« 中漠:林下編⑨華叟宗曇 | トップページ | 中漠:林下編⑪養叟宗頤、大徳寺法統を守護する。 »

2015年4月26日 (日)

中漠:林下編⑩一休、瑞祥庵で修行す。

 禅宗の僧堂に初めて入る時に現代でも行われる儀式として、庭詰・旦過詰というものがあるそうです。私はこれを漫画で知りました。庭詰というのは以下の段どりで進められます。①入門者:門前で入門を申し込む。②僧:僧堂は満席なため、と断りを入れる。③入門者:門前脇に正座したのち、門前に向かってはすかいに土下座をして動かない。④僧:しばらくおいてから、出てゆけと何度も喝を入れる。⑤入門者:それでもななめ土下座を続ける。⑥僧:入門者を抱え上げて門の外に投げ飛ばす。(これは休憩をとれとのサインらしい)⑦入門者:しばらくおいてから門前で座り込みを再開する。⑧僧:夕刻あたりに入門者を客間である旦過寮に通す。⑨入門者:旦過寮で座禅したのち、宿泊する。⑩僧:庭詰段階が終わっていない場合、入門者に断りを告げ、門前に追い出す。
 これを二~三日続けた後に、旦過詰の段階に入ります。旦過詰とは旦過寮内で一日中座禅をして過ごすことです。本気で修行をする意思があるかどうかを見極めるためのことですから、ここでも微動だにすることは許されません。これを五日続けて耐え抜いて初めて入門が許されるとのことです。

 庭詰・旦過詰は禅宗の始祖達磨大師に弟子入りしようとした宗徒の故事に倣ったものであり、現代では予め話をつけてから行われるものではありますが、ほとんど身動きをとることができないため大変キツイ儀式であるそうです。宗純も入門にあたって断られたのを強い熱意で押し通したエピソードがあるのですが、大徳寺と妙心寺派との関係はこの時あまり良くなかったので、故事さながらのシナリオなしのライブ感あふれた庭詰・旦過詰となったろうことは想像にかたくありません。

 宗純はここでめきめきと頭角を現し、三年後には洞山三頓の棒という難問の公案を解いて見せ、その所以をもって一休という道号を得、さらにその三年後には師の前で悟りの境地を披露し、見事印可を授かったそうです。ただし、一休宗純は考えあってこれを断ったらしい。後に一休宗純は自著の自戒集の中で印可そのものを否定し、自身と師との間の関係性そして、南浦紹明(大応国師)やその師である虚堂智愚(宋人)との関係性こそが大事であることを宣言しているところをみると、一休宗純にとって印可をもらっていようと、いまいと関係がないようです。彼は師の死後、そのような人生を歩むことになります。

 華叟宗曇は祥瑞庵にて己に課せられた使命を果たしました。それは、堅田の荘官たちが延暦寺の支配を脱して、自分たちのことは自分自身で定めることができる体制です。彼ら自身が後ろ盾となって祥瑞庵を支えることで、自律した共同体への脱皮を果たすことができたわけです。無論、延暦寺の抵抗はありましたが華叟宗曇は湖北に庵を設けるところから始めるなど、地道な活動を重ねてついには、堅田における大応禅の拠点を延暦寺に認めさせることに成功したのです。一休宗純のようなイレギュラーな人材を含め、数多くの有為な弟子を育てたのも、堅田の街の根幹に祥瑞庵が機能し続けることを期待した筈でした。華叟宗曇は晩年、湖北の塩津高源庵というところで余生を過ごしました。祥瑞庵は養叟宗頤に譲っていたようです。その頃、一休宗純は京にいて後小松院に拝謁しておりました。時後光厳天皇系の称光天皇の御代であり、称光天皇には皇子がおりませんでしたので、このまま行けば後光厳天皇系の皇統は絶えてしまう状況にありました。一休宗純の後小松院落胤説に従うなら、一休宗純は自分自身が後光厳天皇系の末裔であるにもかかわらず、称光天皇の後継は崇光天皇系である伏見宮家より出すべしと進言したそうです。これは後小松院が一休宗純に還俗して皇族復帰するように求めたことが前提となるわけですが、それが事実かどうかは私には判断いたしかねます。ただ、一休宗純の師である華叟宗曇が遷化した時、彼は在京していたようです。塩津で亡くなった華叟宗曇は堅田瑞祥庵で葬儀が営まれたわけですが、一休宗純はその葬儀に参列すると京に『戻った』と一休宗純の年譜に書かれております。戻ったということは師が亡くなった折には塩津にも堅田にもおらず、在京していたことが判るわけです。

 華叟宗曇が後継者として選んだのは、一休宗純の兄弟子である養叟宗頤でした。一休宗純と養叟宗頤は十八歳の年齢差があります。華叟宗曇は養叟宗頤に祥瑞庵を譲ると、自らは湖北の塩津高源院に隠棲し間もなく亡くなります。晩年の華叟宗曇は要介護の状態であり、下の世話を一休宗純自らが行ったという述懐もあります。一方の兄弟子養叟宗頤は野心家でした。彼は華叟宗曇が堅田を攻略するために、安脇禅興庵を建てるところから始めたことをよく学んでいました。そして、同じやり方、師が攻略した堅田から初めて本寺である大徳寺を攻略することを考えたのです。
 1428年(正長元年)に華叟宗曇が寂すと、養叟宗頤は行動を開始しました。祥瑞庵をモデルケースに、自分が大徳寺に入るべく運動を開始したのです。華叟宗曇は大徳寺住持であった言外宗忠の弟子であり、大徳寺住持となる資格もあったようです。故に、その資格は華叟宗曇の弟子である養叟宗頤にもその受け継がれておりました。華叟宗曇本人は大徳寺の住持にはなっておりませんでしたが、それは延暦寺支配下にある堅田庄に禅宗寺を拓くという宿願を果たすことに生涯を費やしたためでした。華叟宗曇には堅田衆という支持基盤があり、養叟宗頤はそれを梃子に使って大徳寺に出世開堂を果たしたわけです。後に一休宗純は養叟宗頤とその弟子たちとの間で大喧嘩(というより、一休宗純による一方的な痛罵)をするわけですが、彼が最初に反養叟宗頤的な行動をとるのは、華叟宗曇の十三回忌においてであり、その後も一時的に養叟宗頤とタッグを組む局面もありました。なので、この頃の一休宗純は祥瑞庵の養叟宗頤の命に従って養叟宗頤の大徳寺住持就任運動の片棒を担いでいたと考えることもできるかも知れません。

 というのは、大徳寺は官寺である十刹の中に入っていたからでした。当時五山十刹諸山に対しては、十方住持制というものが敷かれておりました。十方住持制とは、寺院の住持の後継者を法系に頼らず、器量の人を見繕ってそのものを当てる制度でした。もともとは中国に倣った制度ではあり、夢窓派の春屋妙葩などはその制度のおかげで天龍寺や南禅寺などの住持を歴任することが可能になっていたわけです。大徳寺においては、基本的に宗峰妙超―徹翁義亨の法系からの住持職を死守しておりましたが、それでも幕府の圧力によって、南浦紹明(宗峰妙超の師)の別系からの住持を受け入れることもあったのです。併せて大徳寺の住持選定プロセスには朝廷も関与していたフシがあります。1405年(応永十二年)に妙心寺派の無因宗因が、勅により大徳寺住持に指名されるということがありました。また、一休宗純は老境に入って大徳寺住持を引き受けることがありましたが、これは勅命でやむを得ず引き受けたことでもあります。ちなみに、この時点で妙心寺は倒産していたこともあり、無因宗因は住持就任を辞退しました。いずれにせよ養叟宗頤に朝廷の支持があったとすれば、大徳寺住持就任の大きな弾みになったと言えるかも知れません。
Photo

|

« 中漠:林下編⑨華叟宗曇 | トップページ | 中漠:林下編⑪養叟宗頤、大徳寺法統を守護する。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164985/61459496

この記事へのトラックバック一覧です: 中漠:林下編⑩一休、瑞祥庵で修行す。:

« 中漠:林下編⑨華叟宗曇 | トップページ | 中漠:林下編⑪養叟宗頤、大徳寺法統を守護する。 »