« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月26日 (土)

中漠:林下編Ⅱ②今川家の宗旨報告書Ⅴ(花倉殿①)

 今川家は吉良家の分家です。本家である吉良家は足利家興隆の勢いに乗り損ねましたが、今川家はこの波にうまく乗って遠江、駿河両国守護の座を獲得することができました。その理由として今川家が軍事に精通していたからということもあっでしょう。1338年(建武五年)に今川範国が遠江国と駿河国の守護の座につきます。今川家は元々遠江国引馬に領地を持っていたのですが、駿河国は南朝の勢力が強く、守護の座をもらったからといって、当該国に支配権をすぐに及ぼせるわけではありませんでした。よって引馬から東征を開始するわけです。今川範国の嫡男、範氏は1345年(貞和元年)、駿河国島田に拠点を設けてここに慶寿寺を建てます。ここは真言宗ということになっていますが、開山した朴交思惇(ぼくがいしじゅん)は円覚寺から招かれたということになっております。円覚寺は無学祖元が開いた鎌倉五山の第二位をなす堂々たる臨済宗寺院です。無学祖元は蘭渓道隆が敷いた純粋禅の系譜にいる人物ですので、真言僧が紛れ込んでいたというのも妙な感じがします。私は慶寿寺は建立当初は臨済宗寺院であったのではないかと考えております。足利幕府の開幕当初、足利直義は夢中問答集を出す等して興禅運動しておりました。今川範国は足利直義に仕えて鑁阿寺の置文や太平記を読ませてもらっておりましたので、その影響を受けやすい立場にいたといえるでしょう。その息子の今川範氏も直義の影響を受けて寺領に臨済宗寺院を建てたとすれば、それはそれで納得のゆく話です。

 1353年(文和二年)にその座を嫡男範氏に譲りました。今川範氏はその翌年葉梨(現静岡県藤枝市)に砦を作り、併せて遍照光寺という真言宗寺院も建立しました。後に玄広恵探(今川義元の異母兄)がここに入って花倉殿と呼ばれることになります。花倉殿の名は遍照光寺の山号が華蔵山であることにちなんでいます。ここの開山も朴艾思惇(ぼくだいしじゅん)というのですが、興味深いことにここでの肩書きは真言宗寺院の泉涌寺長老ということになっております。
 この間何があったかを考えてみます。島田と葉梨の位置関係を見るに、葉梨は島田の西南に位置します。今川家の元々の勢力は遠江国にあったわけですから、その視点で見ると西に押し戻されているように見えます。これを駿河南部の南朝勢力が強かったためと説明されているのですが、そんな勢力を残したまま東側の島田に拠点を置くのも不自然な話です。むしろ、駿河東部の敵勢力が強くなったため、一旦前線を葉梨まで下げたと考えた方がしっくりきます。

 慶寿寺建立と遍照光寺建立の間に何があったかといえば、それはもちろん観応の擾乱です。足利直義は尊氏と争って京を追われて鎌倉に入りました。その抗争のきっかけは臨済僧『妙吉』が高師直を讒謗したことにありました。『妙吉』は特定の実在僧に比定するのは難しいのですが、実質京都の五山僧の総意であったと考えて差し支えないと思われます。足利直義は臨済僧の支持を得ていたわけです。そして、1351年(観応二年)十二月に駿河東部の薩た峠で両軍が激突しました。この戦いでは足利尊氏が勝ち、直義は最終的に死ぬわけですが、その後も足利一門衆は分裂したまま関東は不安定な状況に置かれておりました。

 今川範氏としては、葉梨に寺を建立するにあたり、直義の影響下にあった臨済宗寺院を建てることは躊躇われたのではないでしょうか。その折にたまたま慶寿寺を建立した朴交思惇が泉涌寺に入って真言宗に転宗していました。今川家の元々の宗旨は真言宗であり、渡りに船だったのではないかと思います。以後、今川家は義元の代になるまで臨済宗には手を付けておりません。かくて、関東が再び平定され、島田へのルートが安定したので1365年(貞治四年)に亡くなった範氏の菩提は朴艾思惇によって真言宗に改められた慶寿寺で行われたと見ることができるかもしれません。

 ただ、真言宗の宗派は色々あって泉涌寺は真言宗と言っても四宗兼修の特に律宗の影響の大きい宗派でした。宗家の鑁阿寺等とは毛色が違ってはいるものの、清和源氏の信仰する真言宗アピールを行うためには、今川家の本家にあたる吉良家の真言宗寺院から勧請する事がベストだったと思います。ただ、遍照光寺建立の時点で吉良家は足利直義派であり、幕府に帰順した後も吉良家は分裂のごたごたでそれどころではなかったと思われます。遍照光寺の山号は華蔵山ですが、前稿で述べた仮説に基づき吉良家における「華蔵」が吉良本家の真言宗寺院を指すとすれば、それを使わせてもらえたのは早くとも東西吉良家の手打ちがなった後のことではなかったかと思います。泉涌寺としても同じ真言宗としても系統の異なる信仰を持ち込まれるのは遠慮してほしかったということもあった可能性があります。
 故に、今川家の「華蔵(けぞう)」は字面と読みを改めた「花倉(はなくら)」となり、今川家の非嫡子が花倉殿を名乗って四宗兼修で律宗の影響の強い遍照光寺に住するようになったのではないかと思料します。

 但し、遍照光寺の山号が最初から「華蔵山(けぞうざん)」であったかどうかの確認は取れていません。地名としての「花倉・花蔵」が最初に出てくるのは、1481年(文明十三年)鎌倉建長寺で表具師(襖や掛け軸を扱う職人)を営んでいた能全が戦火を避けて「駿州花蔵」に居住したと書かれた久能寺涅槃画幅文という史料からになります。久能寺が能全を呼んで自社の涅槃画を披露する為の準備をさせたそうです。その手伝いとして遍照光寺から十余名加わることになったという記述があるとのことです。
 永正年間には今川義忠の弟の頼忠が遍照光寺に住して今川範氏の菩提寺である慶寿寺に土地を安堵しております。この頼忠は明江珠顕と号して後に泉涌寺の住持になります。但し、系図纂要などの系図資料には義忠の弟として頼忠の名前はありません。また、この安堵状には頼忠や遍照光寺の文言はあるのですが、花倉は出てきません。
 この永正年間を前後して、遠江国引馬の代官、大河内貞綱は今川氏親が占領した遠江国を斯波義達に戻すため挙兵を数次にわたり行い、敗北しております。大河内氏は吉良家の家老であり、この期間は吉良氏は斯波氏方について今川氏親と戦っていたわけですね。

 1530年(享禄三年)に近隣にあった八幡社が遍照光寺南面の敷地に勧請されるのですが、そこが花倉八幡宮と呼ばれます。これは1547年(天文十六年)付池谷満重公事書出にある「七十五文 はなくらやふさめ」という記述で確認を取ることができます。「はなくらやふさめ」は花倉八幡宮で行われた流鏑馬の神事です。流鏑馬の興業や祭事は遍照光寺が行っていたそうです。

 この後、「花倉・花蔵」が特定の個人を指すようになります。それは遍照光寺に今川義元の異母兄の玄広恵探が住持となってからのことでした。

Photo



●華蔵山遍照光寺関連年表
1338年(建武 五年) 今川範国、駿河国守護になる。
1345年(貞和 元年) 今川範氏、駿河国島田に慶寿寺を建立する。(開山円覚寺の朴交思惇)
1349年(貞和 五年) 高師直、クーデターを起こし、足利直義を失脚させる。
              観応の擾乱勃発。吉良氏直義方につく
1351年(観応 二年) 十二月に薩た峠の戦い。足利兄弟が合戦する。
1353年(文和 二年) 今川範氏、今川家家督を父範国より譲られる。
1354年(文和 三年) 今川範氏、駿河国葉梨に遍照光寺を建立する。(開山朴艾思惇)
1355年(延文 元年) この頃までに吉良満義、足利尊氏に帰順。
1356年(延文 二年) 吉良満義、没。後継に尊義(東条吉良家の祖)が立てられ、吉良家分裂。
1358年(延文 三年) 足利尊氏、没。
1360年(延文 五年) 吉良満貞、足利義詮に帰順。
1363年(貞治 四年) 今川範氏、没。慶寿寺に葬られる。
1384年(至徳 元年) 今川範国、没。定光寺に葬られる。
1481年(文明十三年) 表具師能全が戦火を避けて「駿州花蔵」に居住する。
1501年(文亀 元年) 大河内貞綱、引馬で第一次挙兵
1506年(永正 三年) 遍照光寺の今川頼忠、慶寿寺の寺領を安堵する。
1513年(永正十 年) 今川氏親、斯波義達を遠江で破る。
1517年(永正十四年) 今川氏親、遠江で斯波義達を破り、普済寺で出家させた上で尾張に送り返す。
              この年、玄広恵探誕生。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月19日 (土)

中漠:林下編Ⅱ①まえがき

 中世史漠談の基本コンセプトは宗教についての記述を厭わず記してゆく中世史というものです。みんなが大好きな戦国時代の晩期になって登場する千利休が大徳寺の僧になることで帝に拝謁する資格を得るとか、戦国武将が他を押しのけて実力で身分を勝ち得ていたり、公家も血統で格式を保っていたりします。それに対して、千利休は武功を立てているわけでも、堺の商人であるので生まれついての身分が高いわけではありません。寺社は明らかに異なるルールが適用されています。そのルールを寺社の成り立ちから追っていけたらいいな、具体的には政治の実権を握る権力者と寺社がどのような関係を結んでいったのか、それを考察してみたいと思って始めております。
 中世の宗教と現代の宗教では意味合いが異なっています。例えば寺社は公家や武士が自らの財産である領地を寄進することで建てられますが、それは現代人が現代の宗教に入信してお布施を納めることと意味合いは似て非なるもので、それは個人が持つ信仰とは別次元の常識や社会規範の一部として機能し存在していたのではないかと思っております。
 現代において契約を破れば民法や商法の規定で罰を受けますが、中世においては起請文を取り交わしました。起請文に記された約束事を破った場合には神仏の罰を受けるだろうなんてことが記されております。現代においては契約遵守を保証するものは国家権力そのものなのですが、中世においては神仏の存在でした。ただ、恐らくはそれだけではなかったはずです。神仏がいる寺社があった、それを支えるコミュニティが神罰・仏罰を代行していたのではないでしょうか。それが現代日本人の遵法意識を涵養してきたはずと考えております。当然のことながらこの仮説で中世史の記述を進めるとすれば、中世の終わり、つまり中世が終わることで社会における神仏の役割が変わっただろうし、どう変わっていったかも書く必要もあるのかなぁと思いつつも、そこまで追いつくかどうか、自身はありません。

 ブログ記事では、鎌倉仏教を中心とした宗教史と室町幕府成立以降の政治史を並行して進めておりました。実は以前にやった林下編で一休宗純の生涯を追った後にそのまま戦国時代における大徳寺と妙心寺の歴史を追いかけていくつもりだったのですが、応仁の乱の前後においては中央政府の在り方、地方権力の在り方がまるっきり違っております。
 例えば妙心寺派の悟渓宗頓が美濃に瑞龍寺を立てた一件だけでも斎藤妙椿との関わり合いを述べる必要があり、そのためには戦国時代への政治史的な進展状況に触れざるを得ませんでした。また、細川政元は自らの治世において延暦寺焼き討ちを行っており、それをやらざるを得ない政治状況をきちんと描写しておかないと、単純に宗教が政治に介入することを嫌ったからなどという安易な解釈に陥るかもしれません。
 ただ、それをやってゆくとどうしても仏教史側の記事が散漫なものにならざるをえません。その時代を描写するために政治史側で押さえてゆくべき事象があまりに多いので、大徳寺や妙心寺の動きを追いかける林下編としては、沢山の政治史記事の中に、いくつかの大徳寺・妙心寺の記事という感じになってしまうのですね。この時代、林下だけでなく、一向宗や法華衆の動向も外せないのでますます林下の記述は薄くなってしまいます。

 そこでとりあえず、本編では前々編の「明応軍乱編」と前編の「天文錯乱編」における大徳寺・妙心寺派の記事を抽出し、妙心寺派の躍進のきっかけとなった駿河国における今川義元の宗教改革に繋いで林下編Ⅱとしてまとめることにいたしました。グダグダの構成となって恐縮です。当初の構想では一休の生涯を終えた後に大徳寺・妙心寺の状況に軽く触れてそのまま今川義元まで繋ぎたかったのですが、応仁の乱の頃と今川義元が活躍した時代では社会状況がまるっきり違っていますし、今川家も京都の動静に連動して動いていることもありますので、そこも外せませんでした。前々編の「明応軍乱編」においては応仁の乱(細川政元暗殺)から永正の錯乱まで、前編の「天文錯乱編」においては、永正の錯乱の後から天文法華の乱まで一気に書き記してゆきました。その間の林下の状況を以下の記事に示しますので、これを通して読んでいただければ幸いです。

  再掲部分まとめ読み

   (再掲)応仁乱中の妙心寺の生存戦略
   (再掲)飛騨国興亡
   (再掲)後北条家の宗旨報告書Ⅰ(伊勢宗瑞)
   (再掲)後北条家の宗旨報告書Ⅱ(伊勢宗瑞)
   (再掲)後北条家の宗旨報告書Ⅲ(北条早雲~氏綱)
   (再掲)戦国コンサルティングファーム
   (再掲)今川家の宗旨報告書Ⅲ(今川了俊)
   (再掲)今川家の宗旨報告書Ⅳ(今川了俊②)
   (再掲)楞厳寺寺伝の謎

 林下編本編

  今川家の宗旨報告書Ⅴ(花倉殿①)
  今川家の宗旨報告書Ⅵ(花倉殿②・泉奘)
  今川家の宗旨報告書Ⅶ(太原崇孚・今川義元)
  今川家の宗旨報告書Ⅷ(今川氏輝・今川心範)
  武田家の宗旨報告書Ⅰ(源義光~武田信虎)
  甲駿同盟
  武田家の宗旨報告書Ⅱ(武田信虎)
  武田家の宗旨報告書Ⅲ(武田晴信)
  武田家の宗旨報告書Ⅳ(穴山流武田氏)
  武田家の宗旨報告書Ⅴ(武田晴信・大井流武田氏)
  黄金回廊
  戦国時代中盤の大徳寺の生存戦略

 林下編Ⅱでは今川氏輝の死から花倉の乱を通して今川義元の家督奪取そして、武田晴信の甲斐掌握までを取り扱います。太原崇孚は妙心寺の住持を務めた高僧といわれますが、実際に妙心寺派僧として妙心寺で修業をした期間は極めて短く、妙心寺出世に至る過程は極めて政治的な動きに基づくものです。花倉の乱を前後して妙心寺派がいかにして駿河・甲斐に入っていったか、そのあたりを描写してゆこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 5日 (土)

中漠:天文錯乱編⑲錯乱は終わらない

 いつもの延暦寺であれば、自らが抱える犬神人や僧兵をかき集め、松本久吉の奉じる日向門流の京の拠点である妙伝寺を狙い撃ちにして蹂躙するところですが、この時の洛中法華は団結して組織化されており、実働一万の軍勢を動員できる力を持っておりました。その構成員の多くは富裕な商人階層です。

 実の所、延暦寺は1499年(明応八年)の細川政元による焼き討ちによって失われた山上施設の大半の復興もままならず、僧侶の大半は専ら山を下った琵琶湖湖畔の町、坂本に生活の基盤を置いておりました。後世の史家にこれを堕落と難じる人がいますが、宗教、特に延暦寺のような伝統ある大刹は維持に費用が掛かります。乱世になり物流が寸断され、朝廷や幕府の助勢も期待できない状態で、カツカツの財政状態であったと想像できます。松本久吉との論争に負けた華王房が、伝えられている問答の中では浄土信仰に寛容だったのも、資産を持つ町衆階層、それも法華宗とも対立している浄土宗徒を取り込んでゆきたいという思惑があったのかもしれません。

 1536年(天文五年)六月一日、延暦寺は洛中法華諸寺院に対し、に自宗末寺化を要求します。このいつもと違った要求は要するに今の延暦寺には金も人もないと言うことでした。金は商業活動で儲けた洛中法華衆が握っております。人も細川政元の焼き討ちによって寺院規模の縮小を余儀なくされています。なので、朝廷や幕府、法華宗を除く他宗派にも与同を呼びかけて洛中法華に対抗しようとします(ちなみにその中に本願寺も含まれております)。しかし、賛同する勢力はほとんど現れておりません。がんばればがんばるほど、金の欲しさが顔に出るという感じでしょうか。洛中法華衆は足下をみて延暦寺の末寺化要求を拒絶します。
 この紛争は六角定頼が仲裁することになりましたが、延暦寺は強気を崩しませんでした。後の展開から推測するに、おそらくは幕府の教唆があったのではないかと思います。

 両者の対立は険悪化し、ついに七月二十二日、洛中法華は延暦寺に備えて京の入り口に陣を構えるに至ります。妙顕寺衆が御霊口に、立本寺衆が「勢州外構」と呼ばれる場所(私は現時点で特定できておりません)に陣を構えます。これは異常事態と言っていいでしょう。なぜならば、この時点で京には天皇はもちろん、室町殿も、京兆細川晴元もいるのですから。京の自治組織が勝手に軍を動員して町の入り口に陣を設けるなど、幕府組織の否定に他なりません。しかし、細川晴元自身にこれを排除する実力はありませんでした。彼は元々阿波守護に担がれて堺まで来たところを、茨木長隆や木澤長政ら摂津・河内の国人衆に担がれ、最終的に足利義維を振り捨てて義晴についた権威の象徴でしかなく、彼自身に実働部隊はいませんでした。三好元長という実力を持った戦力はいるにはいたのですが、それを彼は本願寺に討たせております。摂津・河内の国人衆は彼の味方ですが、本願寺との戦争の後始末に追われている最中でした。法華衆にとっては延暦寺が攻めてきても洛内にいる幕府はほとんど役に立たない以上、座して死を待つのでなければ、自らの手で町を守る他はないという判断だったのでありましょう。

 しかし、それは細川晴元にとって法華衆に占有されている洛内の支配権を手中に収めるチャンスでもあったのです。七月二十五日、延暦寺兵と法華衆とが『東河原』という地で衝突します。京都と延暦寺の位置関係と地名から推察するに鴨川もしくは高野川の東岸あたり、八瀬から山を下りてくる延暦寺兵を下賀茂神社近辺で迎え撃った形になるかと思われます。山門側十六名、法華側四、五十名の戦死者が出る合戦になりましたが、法華衆は山門兵の洛中入りを阻止しております。この戦いをもって六角定頼を仲介に行われていた交渉は決裂します。そして、六角定頼は延暦寺側に味方するのでした。

 六角定頼は最初の衝突の翌々日には軍を率いて四条口を突破しました。いかに近江と京が指呼の間とはいえ、この速さは和議が破れてから軍を募って行われたものとは言えないでしょう。最初から介入する目的で軍が用意されていたことを示しています。法華衆も北山は防護しても南側からの侵入は予測していなかったし、町衆の動員兵では専業武士と戦にならないほどの実力差があったということでしょう。ただ問題はここからで、洛中に侵入した六角兵は洛中法華寺院を占拠すればよいところを悉く燃やしたばかりか、その火が下京から上京一帯を火の海にしてしまいました。洛中には金蔵が数多くあり、その所有者の多くが法華衆徒であったことから略奪は避けられないことでした。さらには、殺戮も老若男女に関わらず行われ、禁裏の庭には避難民が密集し、童子の圧死や、水が飲めなくて渇飢死した者が発生するような事件も起こっております。発生した死者総数ざっと三千。下京地区は全焼、上京地区は三分の一が焼き尽くされるという被害が出ました。その規模は応仁の乱の十一年をも上回ったと言います。後奈良天皇は狼藉停止を幕府に要請しました。

 生き残った法華宗徒は京を脱出することになります。その中の本能寺が避難先に選んだのが、泉州堺の顕本寺でした。ここは三好元長の終焉の地でもあります。その他妙顕寺を初めとする洛中法華の主要寺院が堺を避難所としていました。この間、細川晴元は京の町を離れておりましたが、洛中法華が京を退散したことを見届けてからおもむろに上洛し、洛中での法華衆の徘徊を禁じるとともに、法華寺院再興の禁止の触れをだしました。
洛中法華最大の受難の時代です。

 法華宗排除の上で上洛して完成させた細川晴元政権ですが、これは決して安定しませんでした。勃興する諸侯のバランスを取りつつ右往左往することになります。その詳細は別稿に譲りますが、この後も「なぜこのようなことが!」と嘆じるべき事件が頻発します。その意味で天文の錯乱は天文法華の乱をもって終わったとは決して言えないのでした。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »