« 中漠:明応軍乱編⑪南都の異端児古市澄胤Ⅰ | トップページ | 中漠:明応軍乱編⑬阿州参陣 »

2016年3月26日 (土)

中漠:明応軍乱編⑫南都の異端児古市澄胤Ⅱ

 古市澄胤が1497年(明応六年)に筒井氏らに敗れた原因は、畠山義豊が家内統制に失敗したためでした。すなわち、河内で遊佐氏と誉田氏が紛争を起こし、不満を持った側が畠山政長の遺児尚順を担いで挙兵しました。そして翌月の十月には高屋城を攻め落として畠山義豊は山城まで敗走するにいたります。この挙に併せて応仁の乱後に国外に逼塞していた筒井順賢、十市遠治らが大和国に攻め込んで越智家栄・家令親子と古市澄胤に襲い掛かりました。緩みがあったのか、尚順方は次々に勝利を重ねてゆきます。古市澄胤はこれを白毫寺で迎え撃ちますが、一族の山村氏ら多数の戦死者を出して敗北。山城国笠置寺に落ち延びます。
 勝ちに乗じた筒井順賢は翌年山城国に侵入して稲八妻城を陥落させました。これらの攻勢に反攻しようと畠山義豊は河内国へ兵を率いて攻め込みましたが、逆に1499年(明応八年)一月三十日に河内国十七箇所にて戦死します。ここでようやく細川政元が動きました。越前から足利義尹(義材)が上洛戦を仕掛けてきたのでこれを討ちはらう必要がでてきたためです。まずは波波伯部五郎元教と赤澤宗益を延暦寺に送り込んでこれを蹂躙。その後に一気に南山城に入って尚順・筒井氏らの敵対勢力を駆逐し始めたのでした。そして大和国に侵入。西大寺・法華寺・菅原寺で合戦して勝ちを連ねてゆきます。この間まだ一年もたっていません。古市澄胤はこの強さに魅了されたようです。大和国に帰国すると、赤澤宗益の膝下に入ることとしました。赤澤宗益もまた、統治を苦手としており、また地元民でもないので古市澄胤のような人物はぜひとも必要でした。

 赤澤宗益の大和制圧と時を合わせて畠山尚順は畠山義豊の遺児である義英に敗れて河内国の勢力が均衡します。この時代の戦いがなぜ長引くかというと、大将を討ち取ってもそれで戦いに決着がつくわけではなく、負けた側は大将の息子を新たな旗印にして再戦を挑むからなのですね。戦国時代は日本人が正しい負け方を学ぶ過程であり、その精華が関ヶ原合戦であったといえるかもしれません。
 その間興福寺は春日神木を動座させて赤澤宗益に対抗しようとしますが、何の効果も生みだしませんでした。古市澄胤は赤澤宗益に協力して、赤沢被官が大和国人に殺害された事件で犯人を捜してこれを殺害する挙にもでています。新しい秩序構築のために手を貸しているともいえますが、それが決して大和国人衆の支持を増やしているともいえませんでした。赤澤軍は大和国中央部の楊本荘(現在の天理市柳本)で戦闘に敗れるのですが、赤沢宗益は山城まで兵を一旦引いてしまいます。それは立て直しが必要なほどの打撃を受けたというわけではありません。後背にいる大和国人衆の動向にきな臭いものを感じ取ったのでしょう。そして再び大和国に乱入して西大寺を全焼させてしまいました。不安定な大和国を無理やり力で押さえつけていたようです。

 この後、細川政元自身の問題が発生したり、後継者として指名されていた養子細川聡明丸(澄之)が廃嫡されたりして、阿波細川家から細川六郎(澄元)が新たな養子として迎え入れられる等、京兆家で大きな動きがありました。そんな中で頼みの赤澤宗益が謀反を起こしたり、巻き込まれたりしていた間、大和国は手薄になってしまいますが、そこを古市澄胤は必死に勢力版図を守っていました。赤澤宗益は軍事力はあっても占領後統治機能を作る能力は決定的に欠けていたみたいです。古市澄胤も大和国では国人の一人でしかなく、軍事的背景がなければ抑えきることは難しいものでした。その間隙をぬって畠山尚順は義英と和睦をしてしまいます。そして大和国に手を伸ばして古市氏を除く大和国人衆を連判させて味方に取り込むことに成功します。この危機に際して罪を許された赤澤宗益は兵を率いて大和を縦断、法華寺や正暦寺を焼き払って多武峰まで到達します。
 この大和攻めには宗益だけではなく、阿波細川家の三好之長も加わっておりましたのでフリーダムさも、チートさも倍増しております。余勢をかって河内国にも乱入して誉田、高屋城を攻め落として畠山尚順を逃亡せしめました。

 何度も軍事的支援を得て何とか大和国の平均を得た澄胤でしたが、その成果は長続きしませんでした。1507年(永正四年)六月二十三日、細川政元は薬師寺長忠、香西元長らに暗殺されます。そしてその三日後に丹後に遠征にでていた赤澤宗益も戦死しました。政元暗殺の報せを聞いて京へ撤退しようとした中でのことでした。政局は動転し、最終的に京は足利義稙(義材・義尹)と大内義興らと組んだ細川高国が掌握します。足利義稙は畠山尚順を支持したために、古市澄胤は政治的な後ろ盾を失ってしまいました。古市澄胤は劣勢を建て直すために細川澄元の幕下に入り、赤澤宗益の養子長経とともに河内に攻め込んで高屋城を攻めましたが返り討ちにあって戦死いたしました。

 大和国人同士の争いに劣勢となって細川氏を頼り、赤澤宗益の軍を引き入れて大和国を席巻した古市澄胤でしたが、結局対抗勢力を抑えることができませんでした。力に頼った結果力に敗れるという教訓通りの人生を送った人物ですが、その反面村田珠光との交流の中で自らの美意識を育んでいた人物でもありました。彼が大和国にもたらしたものは戦乱と寺社仏閣の破壊ばかりといってもよいでしょう。彼は「わが心の師となれ、心を師とするな」との珠光の言葉をいかに受け取って実践したのでしょうか。焼き討ちされた結果冷え枯れた廃墟となった寺社がその到達点であるとは思いたくはありませんが、彼が手にした美意識をもって彼自身の人生を評したならばどのようなものになるのか、興味は尽きません。

Photo

|

« 中漠:明応軍乱編⑪南都の異端児古市澄胤Ⅰ | トップページ | 中漠:明応軍乱編⑬阿州参陣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164985/63395499

この記事へのトラックバック一覧です: 中漠:明応軍乱編⑫南都の異端児古市澄胤Ⅱ:

« 中漠:明応軍乱編⑪南都の異端児古市澄胤Ⅰ | トップページ | 中漠:明応軍乱編⑬阿州参陣 »