« 中漠:洛中幕府編Ⅱ⑧佐々木導誉Ⅱ | トップページ | 中漠:洛中幕府編Ⅱ⑩佐々木導誉Ⅲ »

2014年3月 8日 (土)

中漠:洛中幕府編Ⅱ⑨バトルロワイヤル

 ここで足利直義死後の洛中幕府の行方を素描したいと思います。

 観応の擾乱の初期において、足利直義が政務を退いた折、それに代わって足利尊氏の実子である義詮が鎌倉から京都に呼び出されました。彼は鎌倉府で関東の統制を行っていたのですが、足利尊氏の後を継ぐべく呼び出されたのでした。彼はそれまで足利直義の住居としていた三条坊門高倉の屋敷に入ってそこで政務を見ます。それまで直義は三条殿とよばれていたのですが、以後は義詮が新たな三条殿となります。鎌倉府へは義詮の弟の基氏がゆくことになりました。直義は錦小路堀川にあった細川顕氏邸が提供されてそこに住むことになります。僧形の直義のことは以後錦小路殿と呼ばれるようになりました。以後の経緯については前々編に書かせていただいております。足利直義は高師直を滅ぼしたものの、その一年後に足利尊氏の手によって虜とされ、命を落とすことになります。

 それ以後、足利義満が実験を握るまでは歴史の教科書にもほとんど触れられないことなので本稿において概略を描写してゆきたいと思います。とりあえず、太平記のおわりまでかっ飛ばします。普通だったら、将軍が誰という区分で語るべきでしょうが、さらに細かく将軍の執事は誰だったかという観点で分別してゆきます。

○執事:細川清氏の時代
 足利尊氏の死後、征夷大将軍は足利義詮が継ぎます。それと同時に仁木頼章は引退し、細川清氏がこれに代わって執事につきます。その翌年仁木頼章が亡くなるとその弟の義長が追放されます。仁木義長は軍才はあったのですが政略や駆け引きはどうも苦手だったようです。
 仁木義長を排除した細川清氏でしたが、同じ年のうちに、こんどは彼自身が失脚の憂き目にあいます。原因は佐々木導誉との確執にありました。失脚した清氏は南朝に走って楠正儀と組んで京都を一時的に制圧します。さりながら、一時の怒りによる戦争が勝利につながることはありませんでした。佐々木導誉らの反撃にあってあっさりと京は奪回されます。細川清氏は本拠地の四国に逃げ帰りますが、足利義詮の命を受けた同族の細川頼之の討伐軍に討たれてしまいます。
 清氏失脚後は執事選びに慎重にならざるを得ません。高師直にしろ、細川清氏にしろろくな運命をたどっていませんでした。仁木頼章は主君の影のような人生を送りましたが、遺された義長はよってたかってつぶしにかかってしまいましたから。

○執事:足利尾張守義将の時代
 白羽の矢がたったのはついこのあいだまで直義派の重鎮として活動していた足利尾張守高経でした。しかし、彼は非常に高慢な人間で、『そもそも執事というものは高家のような一門ではない家人か、上杉家のような外戚が努める役職で足利一門衆筆頭の足利尾張守(斯波)家に執事とは役不足もいいところだ』と言い放ったのです。
 妥協案として彼自身は執事ではなく、息子それも四男の義将に就任させたのです。高経自身は執事の義将の後見として幕府の実権を握ったのです。
 義将には三人の兄がいました。長男の家長は鎌倉を守っていたところを北畠顕家の上洛軍と遭遇して敗死、次男の氏経は九州探題になったものの、懐良親王の軍に苦戦中で執事候補ではありませんでした。
 足利尾張守高経は自らの後継者を三男の氏頼とし、御曹司として期待をかけておりました。佐々木導誉の娘を妻とし、若狭守護まで任されていたのです。しかし、高経はそれをあえて外してその弟の義将を執事に据えたのですね。観応の擾乱の反省として、執事と一門衆が分離して反目することを、一門衆筆頭かつ執事後見という立場に立つことで防ごうとしたと言えるでしょう。
 高経にとって、執事とは家奴に過ぎませんでした。高師直がいかに権力をにぎっていたとしてもです。故に家督は執事に成り下がった義将に渡すつもりはありませんでした。家督は兄の氏頼に渡し、将軍の世話をする執事職はその弟である義将に任せて兄弟で幕府を支えるべきと考えたのでしょう。しかし、氏頼には高経の高邁すぎる発想はいまひとつ理解ができなかったようです。彼はこの決定を聞いて失意のあまりに出家隠遁してしまいました。

 細川清氏が討たれたという報せはもはや抵抗は無意味であるということを南朝方に走った一門衆に認識させるに十分なことでありました。南朝派として中国地方に勢力を保っていた山名時氏と大内弘世が帰参します。山名氏は新田系清和源氏で、大内氏は朝鮮半島の一国百済王の子孫が周防の国に流れて土着した一族の子孫と自称しておりました。もちろん二人とも足利一門衆ではありません。しかしながら、その降伏のタイミングは絶妙でした。実はこのとき、大内弘世の保護下に足利尾張守家の氏経がいました。彼は九州探題だったわけですが、結局懐良親王の軍に敗れて周防に落ち延びていたわけです。この時点で大内弘世は南朝方でしたから、足利尾張守氏経は大内・山名の幕府への帰参の取引材料にされた可能性があります。幕府とて可能であれば彼らの領地を奪いたいところではありましたが、残念ながらそこまでの実力はまだなかったからです。また、九州には懐良親王の勢力が大きく、勝手に明国と交易を始める始末です。この二人が味方に付くことによって、直義のころには完全に頓挫してしまった九州攻略は、再び糸口がつかめるようになったのです。
 しかしながら、幕府内においては足利尾張守高経と佐々木導誉との対立が深刻化しておりました。この二人は観応の擾乱において対立しておりましたし、さらに山名時氏や大内氏等当時の関係者が同じ舞台に集結することによって同じことが再び起ころうとしておりました。

○管領:細川頼之の時代
 足利尾張守高経は自らのふりを悟り、管領をはじめとする息子たちを引き連れて領国越前に引き揚げます。それから間もなく高経は病死しました。替って管領となったのが細川頼之です。太平記は彼の管領就任を持って天下泰平の成就が成ったと言祝で終わっておりますが、その終結自体が太平どころか、大きな反動に過ぎなかったのです。

|

« 中漠:洛中幕府編Ⅱ⑧佐々木導誉Ⅱ | トップページ | 中漠:洛中幕府編Ⅱ⑩佐々木導誉Ⅲ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164985/59227626

この記事へのトラックバック一覧です: 中漠:洛中幕府編Ⅱ⑨バトルロワイヤル:

« 中漠:洛中幕府編Ⅱ⑧佐々木導誉Ⅱ | トップページ | 中漠:洛中幕府編Ⅱ⑩佐々木導誉Ⅲ »