« 中漠:林下編Ⅱ⑬妙心寺のいざない | トップページ | 川戦:安城合戦編Ⅱ まえがき及び参考文献 »

2017年2月26日 (日)

中漠:林下編Ⅱ⑭戦国時代中盤の大徳寺の生存戦略

 今まで述べてきたとおり、妙心寺は独立後に着々と戦国大名をパトロンにつけて地盤を固め、ついには今川・武田二大勢力の政治顧問を自派から輩出するようになります。その様なことをせざるを得ないのも、ひとえに両細川の乱によってかつて妙心寺の後ろ盾になっていてくれた細川家が疲弊して、天下に号令する力を失ってしまったからでした。

 もう一方の林下の巨頭、大徳寺派臨済宗の活動方針は概ね妙心寺に似た感じでした。戦国大名に取り入って地元に寺院を建てたり、本寺の敷地に塔頭を作ったりして、ゆくゆくは政治顧問的な役割を担おうか、と言った感じです。妙心寺のやり方と比較すると、比較的負担をかけないやり方でした。
 大徳寺がアプローチをかけたのは、伊勢亀山国人領主の関氏、豊後の大友氏、能登畠山氏そして三好氏です。軽く触れておきますと、関盛衡には大徳寺内に塔頭正受院、豊後の大友義鎮には同じく塔頭瑞峯院を建立しております。ただし、大友氏に関しては若干考察を加えなければならないことがありまして、瑞峯院の創建は1535年(天文四年)だったりします。この時、開基であるはずの大友義鎮は六歳児でしかありません。元服すらもしておらず塩法師丸と呼ばれていた頃でした。大友義鎮が宗麟という大徳寺派風の法号を名乗るのは、これよりずっと下って1563年(永禄六年)、三十七歳になってからです。よって、これは寺伝によくある何らかの意図をもった改変でありましょう。
 
Photo

 そのあたりの事情を考察するために、この頃の大徳寺の状況を素描しますと、大徳寺の歴代住持たちによる本寺内に塔頭寺院建立は、法流の派閥化にもなっているのですね。陽峯宗韶の龍泉庵に始まって、東溪宗牧の龍源院、古嶽宗亘の大仙院などが作られたのですが、そこに自らの直弟子たちを住まわせてそこから大徳寺住持候補を出すようになったわけです。すなわち、臨済宗大徳寺派の中に派中派を作ったようなもので、それぞれ塔頭寺院の名をとって龍泉派、龍源派(南派)、大仙派(北派)とよばれました。これに一休宗純の弟子たちの拠点となっていた非主流の塔頭寺院真珠庵の系統(真珠派)を加えて大徳寺四派とも総称されております。ではなぜ派中派などを作るようにしたのかと言えば、おそらくは二度と関山派等、彼らにとっての外部勢力に住持職をとらせないようにするためであろうと思います。
 細川政元が斃れ、両細川の乱に突入することで幕府管領の力は衰え、それと機を一にして妙心寺は大徳寺とは別の寺院として独立し、当面の危機は脱したものの、幕府が秩序を回復すればいつまた妙心寺が大徳寺住持の座を狙ってくるかもしれません。その際に寺域内に塔頭を立てておき、歴代住持をそこの出身者に限る慣例を作っておけば、その予防となると考えられたのではないでしょうか。それぞれの塔頭に有力大名の外護があれば、その影響力を行使することもできます。そもそも、妙心寺自身が地方にウイングを広げて影響力の確保を模索している状況でしたので、それに対して四の五の言っている状況ではなかったわけです。別の時代に類例を探すなら江戸期紀州家出身の八代将軍徳川吉宗が、自らの子息に御三卿を名乗らせて江戸城中に住まわせたことが似てるかもしれません。それ以前は徳川宗家の血が絶えた場合は尾張・紀州・水戸の御三家より後継を出す慣例あったのですが、その決まりによって将軍家を継いだ吉宗がその慣例を無効化するために編み出した戦術でした。それ以後、幕末の家茂まで御三家出身将軍の出現は阻止しおおせたのでした。

 大徳寺寺域内に塔頭興臨院を建立したのは、能登国守護の畠山義総でした。この頃の能登は正面の越中国で本願寺派と分国守護の長尾為景が抗争を繰り広げており、その対立に対して第三者的立場をキープできたので比較的安定しておりました。宗家の総州家と尾州家は没落しつつある中、なんとか勢力維持しつづけております。
 大徳寺が非業の最期を遂げた三好元長のために堺に南宗寺を建立したのは、北条氏綱が今川義元との抗争した後、彼の孫の三好長慶が細川晴元を打倒して畿内の実権を握った後のことです。天文初年の時点では北条氏綱を除いて大徳寺はさしたる勢力をもったパトロンを有しているわけではありませんでしたが、大徳寺に武野紹鴎という茶人が参禅するにあたって、クリーンヒットを放つ糸口をつかみますが、それはまた次稿にて紹介したいと思います。


Photo_2



|

« 中漠:林下編Ⅱ⑬妙心寺のいざない | トップページ | 川戦:安城合戦編Ⅱ まえがき及び参考文献 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164985/64944118

この記事へのトラックバック一覧です: 中漠:林下編Ⅱ⑭戦国時代中盤の大徳寺の生存戦略:

« 中漠:林下編Ⅱ⑬妙心寺のいざない | トップページ | 川戦:安城合戦編Ⅱ まえがき及び参考文献 »