« 中漠:曹洞編⑪今川家の宗旨報告書Ⅱ(今川義忠~今川氏親) | トップページ | 中漠:法華編①法華という呼称について »

2013年8月11日 (日)

中漠:曹洞編⑫本願寺教団の蚕食

  話が戦国時代にまで進みましたが、戦国期の曹洞宗は大きな試練に見舞われております。それが本願寺教団の伸張でした。曹洞宗は北陸にある永平寺・総持寺を中心に全国に末寺を広めております。その本山のある地に遅れて比叡山から追われて北陸に入った新仏教勢力がありました。蓮如率いる浄土真宗本願寺教団です。応仁の乱が激しく戦われていた頃、蓮如は越前と加賀との国境にある吉崎の地に僧坊を構えました。そしてここを中心に浄土真宗の教えを広めていったわけです。

 曹洞宗が属する禅宗と本願寺教団の浄土真宗とは、同じ仏教ではありながら教えの方向性が少し違います。乱暴に言うと、前者は悟りを得る方法論としての修行のメソッドをひたすら高め、修行の場からノイズとなる世俗性をとことん排除することに努めます。
 後者については、修行は何のために行うかをとことん突き詰め、信仰することそのものに最高の価値を与え、修行者に課す戒律・行を排除する方向に向かったわけです。当然修行の場には世俗が入り込んでくるわけですが、本願寺教団はそれを拒みませんでした。

 その結果、各宗派の受容状況に偏りを生じることになったわけです。端的に言うと曹洞宗の寺を建てるということは世俗と隔離した空間を作るということです。中国の五山に倣い、わざわざ険しい山の頂に山門を設えるようなことをやったわけですね。その維持にはコストがかかりますし、かつ誰でも修業に参加できる場にはならなかったわけですね。せいぜいがスポンサーになってくれる領主とその一門が精一杯です。それが通常の仏教寺院のあり方であり、同時に限界であったわけです。

 ところが浄土真宗の場合は教祖の親鸞自身が僧であることからドロップ・アウトした存在でした。人生の後半において受けた弾圧をきっかけに彼は僧であることを辞めました。同時に俗世にも戻りませんでした。即ち、自らを『愚』もしくは『愚禿』と呼びならわしたわけです。それは親鸞による自省や謙遜に留まることはなく、彼が仏教僧としての枠を超えたことを意味しておりました。僧の立場から見れば、俗に塗れていると指弾されることも、『愚禿』として親鸞は行ったのです。仏教を奉じる程の財を持たない人々でも浄土真宗の門徒にならなれたのです。教勢を教義の正しさではなく、信者の数で比較するなら、これは勝負にはなりません。

 加賀国は鎌倉時代に曹洞宗を奉じた冨樫氏が勢力を振るっておりましたが、その後越前に斯波氏が入り、加賀にも勢力を伸ばしました。同時に彼の郎党達も北陸地方に入植したのですね。斯波氏を含む足利一門の本貫地は下野国です。その下野国こそ、親鸞が布教の拠点としてきた高田専修寺のある場所だったわけです。自然、斯波氏の一族郎党の中には浄土真宗の門徒達が含まれていたとしても不思議はないでしょう。
 親鸞の子孫である覚如が三代目留守職を自称して始めた本願寺が、蓮如の代に至って北陸に布教を始めると、あっという間に冨樫氏を打倒し、加賀国をのみ込んでしまったことは、以上の経緯を思い起こせば決して偶然ではありません。加賀国の曹洞宗は以後百年の間、本願寺教団主導の『百姓の持ちたる国』の中で逼塞を余儀なくされたわけです。

|

« 中漠:曹洞編⑪今川家の宗旨報告書Ⅱ(今川義忠~今川氏親) | トップページ | 中漠:法華編①法華という呼称について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164985/57961470

この記事へのトラックバック一覧です: 中漠:曹洞編⑫本願寺教団の蚕食:

« 中漠:曹洞編⑪今川家の宗旨報告書Ⅱ(今川義忠~今川氏親) | トップページ | 中漠:法華編①法華という呼称について »