« 中漠:明応軍乱編④延暦寺焼亡 | トップページ | 中漠:明応軍乱編⑥波波伯部五郎宗量Ⅱ »

2016年1月30日 (土)

中漠:明応軍乱編⑤波波伯部五郎宗量Ⅰ

 東大史料編纂所が出している史料集覧の明応八年七月二十日の条に延暦寺焼討事件の記事と出典史料が挙げられております。その内の大乗院雑事記においては、波波伯部が延暦寺攻めの大将であると記されています。本稿においては、延暦寺焼き討ちを行った波波伯部五郎宗量とされる人物とその一族の事績を追いかけてみます。

 鹿苑日録、後法興院政家記には澤蔵軒又は宗益(いずれも赤澤朝経のこと)と波波伯部(五郎)という名前が挙げられていました。大乗院雑事記とあわせたこれら四書すべてに波波伯部の名前がでていますので、延暦寺攻撃の指揮をとったのは波波伯部五郎宗量であることは間違いないでしょう。ちなみに延暦寺側の史料もあさったのですが、こちらには誰が攻撃してきたかの旨は確認できませんでした。また、宮廷女官の業務日報である御湯殿上日記には「ほそかわ」と命令者の名前が記されています。

 波波伯部と書いて「ほうかべ」と読むそうです。丹波国篠山あたりを治める土豪でした。名前の由来となる「波波伯」はハハカとも読み、この木の皮を燃料に牡鹿の骨を焼いて吉凶を占ったという話が古事記にあるそうです。波波伯部はこのハハカの木を朝廷に献上する部民(べのたみ)の集落であったらしい。
 この地を開墾した波波伯部の農民は平安時代後期の1098年(承徳二年)に開墾した農地を荘園として祇園社(現在の八坂神社)に寄進します。荘園となった波波伯部保の荘官の一族の子孫が波波伯部五郎宗量というわけです。
 祇園社は10世紀後半に延暦寺の傘下に入っており洛中を接する鴨川一帯を神域として、延暦寺の最前線として機能するようになり、鎌倉新仏教諸派のことごとくを蹴散らす実働部隊として働きました。荘官としての波波伯部氏もこの威光をフル活用して1221年(承久三年)には地頭の濫妨停止を鎌倉幕府に訴えてこれに勝訴しております。
 
 波波伯部氏は延暦寺が足利尊氏に屈する以前に武家方に与し、足利義満の代になって祇園社が延暦寺から独立するなどの変化があり、波波伯部氏と祇園社の関係も少しずつ変わってきていたのですが、どういう経緯か細川政元の近臣として三名仕えていたことが確認できます。波波伯部兵庫助盛郷、波波伯部五郎元教、波波伯部源次郎の三名ですが、先に述べたとおり、このうちの波波伯部五郎元教が赤澤宗益と一緒に叡山焼き討ちを行った人物です。
 後法興院政家記には「今朝より京兆(細川政元)山門(延暦寺)閉籠衆を拂う、澤蔵軒・波波伯部五郎等を罷り向かわせ、程なく帰洛。閉籠衆は悉く責め殺されると云々」とあります。

 この人物の諱については、冷泉為広が書いた「越後下向日記」の1491年(延徳三年)三月十一日の記述に「元教波五」という記載があります。この延徳三年に何があったかと言いますと、細川政元が奥州下向を策して越後まで向かったのですが、それに冷泉為広と波波伯部五郎が供奉していたのですね。越後下向日記はその時の記録です。波波伯部五郎の越後供奉は蔭涼軒日録同年三月三日条にも、「今午細川右京兆政元公奥州に赴く、…(中略)…、政元公伴衆、上原神六、…(中略)…、波々伯部五郎、…(後略)」と書かれていて裏付けられます。蔭涼軒は鹿苑寺塔頭で僧録補佐の立場で事実上叢林の禅宗僧を統括していた高僧の日記です。かつては応仁の乱直前に失脚した季瓊真蘂などがここの軒主を務めていたことがあります。波五ですが、この時代の日記や書状では、氏と通名・官途名の頭一字を繋いだ略称を一般的に用いていますので、波五=波波伯部五郎であり、その諱は元教であることが判るわけです。

 波波伯部兵庫助盛郷はこの波波伯部五郎元教の父親です。このことは1504年(永正元年)に祇園社の社務執行を司る宝寿院が波波伯部五郎に宛てた書状と、それについて波波伯部兵庫助盛郷が宝寿院に対して送った返書に五郎のことを子と記した文書から明らかになっています。彼は文明十八年から1497年(明応六年)まで細川政元の奏者として仕え、その後は政元の養子である澄之付きの側近となります。1505年二月には伯耆守となった後、同年七月には入道して波波伯部伯耆入道宗寅(そういん)と名乗るようになります。永正の錯乱における彼が果たした役割はわかりませんが、細川政元暗殺後に祭り上げられた澄之が澄元の報復を受けて自害した折、澄之を守ろうとして戦死したとの記事が多聞院日記に記されております。

 波波伯部源次郎については次項に続きます。

Photo


|

« 中漠:明応軍乱編④延暦寺焼亡 | トップページ | 中漠:明応軍乱編⑥波波伯部五郎宗量Ⅱ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164985/63140388

この記事へのトラックバック一覧です: 中漠:明応軍乱編⑤波波伯部五郎宗量Ⅰ:

« 中漠:明応軍乱編④延暦寺焼亡 | トップページ | 中漠:明応軍乱編⑥波波伯部五郎宗量Ⅱ »