« 中漠:東亜動乱編③朱元璋の内部粛清 | トップページ | 中漠:東亜動乱編⑤バヤンテムルの高麗回復運動 »

2015年1月25日 (日)

中漠:東亜動乱編④日明交易と禅宗の変質

 日明断交は洪武帝の死後、建文帝の代において足利義満が派遣した肥富の日本使節を明朝廷が受け入れることで終わります。但し、この建文帝政権は弱体で、北京あたりを支配していた燕王朱棣に反乱を起こされて倒されます。朱棣は建文帝の叔父にあたり、帝位を簒奪して永楽帝を名乗り、首都を北京に移します。足利義満はこの永楽帝と改めて話をつけて、冊封を受け、勘合貿易が始まるのです。その時までには足利義満は実質上日本の支配権を手にしており、明皇帝が求めた倭寇取り締まりの要請を受ける実力をつけておりました。足利義満自身も、朝廷に依らない権力基盤の強化を画策しており、貿易がもたらす利とともに、明帝国を後ろ盾にする益を得ようとしたのです。

 但し、勘合貿易においては、日本使節に行動の自由はかなり制限されてしまったようです。宋、元のころは僧侶が使節に便乗して、大陸上陸後は中国寺院に入って修行をし、修行が終わったころに別の日本使節の船便に便乗して帰国するのが当たり前で、自ら中国の高僧に直接印可を受けたことを自慢する帰国僧はごろごろいましたが、日明交易の枠組みの中では使節団は明国によって徹底的に管理されておりました。なので、日本使節に便乗した留学僧は中国の寺院に表敬訪問をすることはできても、使節を抜け出して中国の高僧に教えを乞うことなど不可能になっていたのでした。
 宋代においては、南宋五山の禅宗寺院システムが直接日本にもたらされて、師から弟子へその教えが、不立文字の形でダイレクトにつながる非常に濃厚な関係が築かれておりました。これが元代に入ると、一応五山は尊重されましたが、五山に対する皇帝の庇護が薄まると同時に独占もなくなりましたので、日本からの留学僧達は五山に留まらず、中国全土に散らばって修行するようになったわけです。その過程で純粋禅とはやや趣を異なる偈(げ)と呼ばれる詩文や水墨画が日本に入ってきてこれに留学僧が血道を上げるようになります。
 そして、明代においては、明皇帝は僧録司という仏教寺院を統制する役職を新たに作り、日本使節とは管理貿易を行うようになりました。それによって日本僧と中国寺院との濃厚な接点はなくなり、日本臨済宗は偈(げ)の研究が大いに発達するようになりました。この精華が五山文学と呼ばれるものです。足利幕府も明の制度を真似て絶海中津を僧録に任じて禅宗寺院を統制させましたが、中国寺院との直接の関係が持てなくなったことから、禅宗教団は中国の直接の影響下から独自性を模索するようになります。

 また、叢林においては十方住持制度というものが導入されました。優秀と認められた僧であれば、法系が異なっても住持なれる制度です。これは禅宗教団全体のレベルを上げることには資しましたが、蘭渓道隆以来の不純物を廃し、中国臨済宗の宗祖臨済の法灯を受け継ぎつつ、不立文字を掲げて師弟関係を育む場としての寺院ではなくなることも意味しました。例えば、天龍寺に教えを乞うたとしても、十方住持の制度によって、例えば南浦紹明系の住持がたまさかそこにいれば、夢想疎石の法灯を継いだことにならないことになります。もとをたどればみな、臨済につながるとは言え、その住持も年季が明ければ、別系統の住持に替わってしまうわけです。師との関係が法灯の証と必ずしもならず、併せて中国からの最新情報も直接深く学ぶことができないということになれば、教学の深化を望む学僧達が血道を上げるのは詩文以外になくなっていたわけです。勘合貿易下の叢林の臨済僧達はいつの間にか日本達磨宗の能忍のように文字に記されたものの中に宗教的真理を探すしかなくなっていたわけです。

 曹洞宗や南浦紹明系の大徳寺・妙心寺等の林下派はその情勢下で奇跡的に法灯の維持ができておりました。これらの寺院は幕府の統制から離れた為、教団としての純粋性を保てていたのです。大徳寺派の一休宗純はこの頃の僧侶を堕落の極みと口を限りに罵っておりましたが、その背景には南宋、元、明にいたる東亜の政治情勢の変化に基づくパラダイムシフトがあったのだと言えるでしょう。

_3

|

« 中漠:東亜動乱編③朱元璋の内部粛清 | トップページ | 中漠:東亜動乱編⑤バヤンテムルの高麗回復運動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164985/60993047

この記事へのトラックバック一覧です: 中漠:東亜動乱編④日明交易と禅宗の変質:

« 中漠:東亜動乱編③朱元璋の内部粛清 | トップページ | 中漠:東亜動乱編⑤バヤンテムルの高麗回復運動 »