« 中漠:洛中幕府編Ⅱ㉑桃井直常の義 | トップページ | 中漠:洛中幕府編Ⅲ②宗門圧迫と幼君体制 »

2014年4月22日 (火)

中漠:洛中幕府編Ⅲ①洛中幕府編年表

洛中幕府編Ⅰ~Ⅲの年代をほぼカバーする年表です。

1336年(建武三年)__二月_____赤松円心、播磨国守護になる。
_________________武田信武、安芸国守護になる。
__________五月二十五日_湊川の戦い。楠木正成、戦死。敗戦の報をうけ、後醍醐天皇、東坂本に逃れる。
__________六月_____足利尊氏、光巌上皇を奉じて上洛。東寺合戦。
__________六月三十_日_名和長年、洛中で戦死。
__________八月_十五日_光明天皇、践祚。
_____________十七日_足利尊氏、清水寺に願文を奉し、遁世を願う。
_________十一月__二日_後醍醐天皇、降伏して比叡山を降り、花山院に幽閉される。
______________七日_足利尊氏、建武式目発布。
_________十二月_____後醍醐天皇、京を脱出し吉野に逃れる。
1337年(建武四年)__七月_____山名時氏、伯耆国守護になる。
1338年(建武五年)__五月二十二日_北畠顕家、和泉国石津で戦死
_________________この月、和泉国久米田寺に利生塔を建立する。
__________六月_____吉良貞家、因幡国守護になる。
__________八月_十一日_足利尊氏、征夷大将軍となる。
_____________十七日_新田義貞、北陸で戦死。
1338年(暦応元年)____二十八日_暦応に改元
_________十一月_____高田専修寺の専空、戦災で焼けた大谷廟堂を再建する。
_________________吉良貞家、但馬国守護になる。
1339年(暦応二年)__八月_十六日_後醍醐天皇崩御。
__________九月__一日_足利直義、坊門三条等持院にて法華八講を主催。(師守記)
_________十一月二十六日_足利尊氏、三条坊門第等持院にて、後醍醐院百箇日の曼陀羅供を行う。(師守記)
1340年(暦応三年)_十_月____佐々木導誉、妙法院事件を起こす。
1341年(暦応四年)__四月__三日_出雲守護塩谷高貞、讒言により自害。
__________七月_____山名時氏、出雲国・隠岐国守護となる。
_________十_月_____細川頼春、備後国守護となる。
_________________足利尊氏、三条坊門高倉に等持寺を建てる。
_________________日蓮宗の妙顕寺、御溝傍今小路から四条櫛笥に移る。
1342年(康永元年)__四月二十七日_康永に改元。
_________________この年、細川顕氏、備前国守護となる。
1343年(康永二年)__五月_____高南宗継(高一族)、備中国守護になる。
__________八月_____出雲国守護交替。山名時氏⇒佐々木導誉
1344年(康永三年)_________富田秀貞(佐々木氏)、美作国守護になる。
1345年(貞和元年)_十_月二十一日_貞和に改元
_________________この年、日蓮宗の日静、光巌上皇から七条堀川に寺地を賜り、本国寺と号す。
1346年(貞和二年)_十_月_____因幡国守護交替。吉良貞家⇒上総左馬助。
1348年(貞和四年)__一月__五日_楠木正行、四条畷で戦死。
__________二月_____但馬国守護交替。吉良貞家⇒今川頼貞
__________六月__七日_足利如意丸、誕生。
_________________山名時氏、侍所頭人になる。
_________________長門国守護、厚東武実死去、息子武村継承。
1349年(貞和五年)__三月_____備後国守護交替。細川頼春⇒足利直冬。
__________四月_____足利直冬、長門探題に任じられる。
_________________上野頼兼、石見国守護を解任される。
_________________長門国守護交替。厚東武村⇒足利直冬。
_________閏六月__七日_高師直、執事を罷免される。
_________________足利直冬被官の上総左馬介、大内長弘に替わり周防国守護になる。
__________八月_十三日_高師直、足利尊氏邸を囲み、直義の引き渡しを要求する。_
__________九月_____長門国守護交替。足利直冬⇒厚東武村。
__________十月_____備後国守護交替。足利直冬⇒大平義尚。
_________十一月_____足利義詮、上洛
_________________但馬国守護交替。今川頼貞⇒上杉朝房
_________十二月_____足利直義、出家。恵源と号する。
_________________上杉重能、畠山直宗、越前にて暗殺される。
1350年(貞和六年)__正月_____播磨守護交替、赤松円心⇒赤松範資
1350年(観応元年)__二月二十七日_観応に改元
__________六月_____高師泰、石見国守護につく。
__________八月_____備前国守護交替、細川顕氏⇒松田信重
__________九月_____高師泰、長門国守護につく。
_________________因幡国守護交替。上総左馬助⇒今川頼貞
_________十_月_十六日_足利直冬、九州で挙兵。
_________十_月二十六日_足利直義、京を脱出。
_________十_月二十八日_足利尊氏、直冬討伐の為中国出陣
_________十二月_十三日_足利直義、南朝に降り、足利尊氏追討の綸旨を得る。
_________________周防国守護交替。上総左馬助⇒河野通盛
1351年(観応二年)__一月__七日_足利直義、京に入る。
__________二月_十七日_打出ヶ浜合戦
__________二月二十五日_足利如意丸、夭折。
__________二月二十六日_高師直・師泰兄弟、上杉能憲の手により討たれる。
__________二月_____長門国守護交替。高師泰⇒厚東武村
_________________備中国守護交替。高南宗継(高一族)⇒秋葉備中守
__________三月_____出雲国守護交替。佐々木導誉⇒山名時氏
__________四月__八日_赤松範資、死去。赤松則祐が播磨国守護につく。
__________八月__一日_足利直義派、軍をまとめて京を脱出する。
__________八月_十六日_夢窓疎石、天龍寺多宝院で後醍醐天皇十三回忌の仏事を営む。
__________八月_十八日_足利尊氏、京を出て近江出陣。
_________________備前国守護交替。細川顕氏⇒松田信重
__________九月_十二日_八相山の戦い。直義軍敗れて敦賀に撤退する。
__________九月二十二日_尊氏、妙顕寺への乱入狼藉禁止令を出す。
__________九月三十_日_夢窓疎石、入寂。
_________十_月二十四日_足利尊氏、南朝に降伏。
_________________長門国守護、厚東武村死去、息子武直継承。
_________十一月__四日_足利尊氏、直義討伐の為に京を出て鎌倉に向かう。
______________七日_南朝、北朝の崇光天皇を廃す。
_________________石見国守護に荒川詮頼が任じられる。
1352年(観応三年)__一月__五日_足利尊氏、鎌倉占領。
__________二月二十五日_延暦寺別院の祇園社(現八坂神社)、妙顕寺法華堂を破却。
____________二十六日_足利直義、没す。
_________閏二月__一日_祇園社、仏光寺を焼く。
__________三月_十二日_尊氏、鎌倉を回復。
__________三月_十五日_義詮、京都を回復。
__________四月__一日_義詮、祇園社に天下静謐を祈らせる。
__________四月__二日_義詮、延暦寺の戦功を賞する。
__________六月_____光厳上皇、光明上皇、崇光天皇、南朝に拉致される。
__________八月_十七日_後光巌天皇、践祚。
__________八月_____出雲国守護交替。山名時氏⇒佐々木導誉
_________________因幡国守護交替。今川頼貞⇒高師秀
1352年(文和元年)__九月二十七日_文和に改元
__________九月_____周防国守護交替。河野通盛⇒大内弘直(長弘の息)
1353年(文和二年)__六月__九日_山名党を中心とした南朝軍、京都占領。
__________七月二十六日_義詮、京都奪還。
__________九月二十一日_足利尊氏、京都に帰還。
1355年(文和四年)__正月二十二日_足利直冬、桃井党を中核とした南朝軍、京都占領。
_________________尾張足利高経も、直冬方に加わる。
__________三月_十二日_足利尊氏・義詮親子、京都を奪還。
__________五月二十_日_義詮が、妙顕寺への乱入狼藉禁止令を出す。
__________八月__八日_光明上皇、解放されて京都に戻る。
__________八月二十九日_足利尊氏、妙顕寺に近江、備前に寺領を与える。
_________________尊氏・義詮、本国寺祖師堂建立の為に材木を寄進。
1356年(延文元年)__三月二十八日_延文に改元
_________________この年、尾張足利高経、直冬方から幕府に帰参。
1357年(延文二年)__一月二十二日_尊氏は京都祇園社と妙顕寺に天下静謐を祈らせる。
__________二月_十八日_光巌、崇光上皇、帰京する。
__________三月二十六日_義詮が、妙顕寺他に尊氏の為に祈祷させる。
__________八月二十五日_後光厳天皇、妙顕寺に四海静謐を祈らせる。
_________________春屋妙葩、等持寺の住持となる。
1358年(延文三年)__一月__四日_天龍寺火災。雲居庵を除いて消失。
__________二月_十二日_足利直義に従二位が追贈される。
__________四月二十七日_幕府は妙顕寺に、尊氏の為に祈祷を行わせる。
____________三十_日_足利尊氏、死去。仁木頼章、隠居する。
_________________細川清氏、足利義詮の執事となる。
__________六月二十五日_妙実、後光厳天皇から雨乞いの祈祷を命じられ、成功。
1359年(延文四年)_十_月_十三日_仁木頼章、死去。
_________________春屋妙葩、義堂周信ら夢窓派僧を関東に下向させる。
1361年(延文六年)__二月_____仁木義長、失脚。
1361年(康安元年)__三月二十九日_康安に改元
__________九月_____細川清氏、失脚。
_________十二月_____細川清氏、楠木正儀、一時京都を占領するも、奪回される。
_________________臨川寺火災。春屋妙葩、これを復興させる。
_________________尾張足利氏経、九州探題に任じられる。
1362年(康安二年)__六月_十四日_幕府、妙顕寺に病魔退散を祈願させる。
__________七月二十二日_故足利直義に正二位追贈、大倉大明神の神号が送られ、天龍寺に祀られる。
__________七月二十三日_尾張足利義将、執事に就任。父の高経、後見し幕府の実権を握る。
__________七月二十四日_細川清氏、讃岐にて細川頼之に討たれる。
1362年(貞治元年)__九月二十三日_貞治に改元
_________十_月_____尾張足利氏経、九州長者原の戦いで敗れ、大内氏の保護下に入る。
1363年(貞治二年)__二月二十_日_春屋妙葩、阿波国補陀寺で細川頼春十三回忌を務める。
__________九月_____春屋妙葩、天龍寺第十世住持となる。
_________________南朝に属した山名時氏、大内弘世、幕府に帰参。
_________________周防国守護交替。大内弘直⇒大内弘世(南朝方)
_________________長門国守護交替。厚東武直⇒大内弘世(南朝方)
1364年(貞治三年)__四月__三日_大覚妙実、六十八歳で示寂。
_________________備前国守護交替。松田信重⇒赤松則祐
_________十一月_____興福寺の神木、上洛する。
1365年(貞治四年)_十_月__三日_洛中火災。尾張足利高経、三条高倉に館を新築する。
_________十一月__八日_六角義信(氏頼の嫡男)死去。氏頼、佐々木高経(高詮)を猶子にする。
1366年(貞治五年)__八月__九日_貞治の変。尾張足利高経・義将失脚し、越前に下る。
_____________十二日_春日神木、帰座。
1367年(貞治六年)__三月二十九日_天龍寺火災。
__________四月__二日_鎌倉公方足利基氏、鎌倉左京進・安東九郎ら家臣二十二名を誅殺
__________四月二十六日_鎌倉公方足利基氏、没する。
__________五月二十六日_桃井直常、足利義詮に帰順。
____________二十九日_佐々木導誉、基氏弔問の名代として鎌倉に下向。
__________六月_____南禅寺造営関所で、園城寺とトラブルを起こす。南禅寺楼門事件の発端
_____________十八日_園城寺僧兵、南禅寺関所を破壊し、僧侶を殺傷する。
____________二十六日_幕府、今川貞世に園城寺の関所三ヶ所を破壊させる。
____________二十八日_幕府、園城寺、聖護院、実相院、円満院の領地を没収。
__________七月__五日_播磨領を巡り、石清水八幡宮の神輿上洛未遂。
_____________十三日_尾張足利高経、杣山城で没す。
__________八月__八日_園城寺、延暦寺と共同し興福寺経由で朝廷に奏状を献ず。
_____________十_日_春屋妙葩、天龍寺再建の事始めの儀を執行する。
_________________佐々木導誉、帰洛。
_____________十九日_最勝講で延暦寺・興福寺衆徒が諍いを起こす。
__________九月__四日_尾張足利義将、赦免されて上洛。以後斯波氏を名乗る。
______________七日_細川頼之、上洛。
_________十一月二十五日_細川頼之、管領になる。
_________十二月__七日_足利義詮、死去。
1368年(応安元年)__二月_十八日_応安に改元
____________二十四日_桃井直常、再度幕府に離反。
__________六月_十九日_石清水八幡宮の神輿上洛未遂。
__________八月二十九日_南禅寺問題で、延暦寺強訴に及ぶ。(続正法論への非難)
__________九月_____出雲国守護交替。佐々木導誉⇒佐々木高秀
_________十二月__七日_春屋妙葩、等持院で義詮一周忌の導師を務める。
1369年(応安二年)__七月_____幕府、南禅寺楼門破却を決定。春屋妙葩、天龍寺住持を辞す。
_________________この年、楠正儀が北朝に投降。
_________________この年、六角満高(氏頼の次男)誕生。
1370年(応安三年)__六月__七日_六角氏頼死去。佐々木高経(高詮、導誉の孫)近江守護になる。
_________________今川了俊、九州探題に任じられる。
1371年(応安四年)__三月二十八日_山名時氏、死去。
__________七月_____桃井直常、消息不明になる。
_________十一月_____春屋妙葩、丹後雲門寺に隠棲する。
_________十二月_____興福寺強訴。
1372年(応安五年)__六月_____今川了俊、南朝方から大宰府を奪回。
1373年(応安六年)__八月二十五日_佐々木導誉、死去。
_________________この年、天龍寺火災。
1374年(応安七年)__一月二十九日_後光厳天皇、崩御。
__________六月_____延暦寺二度目の強訴。
_________十一月_____興福寺の強訴問題決着。
1377年(永和三年)__一月_十三日_肥前蜷打合戦。今川了俊、菊池武朝・阿蘇惟武ら南朝軍を撃ち破る。
__________九月_____佐々木高経、近江守護を解かれる。
1378年(永和四年)__三月_十_日_足利義満、花の御所に移る。
__________四月_十七日_関東管領上杉能憲、死去。弟憲春が関東管領を継ぐ。
_________十一月__二日_南朝橋本正督、紀伊国で挙兵。
_________十二月_十三日_細川頼元、紀伊国で南朝の橋本正督に敗れる。
____________二十_日_山名義理が紀伊国守護に、山名氏清和泉国守護に任じられる。
1379年(永和五年)__一月__六日_興福寺の要請により足利義満、斯波義将を十市遠康討伐に差し向ける。
____________二十二日_足利義満、橋本正督討伐に山名義理、氏清、時義を差し向ける。
__________二月__九日_山名義理、紀伊国藤浪・石垣両城を攻略。
__________二月二十_日_細川頼之、辞意を表明するも足利義満が慰留。
____________二十二日_足利義満、土岐頼康追討を命じる。
____________二十三日_足利義満、大和派遣軍の斯波義将に帰還命令を出し、義将帰京。
____________二十九日_足利義満が土岐頼康と佐々木高秀の京屋敷を破却した件につき、高詮弁疏。
__________三月__七日_六角佐々木亀寿丸、京極佐々木高秀を近江甲良に攻める。
_________________関東管領山内上杉憲春、関東公方足利氏満に対して諌死。
_____________十八日_頼之再び辞意表明。義満慰留する。
_________________足利義満、土岐頼康を赦免する。
1379年(康暦元年)__三月二十二日_康暦に改元
____________二十六日_足利義満、六角亀寿丸に対し、京極佐々木高秀の討伐命令を出す。
__________四月_十三日_二条良基の仲介で足利義満、佐々木高秀を許す。
_________閏四月_十三日_康暦の変。斯波義将、土岐頼康、佐々木高秀ら足利義満邸を包囲。
_____________十四日_細川頼之、失脚。
_____________十九日_足利義満、天龍寺雲居庵に春屋妙葩を訪ねる。
____________二十八日_斯波義将、細川頼之の後任として管領に就任。
__________五月__二日_足利義満、謝罪使の古天周誓に関東公方足利氏満の赦免を伝える。
__________六月__二日_春屋妙葩、南禅寺住持として入院する。
__________八月_十四日_興福寺、神木上洛。
_________十_月_十_日_春屋妙葩、初代の僧禄となる。
1380年(康暦二年)
__________三月_____義堂周信、京に召し出される。
_________十二月_十二日_天龍寺火災。公文書などが焼ける。
_________この年_____佐々木高秀、出雲・飛騨・隠岐守護職を罷免される。
1381年(永徳元年)_________今川了俊、島津伊久を帰順させる。
1382年(永徳二年)_________足利義満、春屋妙葩を二世住持として相国寺の建立を発願。
1384年(永徳四年)_________足利義満、祇園社を延暦寺から独立させる。
1387年(嘉慶元年)_________妙顕寺、再び山門の衆徒により破却される。
1388年(嘉慶二年)__八月_十二日_春屋妙葩、示寂。
1389年(康応元年)_________足利義満、細川頼之を赦免する。
1390年(明徳元年)_閏三月_____土岐康行の乱。土岐康行、討たれる。
1391年(明徳二年)________今川了俊、八代城の名和顕興と征西大将軍良成親王を降伏させる。
_________________斯波義将、管領職を辞す。後任は細川頼元
_________十二月_____明徳の乱。山名氏没落。
1392年(明徳三年)_________管領交替。斯波義将⇒細川頼元
_________________相国寺竣工。
_________________南北朝合一。
_________________今川了俊、九州平定完了。
1395年(応永二年)_________今川了俊、九州探題を解任される。
1398年(応永五年)_________絶海中津、僧禄につく。
1399年(応永六年)_________応永の乱。大内義弘、没落。拙堂宗朴、大内陣を訪ねる。
_________________妙心寺住持拙堂宗朴、青蓮院に幽閉。寺領没収される。
1401年(応永八年)_________博多商人肥富、僧租阿、遣明使として明国に渡る。
1405年(応永十二年)_四月__五日_絶海中津、入寂。

|

« 中漠:洛中幕府編Ⅱ㉑桃井直常の義 | トップページ | 中漠:洛中幕府編Ⅲ②宗門圧迫と幼君体制 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164985/59502988

この記事へのトラックバック一覧です: 中漠:洛中幕府編Ⅲ①洛中幕府編年表:

« 中漠:洛中幕府編Ⅱ㉑桃井直常の義 | トップページ | 中漠:洛中幕府編Ⅲ②宗門圧迫と幼君体制 »