« 中漠:明応軍乱編㉓戦国コンサルティングファーム | トップページ | 中漠:天文錯乱編①両細川の乱 »

2016年6月18日 (土)

中漠:明応軍乱編㉔後柏原帝の朝餉

  明応軍乱編は細川政元のクーデターからその死までの期間を中心に畿内と東海地方がどのような動きをしたかを追ってきましたが、本稿がその締めくくりとなります。

 応仁の乱は戦国時代の嚆矢となった内乱ですが、それが京の街になにをもたらしたかと言うと流通の崩壊でした。端的に言うと、京の街に物資が入ってこなくなったのです。敵対勢力がそれぞれに荷留めをしたり、関所を設けて原価割れするような関銭を取ったりして京に物資が入らなくなってしまったのでした。
 朝廷は基本的に幕府のスポンサードによって成り立っていましたが、幕府自体もこの流通崩壊で予算が足りなくなり、朝廷への財政支援がままならなくなってきておりました。朝廷は武力を持ちませんから、幕府の援助がなければ運営が成り立ちません。朝廷の仕事は各種儀式ではありますが、その運営すらできなくなっておりました。
 例えば後土御門天皇ですが、彼は皇位にあったまま崩御しました。これは当時の皇室においては異例な事態で、これ以前の天皇は存命のうちに後継者に譲位し、上皇となって洛外の院に入りそこで余生を過ごすのが習わしでした。しかし、この当時幕府の財政は逼迫しており、この譲位の儀式に必要な費用拠出ができなくなった結果、終身在位を強いられたわけです。それだけではなく、土御門天皇の亡骸は死後四十日間も禁中にとどめ置かれました。死穢を嫌う朝廷においてはあり得ないことだったようで、その憤懣を近衛政家は日記につけております。「今夜旧主御葬送と云々。亥の刻許り禁裏より泉湧寺に遷幸す。(中略)今日に至り崩御以降四十三日なり。かくの如き遅々、さらに先規あるべからず歟。」(明応九年十一月十一日条)
 そして、その状況は後土御門天皇が崩御されても改善されませんでした。後土御門天皇、後柏原天皇、後奈良天皇の三帝は財政難が原因により、終身在位を余儀なくされた天皇です。そればかりか、後柏原天皇に至っては践祚をしても即位の礼の儀式を行うことを細川政元によって、停止されていたのです。結局後柏原天皇が即位の礼の儀式を行えたのは、践祚から二十二年目、1521年(大永元年)まで待たなければなりませんでした。本稿では、そんな後柏原天皇の台所事情についてのお話になります。

 明応軍乱編の最後にとある京の老舗の歴史を記します。
 後柏原天皇が践祚した三年後の1503年(文亀三年)に山城国鳥羽に住する一人の武士が、その地位を捨てて洛中正親町に餅屋を開きます。名を渡辺進と言います。鳥羽という土地は山城国一揆が起こった南山城三郡に隣接しており、山城国は一応細川政元が派遣した赤澤宗益(南三郡)と香西元長(北五郡)が山城国守護代として支配して一応の安定を得ることになります。これは南山城からの物資が京に入ってくることを意味しますので、土地を支配する武士から商人に転職した方が生活は安定すると考えたのかもしれません。
 もちろん、この時代に商売を勝手に始める自由はありません。織田信長(正確には六角定頼の方が早い)が楽市・楽座を始める以前のことですので、餅屋を始めるにしても、座に入って通すべきところに筋を通す必要がありました。その商権を握っていたのが寺社勢力です。渡辺進にはその寺社勢力とのコネクションがあったようです。でなければ、禁裏にほど近い正親町に店を持つことはできなかったでしょう。その寺社勢力というのが、洛中に根を張った法華宗勢力でした。

 ただ、戦乱の世は山城国一揆が終結したからと言って、起業を順調に運ばせるほど甘くはありません。1507年(永正四年)山城国守護代の香西元長が徒党を組んで主人である管領細川政元を暗殺、香西元長も細川澄元・高国らに返り討ちにあうのですが、これを好機と周防に亡命していた足利義材が上洛するという事件が起きます。結局、足利義尹(義材・後の義稙)が将軍に復位し、細川高国が管領を務めるという体制が生まれます。下手をすると京の街も再び火の海になる危険がありましたが、この時は大丈夫だったようです。
 後柏原天皇はこの新将軍に細川政元の頃にできなかった即位の礼の挙行を打診しますが、義稙は色よい返事はしなかったようです。後柏原天皇としては、何としても即位の礼を執り行うことが、至上命題となっておりました。そこで始めたのが朝廷内の倹約を勧め、幕府からの支援金を貯金することと、幕府以外の大口スポンサーを探すことでした。

 そもそも朝廷の維持運営にはお金がかかります。天皇の食事も、本来ならばその為だけに存在する役所があり、食事の世話をしておりました。その役所の名前は内膳司と言います。しかし、応仁の乱以降の流通崩壊と即位の礼の為に倹約を強いられた為にその役所も役に立たなくなったわけです。
 そんな折、帝の朝食を用意したのが、先に紹介した渡辺進です。彼は自ら後柏原天皇の為に、朝餉を用意し、自ら禁中に赴いて宅配サービスを行いました。禁裏内の庭にて、女官に朝餉を直接手渡したとのことです。その光景を後柏原天皇は御簾の向こうで見ていたらしい。

 こうして涙ぐましい程の努力で儀式に必要な資金のメドは立ちます。大口のスポンサーも見つかりました。山科本願寺です。その段になって足利義稙は京を出奔します。管領細川高国との折り合いが悪くなったせいでした。細川高国は足利義澄の息子、義晴を立てて取り繕いました。この政変劇で即位の礼挙行も怪しくなりかけたのですが、後柏原天皇が足利義稙にマジギレして、細川高国、足利義晴体制を即座に支持した為、幕府からの妨害を受けることなく挙行することが叶いました。後柏原天皇はその五年後に崩御しましたが、渡辺進の朝食提供サービスはそれ以後の続き、明治に至るまで継続することになるのですが、その前に一波乱が起きました。

 天文元年、細川六郎(晴元)の命(この時細川六郎はまだ若年なので、実質はその側近の命令)によって山科本願寺が動員した門徒兵は畠山義堯、三好元長を屠り、さらに暴徒化して大和国の興福寺に乱入するに至ります。細川六郎もこれはまずいと考え、本願寺の追討を命じます。これに応じたのが京の町衆たちでした。日ごろから本願寺門徒と京の町衆の信奉する法華とは仲が悪いということもあるのですが、山科本願寺は京のすぐ脇にあり、京も制圧される恐れがあったことが大きいでしょう。六角定頼の支援もあって法華衆はこれに成功し、山科本願寺を破却するに至ります。本願寺は摂津欠郡の石山に移りここをあらたな本願寺とします。
 気づいてみると、京の街は将軍も管領もおらず、禁中に帝がおわすだけで、法華衆が自検断、すなわち支配を及ぼす土地となりました。
 これもまたまずいと見て取った、細川六郎の側近たちは延暦寺と六角定頼を再び動かして京の街を制圧します。これによって京の街は再び完膚なきまでに灰燼に帰したとのことです。これを称して天文法華の乱と言います。渡辺進はこれに巻き込まれますが、命は助かり堺に亡命します。その間洛中には法華禁止令が発動されて、法華宗徒は洛中に入れなくなってしまったわけです。

 渡辺進も京に帰れなくなったわけですが、これで困ったのは後柏原天皇の後を継いだ後奈良天皇です。まずは朝食の宅配が受けられなくなりました。と言うか、京から法華を追放するということは、京の経済が壊滅することを意味します。既に法華宗は近衛家とのパイプを築いていました。渡辺進も禁中に対するコネクションを使って運動したのではないかと思います。それが実って、1542年(天文十一年)に後奈良天皇が、法華赦免の綸旨を出すに至りました。この間延暦寺は洛中の法華衆の財産を延暦寺に引き渡すよう要求しているのですが、幕府はこれに対して曖昧な答えしかしていませんでした。それは洛中に山法師を引き入れることと同義であり、さすがの幕府も首を縦に振れないことであったようです。
 渡辺進は無事に帰京できましたが、そのままの形で事業を継続することは憚りがでていました。すなわち、法華衆の自検断にある程度関わったのでありましょう。そういうところとも結びつかないと御所の配膳サービスは成立するとも思えません。渡辺進は郷里の鳥羽から一族の中村五郎左衛門を娘婿とし、彌七郎と名乗らせて餅屋を再開します。この彌七郎は後に出家し道喜と名乗り、これがこの餅屋の店主が継承する名前となりました。道喜はさらに後に織田信長が禁裏修繕を行った折、その一部を奉行し、その功績を持って禁裏より彼が修繕した通用口の門の名前を道喜門と呼びならわされるようになります。この道喜は武野紹鴎から茶を学んでおります。千利休と同門にあたり、利休の茶会に出席記録があるそうです。
 道喜は四代目になって屋号を川端とし、以後御所御用達の粽屋川端道喜は現代にも続く老舗となっております。

Photo

|

« 中漠:明応軍乱編㉓戦国コンサルティングファーム | トップページ | 中漠:天文錯乱編①両細川の乱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164985/63794306

この記事へのトラックバック一覧です: 中漠:明応軍乱編㉔後柏原帝の朝餉:

« 中漠:明応軍乱編㉓戦国コンサルティングファーム | トップページ | 中漠:天文錯乱編①両細川の乱 »