« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月28日 (日)

川戦:安城合戦編⑯補遺Ⅰ 昨年発表された中京大教授の新説

ちょうど1年前の読売新聞中部版に次のような記事が躍りました。『織田信長の父・信秀が三河の岡崎を支配していた 中京大教授が新説』。説を出されたのは先に拙稿にて記事のネタとさせていただいた安城市史を編纂された村岡幹生教授です。
 読売新聞のサイトからは既にその記事は消えているものの、今でも中京大村岡教授で検索すれば、記事の内容は把握できます。以下はその要約です。
・その説は2014年春刊行の「愛知県史資料編14」で公表された。
・法華宗の高僧、日覚の書状から立論。
・「岡崎は弾正忠へ降参し、弾正忠は三河平定の翌日、上洛した」などと記されている。
・通説では、田原城の戸田康光が裏切って信秀に竹千代を売り飛ばしたとされているが、なぜ裏切ったのかは謎。
・村岡教授は「広忠が信秀に降参して竹千代を織田家へ差し出した可能性が高い」と指摘。
・本郷和人東大史料編纂所教授、「重要な発見。しかし慎重な議論が必要」とコメント

 とりあえず、記事に書かれていた愛知県史資料編14を図書館で閲覧してきたのですが、当該図書そのものはあくまでも資料集であり、日覚の書状はあったものの、読売新聞の言うところの『新説』の記載は見当たりませんでした。一応当該史料と資料集の解題や後書きの記載をチェックしたのですが、見落としがあるのかもしれません。あるいは、他の論文集や書籍に寄稿もしくは出版をされているのかもしれません。あるいは読売新聞の記者による「とばし」ではないかとも思ったのですが、いずれにせよ新説の内容を確認する機会は今のところ得られていません。以上の事を前提に本稿では、日覚文書に関連して多少調べたことを述べさせていただきます。

 元史料の正式名称は読売新聞の記事にも書かれておりますが、「菩提心院日覚書状 本成寺文書」であり、その中の1547年(天文十六年)九月二十二日分の記述です。本成寺が蔵する菩提心院日覚がしたためた書状ですね。本成寺は越後国にある日蓮宗の一派、陣門法華宗の総本山で日覚自身もこの寺の九世住持を務めております。また、天文法華の乱で灰燼に帰した陣門法華寺院の本禅寺を後奈良天皇が赦免の宣旨を出す1542年(天文十一年)の二年前にちゃっかり復興させて本禅寺五世住持におさまったりしております。

 日蓮―日朗―+―日輪(日朗門流・池上本門寺)
          |
          +―日像(四条門流・妙顕寺)
          |
          +―日印―+―日静(六条門流・本国(圀)寺)
                  |
                  +―日陣(陣門流・本成寺)―+―(数代略)―日覚
                                     |
                                     +―日登(陣門流・本禅寺)

 この書状が書かれた時、日覚は加賀国に逗留していたらしく、史料の冒頭に「加州ハ大乱にて候」などと書かれています。石川県にある陣門流法華寺院をネットで検索してみると、当時石川郡布市村に實成寺という寺院があり、本成寺九世の日覚とも所縁があるようですので、ここにいたのかもしれません。陣門流は派祖の日陣が六条門流の日静とトラブルを起こした関係で仲が悪く、京都に本禅寺という自派の拠点を別に持っていました。日覚は総本山の本成寺、京都本山の本禅寺の住持経験がある陣門流の顔役であるので、加賀にいる彼のもとには京だけではなく、地方拠点からの情報も集まってきており、当該の書状は加賀国から越後にある総本山本成寺に送った物です。

 ここに三河国における情勢が書かれているわけですが、東海における陣門流の拠点は遠江国本興寺があり、ここと東三河の国人領主鵜殿氏との関わりがあります。鵜殿氏の中でも下郷鵜殿氏(鵜殿氏は上郷鵜殿が宗家)の鵜殿長存の墓が三河国蒲郡の陣門流寺院、長存寺にあります。そのほか興味深い所では西三河和田郷の妙国寺も陣門流寺院だったりします。後に大久保氏と改称する前の宇津・大窪氏の菩提寺でした。おそらくはこの時点の妙国寺は大窪家所縁の寺院として松平蔵人信孝によって相当の破壊を受けていたものと考えられます。その後に大窪新八郎忠俊は同じ陣門流の長福寺の勧めで菩提寺をここに移すとともに、自らの名を大久保と改めるわけです。

 この書状の背景となる三河国の情勢を通説ベースで申し述べますと、松平広忠が矢作川西岸に持っていた重要拠点である安城城は既に尾張の実力者、織田信秀の手に落ちており、桜井、佐々木、三木(合歓木)の各松平諸家や酒井、大原、近藤氏の一派が織田信秀方に寝返って松平軍団は二分された状態になっていました。駿遠の太守である今川義元はこの時までにずっと戦っていた北条氏との間に休戦協定を結んで西部戦線に目を向けられるようになっておりました。
 天文十六年に起こったことは、織田方への寝返り組である佐々木松平忠倫が岡崎松平広忠に暗殺されます。矢作川対岸の上野城に籠る桜井松平清定と酒井将監達も広忠がせめてこれを降参させます。これに対して三木(合歓木)松平蔵人信孝が安城と矢作川との中間にある山崎砦で兵を催します。これを食い止めようと広忠が渡河したのを信孝は川岸の渡河原で破るわけです。これと並行して広忠は今川家に援軍を要請。今川義元は竹千代(後の徳川家康)を人質に要求し、広忠はこれに応じるわけですが、その途上で戸田康光が裏切って今川義元の元に送り届けられるはずの竹千代を強奪して織田信秀に引き渡してしまったという話があるわけです。

 次稿にて新説の根拠となった史料の該当箇所を見てゆきたいと思います。

◎略年表(安城陥落天文九年&小豆坂合戦二回説をベースとする)
1540年(天文 九年)   六月   六日 織田信秀、三河国安祥城を奪取。
1541年(天文 十年)             水野忠政娘お大、松平広忠に嫁す。
1542年(天文十一年)  八月  十  日 第一次小豆坂合戦
              十二月二十六日 松平竹千代(徳川家康)、生誕。
1543年(天文十二年)  七月  十二日 水野忠政、没。
                八月二十七日 松平信孝、追放。三木城が没収される。
1544年(天文十三年)  八月二十二日 松平長親、死去。
                九月二十二日 織田信秀、美濃国井口城を攻め大惨敗を喫す。
               この月       松平広忠、お大を離縁。
1546年(天文十五年) 十一月  十五日 松平広忠、今川義元の命により、吉田城攻めに参陣。
1547年(天文十六年)  八月   二日 松平竹千代、人質として駿河護送中に尾張国に拉致される。
                九月    五日 今川義元、田原城攻略。田原戸田氏滅亡。
                   二十二日 菩提心院日覚、本成寺に文書を送る。
                   二十八日 渡河原の戦闘。松平信孝、広忠を破る。
                         松平広忠、この日までに松平忠倫を暗殺。
1548年(天文十七年)  三月  十九日 第二次小豆坂合戦
                四月  十五日 耳取縄手の戦い。松平信孝、戦死。
1549年(天文十八年)   三月   六日 松平広忠、暗殺される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月21日 (日)

中漠:林下編⑱一休と蓮如

 一休宗純が養叟宗頤の死後、拳の振り下ろしどころに困って煩悶していた頃、大徳寺で共通の師である華叟宗曇の三十三回忌が営まれました。一休宗純はこれに出席します。大徳寺の敷居は高かったかと想像しますが、出席してみて思うところができたようでした。自分は何者でありどこへ向かおうとしているのか、一休宗純はこの頃見失っております。そんな折の華叟宗曇の思い出は、一休宗純をして修業時代における堅田の地についての関心を呼び起こすに十分なものであったでしょう。
 堅田では、いつの間にか本願寺教団が旺盛になっておりました。その旗振り役が堅田本福寺です。実は、本福寺は瑞祥庵のすぐ隣にあります。本福寺二代目住持覚念は華叟宗曇の興禅運動と同時期に寺域内に禅庵を作っていました。覚念は華叟宗曇の賛同者であり、三代目の法住と一休宗純は顔見知りであった可能性があります。

 一休宗純は恐らくはもう、僧でいることに疲れていたのではないかと私は想像します。僧とは、俗とは切り離されたところで仏法を探求する存在のはずでしたが、実際に養叟宗頤が行っていたのは、俗人と何ら変わらぬ権力闘争であり、支持を集めるために仏法を切り売りすることだったと、一休宗純は非難しています。しかも、一休宗純を印可がないゆえに仏法の正統な後継者ではないと断じたのも俗にまみれた養叟宗頤でした。その養叟宗頤はこの時点でこの世の人間ではありません。養叟宗頤の仏道は彼の弟子に伝えられ大徳寺の秩序の中では一休宗純の正統性を担保するものは何もないのです。
 かといって還俗して俗人の中に生きることも一休宗純には出来そうにありませんでした。華叟宗曇から仏法の何たるかを学んでしまった中でそれを無視して生きることもできなかったのです。そんな中途半端な状況の一休宗純に一つの解を与えうる可能性を持つ存在が堅田にはいたのです。それが法住、というか法住が奉じる浄土真宗の教えではなかったでしょうか。
 親鸞は法然が罪を得て土佐に流罪になったことに連座して佐渡島に流されました。罪を断ぜられた僧は強制的に還俗させられます。法然の場合は藤井元彦という名前で流刑地に流されました。親鸞も同様に藤井善信と名乗らされたわけですが、罪を許された時に親鸞は僧に復帰することを潔しとはしませんでした。そこで、自らを「禿」もしくは「愚禿」と規定し、僧と俗に対置する存在として設定したのです。一休宗純はこの考え方に興味を持ちます。転宗はこの時代においては珍しくありませんし、俗に戻ることを潔しとしない自身のプライドもギリギリのところで保つことができます。

 一休宗純は1461年(寛正二年)の六月十六日に、宗祖の頂相を返上し大徳寺僧を辞め、念仏宗純阿弥となることを宣言します。実際に辞めた形跡はないのですが、これは自戒集に一休宗純が遺した言葉です。そして、その年は浄土真宗の開祖親鸞の二百年忌にあたっておりました。同じ月の二十七日に一休宗純は親鸞の大谷廟、すなわち大谷本願寺に出向いて親鸞二百年忌に出席します。大徳寺としてはたまったものではなかったかと推察しますが、それもまた一休宗純の計算のうちなのでしょう。一休宗純はその二百年忌において、ある出会いをします。大谷廟の留守職にして本願寺八世法主、蓮如です。

 この二人は性格的に大変馬が合ったらしく、様々なエピソードが遺されているのですが、極めつけの話を多少の脚色を交えつつ、一つ紹介します。
 ある日一休宗純が蓮如を訪ねて大谷本願寺に来ました。折悪しく、その時蓮如は留守だったのですが、一休は意にも介せず、それであれば中で待たせてもらうと言い放つと、本堂に上がり、本尊の阿弥陀如来を枕に居眠りを始めてしまったのです。つい先日念仏宗純阿弥になると宣言したはずの一休宗純ですが、これは念仏宗徒の信仰対象である阿弥陀如来を蔑ろにする行為です。ただ、一休宗純には彼なりのポリシーがありました。かつて一休が大徳寺の儀式に参列するにあたって他の僧侶が華奢に飾った法衣で出席していたのに、彼ひとりわざとボロを纏って現れたことがありました。周囲はドレス・コードを無視した振る舞いとして眉を顰めましたが、彼の師である華叟宗曇は儀式の本義に華美に着飾る必要はないとの一休宗純なりの考えに基づくものであるとして、庇ってくれた。そんな話が残っています。一休宗純としては、信仰を捧げるべき阿弥陀如来は観念的な存在であって、木や金属で作られた仏像の中にあるわけではないという考えを実践して見せたのでしょう。
 そこに知らせを聞いた蓮如が帰ってきます。阿弥陀如来を枕にして眠っている一休宗純の有様を目の当たりにするや、禿頭を真っ赤にさせて一休宗純に蹴りを加え、本堂隅まで転がして、曰く。

「おどれ、何さらしてけつかんねん! それ、わいの商売道具やぞ!」

 ここだけ河内弁で書いておりますが、本当はもっとはんなりとした京言葉でありましょう。一休宗純はあり得ないほどの罰当たりであり、蓮如は度し難い売僧であると詰ることもできるかとは思いますが、この話の眼目は信じるという行いこそが尊いのであり、形に顕れた仏像そのものをありがたがる風潮は戒められるべきという考えが両者の共通認識としてあるということです。そして何よりも、蓮如は一休宗純の一見突飛な行動の真意を瞬時に理解した上で、一笑を誘う返しで応じたわけです。
 そういう意味で蓮如は一休宗純の良き理解者であり、一休の精神はひと時の安寧を得たわけでしたが、蓮如は一休宗純の思慮を超えた行動をとってゆきます。すなわち、延暦寺と戦争を始めてしまうのです。蓮如はまさしく一休宗純とは別のベクトルでタガの外れた人物でもありました。併せて時代そのものが安寧とは無縁の方向へと進んでゆきます。戦国時代は間近でした。

Photo

次稿⇒中漠:林下編⑲  細川氏の為の禅林

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月14日 (日)

中漠:林下編⑰堅田本福寺

 養叟宗頤や一休宗純はともに堅田瑞祥庵で学びましたが、その後、彼らの足跡に堅田の地はあまり出てきません。その間に、堅田の宗教地図が塗り替えられることになるのですが、その主役が本稿で紹介する堅田本福寺と三世住持の法住です。
 本福寺は、1312年ー1317年(正和年間)に近江国野洲群三上神社の神職である善道が建てた社が始まりですが、それに前後して京都東山大谷廟堂の覚如が本願寺教団を立ち上げ、これに呼応してこの社は本福寺として本願寺教団に入ります。この時代は神道と仏教の間の垣根は極めて低く、仏教寺院に鳥居があり、また神社に梵鐘が当たり前のようにある時代でした。但し、初期の本願寺教団はあまり振るわなかったようです。
 その十年後に堅田に玉泉庵が建ち、細々と興禅活動が始められます。これが結実するのは七十余年後になって華叟宗曇が瑞祥庵に入り、安脇の禅興す庵と連携して比叡山延暦寺に対する興禅運動が本格化する頃になります。その時の本福寺の住持である覚念はこの運動に呼応していたようで、本福寺の宗旨を禅宗に改め、高徳庵という禅院を敷地内に建てております。1406年(応永十三年)延暦寺は瑞祥庵を大徳寺の末寺であることを認め、これを手放し、その五年後に一休宗純が瑞祥庵の門を叩くことになるのですが、堅田における興禅運動は成功したものの、それが本福寺にとって利となるかどうかは別問題でした。
 堅田は湖族による水運事業で潤っており、それが後に養叟宗頤をして大徳寺住持にまで押し上げるのですが、禅宗は金がかかる宗教活動です。瑞祥庵が受け入れるのは湖族堅田衆のうち士分である殿原衆(とのばらしゅう)のみでした。しかし、湖族は士分のみで構成されているわけではありません。堅田衆は水運で潤っており、非士分の全人衆(もろうどしゅう又はまろうどしゅう)もまた宗教活動を行いうる余裕を持っております。本福寺が禅宗寺院としてやってゆくためには瑞祥庵と競合するわけですが、既に瑞祥庵は大徳寺をバックにつけているのでこれと戦うことは得策ではない。もともと本福寺は本願寺を本寺とする浄土真宗の寺院であり、ここで全人衆向けに真宗を勧めれば瑞祥庵と競合することもなく、本福寺も栄えるのではないかということです。
 本福寺で学ぶ法住(のちの三世住持。覚念がもともと本願寺門徒であることを考えれば息子と見てよいかとも思うのですが確認しておりません)は夢のお告げがあったとしていますが、恐らくは法住もしくは、覚念が上記のようなことを考えたのでしょう。
 法住は都で真宗を学ぶことにしますが、もともとの本寺である本願寺は寂れ果てておりました。やむを得ず、当時羽振りのよかった仏光寺に帰依します。時に1416年(応永二十三年)、法住は数え二十歳の青年坊主です。但し法住は専業坊主ではなく、紺屋(染物屋)を営んでいたようです。一休宗純の師、華叟宗曇が示寂した年に、延暦寺から志賀郡の紺屋支配を任されております。恐らくはこの前後には本福寺の住持を任され、宗旨を真宗に戻していたと見てよいでしょう。そして安定財源を確保した法住は仏光寺派から本願寺教団に鞍替えします。これは想像ですが、養叟宗頤のやり方を見つつ、既に繁栄し利権が出来上がっている仏光寺に割り込むよりも、本願寺教団を支援した方が高い影響力を振るうことができると見たためではないでしょうか。

 華叟宗曇が示寂し、一休宗純や養叟宗頤がいなくなった堅田において本福寺法住がどの程度の計算を働かせていたのかは不明ですが、長禄年間までには、堅田において殿原衆と二分する勢力を持つ全人衆における支持を受け、本願寺八世の蓮如と良好な関係を築き、蓮如から無碍光本尊を頂くまでに勢力を伸ばしました。
Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 7日 (日)

中漠:林下編⑯一休、養叟宗頤と大喧嘩をやらかす。

 1454年(享徳三年)一休宗純と養叟宗頤は大喧嘩をやらかします。
 一休宗純にとって養叟宗頤と関山派との抗争はすでに養叟宗頤の負けが見えておりました。養叟宗頤が大徳寺住持となれたのは師である華叟宗曇の堅田での遺産を糧に政治運動をした成果でした。であるならば、関山派の日峰宗舜や義天玄承に政治力で住持の座を取られてしまったとしても、文句の言える筋合いではありません。にもかかわらず、養叟宗頤はとにかく支持を増やすことで関山派に対抗しようとしました。細川氏の拠点である堺に陽春庵を開き、身分を問わずに教えを広めていったこともその一環でした。一休宗純にはそうすればするほど本来の教えから遠ざかってゆくように見えていたようです。関山派は養叟宗頤のやることを観察し、キャッチアップすれば良いだけでした。何より関山派は政治とのコネクションという養叟宗頤には真似のできない強みを持っているのですから。逆に、支持集めに血道を上げた結果求道が疎かになることを一休宗純は畏れたようです。
 反面、養叟宗頤から見ると一休宗純はこの期に及んで日和ったように見えたのでしょう。養叟宗頤の大徳寺出世に一休宗純が朝廷対策面で貢献したのは確かかもしれませんが、関山派の進出を止めることができなかったことに腹を立てていたようです。養叟宗頤は一休宗純に対して華叟宗曇からの印可状を持っていないことをもって、自分に対して意見をする資格はないような意味のことを言ったようです。養叟宗頤は大徳寺二代目の徹翁義亨のように大徳寺歴代を自分の法流で独占したいと考えておりました。もちろん、そこで弟弟子である一休宗純にしゃしゃり出てほしくはなかったということもあったみたいですね。これに一休宗純は激昂し、決裂は決定的になりました。以後養叟宗頤に対して陰に陽に攻撃を仕掛けるようになりました。町で出くわせば公衆の面前で罵倒するようなことをしたようです。同時に風狂・奇行の度合いが激しくなってきておりました。
 もともと、一休宗純は奇行の多い人物ではありましたが、そこに突っ込んでも即座に撃退できるだけの地頭の良さがあります。奇行を詰ってもうまくはぐらかされて逆に反撃を食らっていたようです。

 一休宗純と養叟宗頤の喧嘩の内容は一休宗純側の著作である、自戒集、狂雲集、一休和尚年譜でしか追う方法がないのですが、その一休宗純の攻撃に対して、養叟宗頤が何をしたのか、その実態がこれらの著作からは見出すことはできません。著作の中では養叟宗頤は徹底的に糾弾されているわけですが、そんな一休宗純に打ち勝ってこれを排除するために何か手段を講じた形跡がないのですね。その気になれば破門することもできたのですが、養叟宗頤はいかなる挑発にも乗らずに大人の対応を貫き通したのでした。
 言ってみれば大徳寺の序列のトップは養叟宗頤であり、いかに一休宗純が自らの徳を示そうと、一休宗純はその弟弟子に過ぎません。養叟宗頤が敷いたその枠組みを壊そうと、一休宗純はその頓智をもって一歩踏み出します。それは破戒僧としての生き方でした。もともと寺の儀式できちんとした正装を求められる場において、わざとボロを着るような奇行の持ち主ではありましたが、僧としての最低限の矜持は保っておりました。しかし、養叟宗頤に印可なき者と詰られたため、そのタガが外れてしまったのです。

 一休宗純は大徳寺にいられなくなり、洛南と言っても宇治よりさらに下って大和国との国境に近い薪(京田辺市薪)に一庵を設けてそこに住まいました。そこは、大徳寺開山の宗峰妙超の師である南浦紹明が妙勝寺という寺院が建てられていた地ですが、元弘の乱の兵火にあって衰退したままになっておりました。一休宗純はそこに目をつけて再建を果たし、酬恩庵という名をつけたのですね。恩に酬(むく)いる庵です。
 このあたりのセンスは一休宗純の真骨頂と言って良いでしょう。養叟宗頤が大徳寺の正統後継者と言うのならば、自分は大徳寺開山である宗峰妙超の師匠の恩に報いるのだと言って対抗しているのです。しかも、このころ一休宗純は犬猿の仲だった関山派の義天玄承と仲直りをしているのですね。明らかに養叟宗頤一人を狙い撃ちにした嫌がらせです。

 ある意味児戯めいた仕返しに養叟宗頤は耐え、1458年(長禄二年)六月二十七日に入寂します。一休は勝利したと言ってもいいのですが、彼の感情は行き場を失ってしまっていました。享徳三年の大喧嘩ではそれだけ深く傷つけられたということなのかもしれません。養叟宗頤は死の前年、堺に陽春庵という寺院を建てました。泉州堺は江州堅田に似て瀬戸内に開けた港町で、町の成長の可能性を見たのかもしれません。老若男女を問わず、誰でも禅が修行できることを売りにしていたのですが、これに一休はかみついたりします。曰く。禅の精神をないがしろにしていると、養叟宗頤の死はその報いであり仏教徒が忌み嫌う業が強いためにかかってしまうらい病(当時の俗信です)で死んだのだと、自戒集で断じております。
 養叟宗頤が本当にらい病で死んだかどうかは不明ですが、一休宗純の精神は常軌を逸し始めていました。そして、一休宗純がふりまく悪意を誰も受け止めることができずに、さらなる暴走へと駆り立てられることになるのです。
Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »