしたら、松平親忠は細川成之から一揆勢を匿ったとされる松平信光の親類本人もしくはそれに極めて近い人物であるかもしれません。
 一揆勢は幕府に対する謀反人として処罰されましたから、公けに慰霊することは出来なかった筈です。応仁の井田野合戦は実際は利害対立を原因とする小競り合いに過ぎなかったものを、額田郡一揆勢を慰霊するための隠れ蓑として寺伝にエピソードを残したのではないか。そんな気がします。

|

« 川戦:『将軍』寺編③応仁の井田野合戦 | トップページ | 川戦:『将軍』寺編⑤大樹寺創建 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164985/40363273

この記事へのトラックバック一覧です: 川戦:『将軍』寺編④松平親忠:

« 川戦:『将軍』寺編③応仁の井田野合戦 | トップページ | 川戦:『将軍』寺編⑤大樹寺創建 »