« 中漠:林下編Ⅱ⑨武田家の宗旨報告書Ⅲ(武田晴信) | トップページ | 中漠:林下編Ⅱ⑪武田家の宗旨報告書Ⅴ(武田晴信・大井流武田氏) »

2017年1月29日 (日)

中漠:林下編Ⅱ⑩武田家の宗旨報告書Ⅳ(穴山流武田氏)

  穴山家は甲斐武田家の一門衆で、足利尊氏に従って軍功をあげた武田信武の子から始まるとされる一流です。尊氏に認められてそれまで甲斐守護だった石和流武田家から甲斐守護の座を取り戻し、甲斐に入府して以後は甲斐守護家を信武流で占めることになります。穴山家祖は信武の子であり嫡男信成の弟である義武からということになっていますが、このころは穴山氏を名乗ることもなく、義武は子をなしておらず、次代の満春も一家を立てたわけではありません。満春は宗家の信満が上杉禅秀の乱に関わって罰せられた折には、穴山満春(還俗して武田信元)が代理で守護を任じられたこともあったりしますので、宗家当主の弟として、当主に万一があった場合の代役としての位置づけでありました。
 家名の穴山がある甲斐国の河内地方は南北朝時代までは南朝方の南部氏が治めておりました。南部氏といえば、日蓮のために身延山久遠寺をあてがった南部実長が属した一族であり、河内地方は日蓮の宗廟の所在地でもありました。満春の後に当主の弟のポジションについたのが、信介で彼が河内地方の旧南部領をあてがわれ、穴山を根拠地としたのが穴山氏としての実質的なスタートでした。
 河内地方は北に武田宗家、南に今川家に挟まれた位置にあり、内訌を続ける宗家と力を蓄えてゆく今川家に挟まれていたために、弱体化する武田宗家の一門衆として独立性を獲得するに至ります。そればかりか宗家の内訌にも積極的に加担しております。例えば、武田信重は穴山家の一族衆に暗殺されており、穴山信懸は武田信縄と油川信恵の抗争において、信縄方につくとともに伊勢宗瑞とも繋がっておりました。それが息子の清五郎に暗殺され穴山家も混乱するわけですが、同じく信懸の子、信綱は清五郎を討って今川方につきました。それを信虎に攻められて以後、宗家に従属するわけですが、清五郎は信懸の子と伝えられているにもかかわらず、穴山の系図から除かれることになっております。宗家の武田信虎は穴山家を取り込むために嫡男信友に信虎の娘南松院をあてがいました。晴信の姉に当たります。
 今川氏輝の頃は北条家と組んで武田家と対立している状況でありましたが、これが花蔵の乱によって今川義元が今川家家督を継ぐと、武田家に接近します。穴山家は甲駿同盟に積極的な支持をしておりました。

Photo

 以上の流れを鑑みた上で、穴山氏歴代の菩提寺を調べてみました。但し、信介以前は調べがついておりません。信懸は甲斐国河内地方の独立勢力として宗家の武田信虎に対抗しておりましたが、息子とされる清五郎に暗殺されております。その菩提寺が建忠寺といいます。後に信虎の娘(晴信の姉)の菩提寺の末寺として臨済宗妙心寺派になりますが、元々の宗旨は把握できていません。信虎が曹洞宗に帰依しておりましたので、その信虎と共同歩調をとった穴山信綱の菩提寺も曹洞宗となります。とはいえ、この頃の信懸も信綱も今川家と武田家との間で表裏比興をやっていたわけで、結果として信綱の菩提寺が信虎と同じ曹洞宗になっているものの、彼自身が帰依していたかどうかの確証はありません。今川義元と武田信虎が同盟を結んだ時の穴山氏の当主が信友で、彼も今川義元、武田晴信に倣って妙心寺派臨済宗に帰依し、生前である天文年間に自らの菩提寺とする円蔵院を建立しました。穴山信君は今川義元の死後に今川領駿河江尻を領し、晩年に江尻に霊泉寺を建立し、梅雪斎と号しました。開山は速伝宗販です。

信懸  1513年(永正十 年) 建忠寺 ?⇒臨済宗妙心寺派南松院末
信綱  1531年(享禄 四年) 竜雲寺 曹洞宗
信友  1560年(永禄 三年) 円蔵院 臨済宗妙心寺派
信君  1582年(天正十 年) 霊泉寺 臨済宗妙心寺派
                   満福寺 曹洞宗

南松院 1566年(永禄 九年?) 南松院 臨済宗妙心寺派

 明叔慶浚が恵林寺を再興というか、妙心寺派の拠点として以来、妙心寺派それも悟渓宗頓を祖とする東海派の僧侶たちがこぞって武田家に入って寺社を整備してゆきました。武田晴信が付き合った妙心寺派の高僧は明叔慶浚、希菴玄密、鳳栖玄梁、岐秀元伯、快川紹喜、天桂玄長と有名どころをいれただけでざっと六名になります。そしてともに妙心寺派のネットワークに属する今川義元と武田晴信がそれぞれ三河・尾張と信濃の征服に動き出すわけでした。

Photo_2

|

« 中漠:林下編Ⅱ⑨武田家の宗旨報告書Ⅲ(武田晴信) | トップページ | 中漠:林下編Ⅱ⑪武田家の宗旨報告書Ⅴ(武田晴信・大井流武田氏) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164985/64823505

この記事へのトラックバック一覧です: 中漠:林下編Ⅱ⑩武田家の宗旨報告書Ⅳ(穴山流武田氏):

« 中漠:林下編Ⅱ⑨武田家の宗旨報告書Ⅲ(武田晴信) | トップページ | 中漠:林下編Ⅱ⑪武田家の宗旨報告書Ⅴ(武田晴信・大井流武田氏) »