« 川戦:流亡編③六名阿部一家 | トップページ | 川戦:流亡編⑤天文の井田野合戦 »

2008年8月28日 (木)

川戦:流亡編④リセット

 1535年(天文四年)十二月、松平清康は兵を守山に集めました。既に本願寺と幕府との戦いは本願寺の完全敗北で決着し、織田氏と三河門徒達との共通の利害を基盤にして構築された岡崎から守山に至る軍用路は何の意味も持たなくなりました。尾張の諸勢力、織田家、水野家はこの激変を静観しており、守山の三河兵の集結に参加するでも挑むでもない態度をとっています。松平清康もまた、岡崎で状況の変化をみまもるべきだったのかもしれません。しかし、それは松平清康にとって今まで積み上げてきたものを放棄することを意味します。この弱冠二十四歳の青年武将には一時退却という戦略的思考は働かなかったようです。なにしろ家督をついでからこちら、彼はいままで勝ちっぱなしの人生を歩み続けていたのですから。それは後年、武田信玄に突っかかって言った三方ヶ原の徳川家康の姿にかぶるものかもしれません。また、清康は岡崎から守山に至るルートの向こうに天下を見据えており、それを公言していたのかもしれません。三河物語が清康を『三十まで生きていたら天下を取れただろう』と評したのはそうした背景があったと考えればとても興味深いものがあります。
 清康の家臣たちは清康よりも情勢が見えていたものと思われます。本願寺が敗れた今、桜井松平信定、大給松平源次郎(親乗?)、緒川の水野(忠政)、守山の織田信広らがいつまで松平清康の支援を続けるか――すでに信定は中立の立場に軸足を動かしています――は、はなはだ疑問であり、守山に在陣し続けること自体が危険であるという認識が一人清康を除いて、家臣達の共通認識にまでなっていた。それゆえ、三河物語において家臣たちが散々主君に守山在陣の危険性を訴えかけたのでしょう。

 松平清康はこの直後、阿部弥七郎に斬り殺されます。それは不幸な事故であったと説明されています。曰く、守山に参陣しない桜井松平信定は清康の留守中に岡崎を襲う腹づもりがあり、その陰謀に阿部大蔵定吉が加担しているという噂が守山の松平軍に流れました。その噂は阿部弥七郎はもちろん、阿部定吉当人にも心当たりのないものでしたが、松平家臣たちは疑心暗鬼に陥っており、阿部定吉に対して殺意を露わにするものもいたと言います。阿部定吉は弥七郎を諭して『根も葉もない噂で自分が誅罰された場合でも、主君を恨まず、自分達の潔白を表明して自害せよ』と命じました。
 その翌朝未明、松平清康の陣中で馬が脱走して暴れます。馬小屋の管理が不十分だったのでしょう。陣中の門を閉ざして、馬を逃がさぬよう清康は命じます。これを阿部弥七郎は清康が阿部定吉の誅殺を命じたものだと誤解しました。弥七郎は父の命も忘れ、仇を取るべく清康のもとに現れて村正の刀で主君を斬ります。そして弥七郎も異変を察知して駆けつけた植村新六郎氏明の手によってその場で斬られました。

 正直言ってかなり苦しいストーリー立てだと思います。被害者も加害者もともに死んでおり、どういう状況だったのかは不明です。ただ、後に阿部定吉は松平広忠の重臣として活躍しておりますから、その重臣の息子が故意に主君殺しをしたということには出来ない。その為に作られた物語ではないかとおもわれるのです。
 この年の六月、石山本願寺に復帰した蓮淳は三河の本証寺と勝鬘寺に書状を送っています。この時の蓮淳は対幕府戦における石山本願寺の敗北を認め、講和条件を探っている最中でした。その文脈において本証寺と勝鬘寺に、伊勢長島願証寺の指導のもとに、蓮如の遺文に基づいた布教活動に専念すべし、と求めていたのです。
 蓮如の遺文は王法を先にすべし。即ち幕府に従い戦うなということです。講和条件の模索中に下手に戦果を挙げて幕府を刺激しては元も子もなくなる恐れがありました。蓮淳は実円に替わって伊勢・美濃・尾張の教区も統括することになっていたので、その命令は尾張にも出ていたと思われます。よって、織田は動かなかった。三河の門徒家臣たちも、戦に消極的になり、松平信定の不穏な動きを口実に守山撤兵を申し入れます。
 主人を諌める家臣の言葉に対して松平清康がとった態度は強毅なものでした。家臣たちにとってその有様は先代の松平信忠に重なって見えたのではないでしょうか。この時松平清康は二十四歳。大人の分別も備え、家臣に頼らずとも自分で判断のできる年齢です。しかし、この主人の判断は本願寺の要請に真っ向から反するものでした。家臣たちにとっては非常事態です。岡崎城には十歳になる嫡男の仙千代がいます。この事態を打開するために、主君を抑えて家臣達が主導権を握る必要があります。かつて松平家臣団が先代の松平信忠に対して押籠めを行わなければならない。しかも戦陣の中では松平信忠に対して行ったような比較的に温和な方法はとれませんでした。その結果が守山崩れだったのではないか。現時点ではその様に思っております。

|

« 川戦:流亡編③六名阿部一家 | トップページ | 川戦:流亡編⑤天文の井田野合戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164985/42245403

この記事へのトラックバック一覧です: 川戦:流亡編④リセット:

« 川戦:流亡編③六名阿部一家 | トップページ | 川戦:流亡編⑤天文の井田野合戦 »