« 2017年7月 | トップページ

2017年8月20日 (日)

川戦:安城合戦編Ⅱ 第6節の論点抽出:仮説は史実に矛盾していないだろうか?

 本稿は論文第6節松平広忠降参情報の信憑性」について考察するものです。

 

 論文中のこの節は今まで論文が「証明」してきた論点を用いて、それが実際の史実にどのように反映しうるかについて言及しています。このような進め方をする目的は、日覚と北条氏康の書状が「岡崎に衝撃的な攻勢」をかけたと言っているのはほぼ確実であるが、その情報源は織田信秀であるので、彼の言い分が史実に即しているかどうかを検証したいとのことです。

 

 ここまでの考察で私自身、論文が提示している根拠については、反証を挙げ、別解を示してきました。なのでここまでの論文が論証したとする「史実」で何らかの証明が提示されても、こちらはその反証根拠を既に記述した論点から挙げることは可能であるかもしれません。
 ただ、それは私自身か以前の稿で示したことの繰り返しになるので、繰り返しはできるだけ避けたいと思います。同時に別角度からの論文の検証を続けてゆきます。そして私自身もここまで別解を出してきておりますので、それらがどの程度史実に反映しうるのかをついでに考えてゆきたいと思います。

 

 まず論文は、これまでの研究で明らかになっている天文十六年九月上旬までの織田・今川の動きについて、既に言及された事項を含め、以下の出来事を列記しておりますので、(1)論文のロジックに本当にあっているか?(2)別解を導けないか?について考察をしたいと思います。

 

 天文十二年以前_________安城城攻落(6-1)
 天文十三年__九月_______織田、美濃斎藤氏を攻めて大敗(6-2)
 ___同年閏十一月_______織田、松平広忠の臣阿部大蔵、尾三国境に出陣
 天文十四年___________安城清縄手の戦い(6-3)
 天文十五年_十一月_______今川、今橋城の戸田宣成を攻める。(6-4)
 天文十六年__六月_十三日以前_今川、今橋を入手する。
 ___同年__七月__八日以前_今川、医王山に砦普請を終える。(6-5 ①)
 ________________⇒広忠救援のためのものか。
 ___同年__九月__五日___今川、田原城の戸田堯光を攻める。(6-6)
 ________________⇒この攻撃は今川にとって想定外のものだった

 

 その後の展開として論文はさらに以下の事項も追加しております。

 天文十六年___________織田信長初陣で吉良大浜を焼討(信長公記)(6-7)
 ________________⇒吉法師の大浜攻撃は、岡崎に連動と想定。
 ___同年__九月二十八日___渡河原合戦(6-8)
 ________________⇒隙をついて復帰か、降参していないのか?
 ___同年_十_月二十_日___松平広忠、松平忠倫暗殺の功により筧重忠に感状発給。
 ________________⇒広忠の心が反織田の態度を肯定する立場を示すもの。
 ___同年_十二月__五日___松平広忠、松平清康の十三回忌供養に大樹寺へ寄進。
 ________________⇒この時点で松平広忠が岡崎に健在であったことは間違いない。

 上記の論考により、天文十六年九月上旬に岡崎城が織田の攻撃にさらされたことは間違いないとのことですが、その後の松平広忠の行動については、次のようなことが指摘されてます。

〇論文より引用
 しかし、織田が岡崎を攻落したとまで断定することはできず、仮に広忠が降参したとしても、信秀が三河から退去してほどなく岡崎城主としての地位を回復したとみる。但し、岡崎城主としての地位を回復することと、外に向かって反織田の旗幟を鮮明にすることとが、この時点で必ず連動するとは限らない。

 要約するなら、松平広忠の史実における行動は日覚・氏康書状の中で織田信秀からの話として語られる論文解釈とはかけ離れている(6-9)ということですね。

 この論点については、私自身の別解として、『天文十六年八月上旬 第一次小豆坂合戦(6-5 ②)』説を提示してみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月19日 (土)

川戦:安城合戦編Ⅱ 5-5 今橋を「本意」にしたのは、去年(天文十六年)の事か?

 本稿の論点は私自身、さほど重要な物とは考えておりません。氏康書状が去年のことと言っているのはあくまで安城をめぐる合戦についてのことであって、今川義元が今橋を「本意に致した」と書いている部分にはかかっていないと考えているからです。仮にかかっていたとしても今川軍の今橋攻撃が天文十五年の十一月のことですから誤差の範囲ですし、そこに矛盾があったとして、史料の信憑性や価値が毀損するとかそんな類の話には見えません。

 しかしながら、論文においては今橋を「本意」にしたのは、去年(天文十六年)のことであるかどうかについて、紙幅をとって論考が加えられています。北条氏康書状を論考の俎上に載せるうえで、過去に行った考証に訂正が必要な点であると認識したからでありましょう。
 曰く「また③の記述について、同じく前述[解説]において、今川が今橋城(城主戸田橘七郎宣成)を陥落させたのは天文十六年ではなく、通説に従って同十五年十一月十五日であるとし(「豊橋市史第一巻」豊橋市発行、一九七三年、三九一ページ参照)、この記述に疑問を呈した。先の②の記述についてともども氏康B書状後代創作説に傾く根拠として挙げた所である」

 論文によると天文十五年十一月十五日付で今川義元が天野景泰に感状を出しており、そこには今橋城の外構を乗り崩して宿城に乗り入ったことが述べられているとのことです。宿城に乗り入ったからと言ってそれが必ずしも落城させたとまでは言えず、今川家が今橋城を確実に支配下におさめたと判るのは天文十六年六月十三日銘の神輿棟札発行までの間であるので、今橋支配を確実にしたのは天文十六年と言っても差し支えがないということらしいです。

 ただ、北条氏康書状におけるこの今橋の扱いには引っかかることがないわけではありません。北条氏康の認識もそうですが、論文の論理展開に見落としている事件があると思います。
 北条氏康書状が書かれたのは天文十七年三月十一日です。今川軍が三河に侵入して今橋城を本意にしたのが、天文十五年十一月十五日~天文十六年六月十三日の間。論文が安城を拠点に敵を破り、岡崎を攻落したとしているのが天文十六年九月のことです。北条氏康は織田信秀に次のような問いかけをしています。

 「其以後万其国相違之刷候哉(それ以後よろず其の国に相違のあしらいがあったのでしょうか?)」

 論文ではこのセンテンスの「其国」は尾張国と解釈していますが、以前の稿でも指摘した通り、私はここを駿河国と見ております。いずれにせよここの「哉」は反語表現で、其の国(駿河国)に「相違之刷」が実際にあったと説いているのです。そのせいで織田信秀は三河国に詰める羽目になっております。論文では「相違之刷」を織田信秀の岡崎城攻落としておりますが、たぶん違います。というのは、このセンテンスは織田の安城での合戦と岡崎「攻落」、今川の今橋「本意」について述べたくだりがあった後に「其以後」とつなげているからです。

 すなわち、織田・今川勢力の三河侵入の後に起こったことについて語っているのです。それが何であるかは年表を見れば明らかでしょう。氏康書状が書かれた時期には今橋だけではなく、戸田宗家の根拠地である田原城が今川軍によって落とされていたのです。天文十六年九月のことです。時期的には論文が岡崎を「攻落」したと言っている時期にあたり、同時期に三河で今川軍が軍事行動を起こし、田原城主である戸田宗家の康光・堯光親子が討ち取られているのですが、そこは何故か触れられていません。そのあたりは不自然に感じます。東三河の要衝として北条氏康の認識としては田原より今橋の方が重要と考えていたのかもしれません。あるいは、田原の戸田宗家を滅ぼすことによって、三河湾の海上交易ルートに干渉する物がいなくなり、最重要拠点である今橋の湊を「本意」にできるようになったことを言っている可能性もあります。

 しかしこれは、双方の当事者にとって言わずもがななことは敢えて書かない、もしくはぼかした表現で記すことになっていたのではないでしょうか。そしてそのぼかした表現こそが「其国相違之刷」=今川軍の田原侵攻であり、織田信秀が三河に詰めなければならない理由であったと考えられます。

 この氏康書状は知行宛行や感状ではないのですから、機微に触れる事項については敢えて明記しないことにしたという解釈で差し支えないでしょう。じつは、「其国相違之刷」の解釈については別解として、『天文十六年八月の第一次小豆坂合戦』も思案にいれているのですが、その論旨については次節「6.松平広忠降参情報の信憑性」の考察記事に回したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月13日 (日)

川戦:安城合戦編Ⅱ 5-4 織田の岡崎攻落をもって鵜殿氏の立場が危ういものに急変したのか?

 論文において「一方で菩提心院日覚書状は、織田の岡崎攻落を以って鵜殿氏の立場が危ういものに急変したとの認識を示している」と言う記述があります。そこに至るまでのロジックは、以下のプロセスを経て、⑥に当たる部分で言及されています。

 ① 氏康書状「殊岡崎之城自其国就相押候」の部分を「岡崎城を確保した」と解釈。
 ② 日覚書状「岡崎ハ弾江かう参分」の部分を「信秀に広忠は降参した」と解釈
 ③ ①②より氏康書状の「押さえ」は「確保」ではなく、「攻落」であると解釈変更。

 ④ 氏康書状「〇相談」を「(織田が今川に)被相談」と読み、織田と今川の外交チャンネルの存在を示唆
 ⑤ 氏康書状「駿州ニも今橋被致本意候」を④により織田が追認したと主張していると解釈

 ⑥ ①~③の結果、鵜殿氏が窮状に陥ったと日覚書状が示しているとの認識を提示。
 ⑦ 氏康書状「其以後万其国相違之刷候哉」の部分を「織田にとっての相違のあしらいが生じた」と解釈。
 ⑧ ④があったとしても、⑥に代表される傘下国人の窮状を今川が看過できない事情があったと結論

 ⑧の結論に至るまでかなりの紙幅が費やされており、果たしてこの論旨要約が正しいかどうかも怪しくはありますが、①、②、④(の前段)については既に拙稿にて別解を提示しております()。そして、⑥の主張を展開するためには、論文は以下の論理展開プロセスを経ていると解釈せざるを得ません。

 ⑥' ⑥の認識に至る前提として、論文は日覚書状の言う「駿河衆敗軍」を「岡崎攻落」と解釈。

 そしてその解釈は論文中には明示されてはおりません。実際に菩提心院日覚書状の書状を読みても、必ずしもそのようには書かれているとも読めないのです。故に論文のここのロジックは客観的に見てかなりいただけない感じになっております。以下に日覚書状の関連部分を引用します。

〇菩提心院日覚書状 本成寺文書  愛知県史資料編14より抜粋引用(拙稿にて下線部付記)

一三州ハ駿河衆敗軍の様二候て、弾正忠先以一国を管領
 候、威勢前代未聞之様二其沙汰共候、一、此十日計巳
 前ニ京都より楞厳坊罷下候、厳隆坊も同心にて候、心
 城坊ハ旧冬よりいまに当国二滞留候、さる仕合候て、
 濃州より当国へ上使二養雲軒と申人之内者の様にて候、
 于今旦方あひたの使なと仕候、此人なふてハの様にて
 候、一、彼楞厳坊申来候ハ、鵜殿仕合ハよくも有間敷
 様二物語候、其謂ハ尾と駿と間を見あはせ候て、種々
 上手をせられ候之処二、覚悟外二東国はいくん二成候
 間、弾正忠一段ノ曲なく被思たるよしに候、定而彼地
 をも只今の時分ハ攻いらんやと致物語候間、あまりニ
 □□許存候間、近日心□坊を可差遣覚悟にて候、岡崎
 ハ弾江かう参之分にて、からゝゝの命にて候、弾ハ三
 州平均、其翌日ニ京上候、其便宜候て楞厳物語も聞ま
 いらせ候、万一の辺も候てハ、門中力落外見実義口惜
 次第候、

 日覚書状で岡崎が言及されている部分は引用部の最後から五行目のあたりです。その前段で、日覚が鵜殿の危機を感じ取ったのは、あくまでも「駿河衆敗軍」「東国はいくん」であってそれが心配だから心城坊を三河に派遣するといった話の後に初めて岡崎がでてくるのです。

 論文の通りに書状を「駿河衆敗軍」=岡崎攻落と解釈しようとするとどうしても一度文章を最後まで読み切ってから前に戻って解釈をしなおさなければなりません。この論文においてはそのような解釈をするケースが多すぎると思います。普通に前から後ろへ読み進めるなら、織田方に敗軍したのはあくまで「駿河衆」「東国」であって、岡崎にいる松平広忠は駿河の今川義元の与党ではあっても、駿河衆そのものではありません。

 最終段での「万一の辺」という記述の想定が鵜殿の運命を岡崎のそれになぞらえていますが、岡崎の運命は日覚書状の文章の構成からあくまでも駿河衆敗軍の結果に付随するものとして見るべきです。
 論文の手法は日覚書状の辺句を切り取って解釈し、それを北条氏康書状の辺句と組み合わせて新たな解釈を生み出し、その解釈をまた日覚書状に戻して別の部分に適用することによってさらに新しい解釈を展開しています。しかし、それは日覚書状、氏康書状のそれぞれの文脈を無視した論旨の展開であるために、両書状を踏まえて論文を読むと、その論旨は中々理解しがたいものになっているのです。

 結論として、「織田の岡崎攻落をもって鵜殿氏の立場が危ういものに急変した」とする論文記述は日覚書状の文脈を無視した解釈であり、そこから導き出される「織田にとっての相違のあしらい」の根拠にはなりえないと私は考えます。
 それでは鵜殿氏の立場を危うくしたと日覚書状が述べている「駿河衆敗軍」の正体は何か、については論文の第六節「6.松平広忠降参情報の信憑性」の考察において進めようと思います。

 

 

 

※上記部分の論旨の展開は拙稿の以下部分で行っております。よろしければご参照ください。
 ① 氏康書状「殊岡崎之城自其国就相押候」の部分を「岡崎城を確保した」と解釈。
   ⇒岡崎城の状況は付け城包囲による確保と考察。
   「5-2  天文十六年に織田信秀は岡崎城を確保したか」

 ② 日覚書状「岡崎ハ弾江かう参分」の部分を「信秀に広忠は降参した」と解釈
   ⇒松平広忠は織田信秀への降参者によって、命の危険にさらされていますという解釈を提示
   「5-2  天文十六年に織田信秀は岡崎城を確保したか」

 ④ 氏康書状「〇相談」を「被相談」と読み、織田と今川の外交チャンネルの存在を示唆
   ⇒無相談と読むべき根拠を提示。
    外交チャンネルの存在そのものは否定しないが、書状に顕れていないと解釈。
   「3-2 織田信秀は出兵を今川義元に相談したのか?」
   「3-3  『古証文』の底本は何か?Ⅰ」
   「3-4  『古証文』の底本は何か?Ⅱ」
   「5-3  安城合戦と岡崎攻落は織田と今川の相談の上でなされたか?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月12日 (土)

川戦:安城合戦編Ⅱ 5-3 安城合戦と岡崎攻落は織田と今川の相談の上でなされたか?

 論文において織田と今川に外交チャンネルがあったことを示唆している文言「〇相談」の〇の部分が無なのか被なのかについては、川の戦国史安城合戦編 でもやりましたし、本編 でもそれについての考察を行いました。とりあえず、それを置いて論文の解釈における今川と織田の合意のある状況というものがどのようなものであるのか、考えてみたいと思います。

 織田信秀は今川義元との相談の上で軍を起こして
①安城に迫る敵を破り、
②岡崎城を詰める、即ち、確保もしくは攻落させた。
③その前提として今川の方は今橋を本意とすることを織田も支持していたが、岡崎の攻落は今川義元の想定範囲を超えることであったためか、
④それ以後織田にとっての相違のあしらいが生じた、
 という具合に解釈を進めております。

〇安城市史5 資料編 古代・中世より引用(センテンス毎に改行、番号挿入を行う、指示代名詞+名詞を赤字)
如来札近年者遠路故不申通候処懇切ニ示給候悦着候、
仍三州之儀駿州へ被相談、去年向
彼国被起軍①安城者要害則時ニ被破破之由候、
毎度御戦功奇特候
②殊岡崎之城自其国就相押候
③駿州ニも今橋被致本意候
④其以後万其国相違之刷候哉

因茲
彼国被相詰之由承候
無余儀題目候
就中駿州此方間之儀預御尋候
近年雖遂一和候自
彼国疑心無止候間迷惑候
抑自清須御使并預
貴札候忝候
何様御礼自是可申入候委細者使者可有演説候
恐々謹言、

 確かに相談は存在し、そこでの合意を破った今川に非があり、自分はそれによって三河駐留を余儀なくされたというのが論文が描いたこの書状のストーリーです。では相談したのにもかかわらず生じた織田にとっての相違のあしらいとは何なのでしょう。論文では、織田と今川との外交チャンネルの存在を日覚書状の鵜殿情報に絡めてその可能性を論じています。それによると両者による三河分割の合意の存在とそれによる今川の今橋支配と織田の岡崎確保がバーターとして扱われたこと(ただし、織田信秀の主張)が読みとれるのだそうです。しかし、それは実際には機能しなかった。今川は織田の岡崎領有を許さなかったせいで、北条氏康に助力を請う羽目になったと論文は解釈しているわけです。

 以下、それに対する私自身の解釈による別解をまとめておきます。
まず、「〇相談」の〇の部分は無です。しかし、それは今川と織田との間に外交チャンネルの存在がなかったことを示すのではなく、相談をしなかったのは彼国(=三河の松平広忠)です。松平広忠は今川傘下にありながら今川家と相談することなく、軍を起こしたわけですね。

 そして①これに向かって織田信秀は戦いを挑み、安城の要害を破ったのです。(あるいは、安城は要害だけれども実力で打ち破った)「安城〇要害」の〇部分は素人目には「者」とも「之」とも読める微妙な表現なのですが、「之」とするのが妥当でありましょう。「者」にした場合はそのままの形ではうまく意味の通る解釈になりません。意味を通すなら論文が試みた通り「にて」という格助詞をつける必要が生じますが、そのような字句を恣意的につけての解釈が可能であるならば、「なれど」と逆接の補語で補って意味を取っても差し支えないことになります。その場合は〇を「之」と解釈したのと同じ意味合いになりますので、字句を付加しての解釈はそれ自体意味をなしません。よって、与えられたセンテンスのみで「者」で読んでも意味が通らないのであれば、「之」で解釈すべきでありましょう。

 松平広忠は日覚の書状が書いている通り、織田信秀に降参した旧松平広忠家臣衆によって命からがらになるまでの大敗を喫し、其国(=駿河勢力)の最前線である岡崎の城は松平記や三河物語が示す通り旧松平家臣達の岡崎城包囲によって織田信秀が押さえ込んだ状況になっています。論文では岡崎城を「確保」から日覚書状の「岡崎ハ弾江かう参之分にて、からゝゝの命にて候」の記述をうけて「攻落」と段階を上げていますが、ここは岡崎の降伏とする解釈には疑義を呈しておきます。論文では「にて」を資格・身分を示す格助詞として解釈していますが、「にて」には手段を表す格助詞としての意味もありますので、これもまた別解として成立しえます。

 ③駿河側も今橋を手中に収めていたが、
 ④それ以後に織田信秀は
其国(=駿河勢力)と仲違いしてしまった。
そのせいなのか、織田信秀は彼国(=三河)に自ら出馬せざるを得なくなったとの旨、承知いたしました。

 論文では「其国相違之刷候哉」を「織田にとって相違のあしらい」と解釈しております。とりあえず漢和辞典を調べても「刷」の字を「あしらい」と訓読する辞典は見当たらず、小田原市史は「(つくろい)扱い」と注釈していて、いずれが正しいのかを判断する材料は持っていません。以前の解釈では「刷」を「増刷」などからの連想してニュースと解釈していましたが、文字の意味からそれもなさそうです。

 そして「相違」はそもそもそれは織田にとってのものなのでしょうか。書状には「彼国」「其国」など指示語で国が記されていますが、尾張国を指す言葉については、北条氏康書状の「自清須御使并預貴札候忝候」に着目してください。織田信秀の書状のことを「貴札」と記しています。であれば信秀が属する国のことを北条氏康は「貴国」と呼称したはずです。よって「其国」は「殊岡崎之城自其国就相押候」の行で織田信秀に押さえられた岡崎城が頼みとしていた国、即ち駿河と考えるべきです。

 「相違」ですが、「ソウイ」と音読みするのではなく、訓読みして「あいちがい」とする別解もあり得ると考えます。「ちがい」というと直江兼続による「内府ちがひの条々」などの用法がある通り、非難をする意味があります。それを相互に行うことですから普通に仲違いという意味でいいのでしょう。織田信秀が岡崎、今川は今橋を確保する以前までは互いに譲っていた合意があり、その後仲違いをしたため、織田信秀本人が三河に駐留せざるを得なくなったということでよろしいかと思います。

 今川家も、斯波家を背後で支える織田家も互いに三河国人衆の後ろ盾として機能しておりました。三河国人衆が無用な紛争を治められるよう両家が相互に外交チャンネルを持っていたこともあり得ることだと思います。しかし、それはおそらく論文が言うような相談して岡崎に攻め込むような露骨なことを氏康書状が示しているわけではないと考えます。
 織田信秀は駿河国とあい「ちがい」して三河に駐留したわけですが、その原因になった「刷(あしらい)」とは何でしょうか。論文では信秀による岡崎攻落と位置付けていますが、別解もあり得ると思いますので、次稿以降で提示させていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 6日 (日)

川戦:安城合戦編Ⅱ 5-2 天文十六年に織田信秀は岡崎城を確保したか(日覚・氏康書状の検証)

 日覚書状では「岡崎ハ弾江かう参之分にて、からゝゝの命にて候」という記述があって、北条氏康書状にも「殊岡崎之城自其国就相押候」と書かれています。論文ではこれらから織田信秀の岡崎城確保は裏付けられたといっておりますが、本稿ではこの見解について別解の余地がないか検討してみます。

〇論文より引用
岡崎ハ弾江かう参之分にて、からゝゝの命にて候
(中略)
岡崎城主松平広忠は、織田信秀への降参者として処遇され、辛うじて命ばかりは許された。

 論文が言及しているセンテンスを論文のニュアンスにする場合は、以下のような文言になるかと思います。

「岡崎ハ弾江(之)かう参之分にて(遇され)、からゝゝ命にて(許され)候」

 戻し訳文から(之)、(遇され)、(許され)が略されていると考えれば一応のつじつまはあいます。 しかし、私は論文の訳文は順序が逆ではないかと思うのです。すなわち、降伏する人は、降伏者としての処遇が与えられる前に命の危険にさらされるのであって、降伏者としての遇された時点で命の危険は去っているはずです。
 もちろん、降伏した後に処遇が決まって処刑されるケースもありますが、論文が言っているような形の降参であれば以下のような原文になるのではないでしょうか。

「岡崎ハ弾江かう参致し候、からゝゝ命にて(許され)候」

「弾江かう参し」と「弾江(之)かう参之分」の違いは前者があくまでも広忠が降伏の意思表示をしたことに留まりますが、後者は信秀が遇した降参者というニュアンスが生じます。つまり、降参者は信秀に臣従を誓い、その代償としての降参者としての処遇を与えたということです。その後に命を脅かすような目に合わせることはまずないでしょう。
 なので、論文訳のようなニュアンスでシンプルに書くならば以下のようになるはずではないでしょうか。

「岡崎ハ弾江、からゝゝの命にてかう参致し候」

 しかし、そうなっていないとするならば、別解の存在の可能性を検討するべきではないかと思います。別解の可能性を検討する際に着目すべきは格助詞「にて」であろうと思います。「にて」でWeb検索すればその意味が出てくると思いますが、これは身分・処遇を示すだけでなく、手段や候を補って断定の意をもつケースもあります。当該原文には「にて」の語が二箇所存在しています。後者の「にて」は候が補われておりますので、断定の意でも通りそうです。そして、前者の「にて」を身分・処遇の意味から、手段(によって)に置き換えてみると意味が微妙に変わってきます。

 岡崎ハ弾江かう参之分「にて」(手段)、からゝゝの命「にて候」(断定)
 ⇒岡崎ハ弾江かう参之分によって、からゝゝの命である。

 「岡崎」と「弾江かう参之分」、論文訳及び今までの拙訳を含めて同じ者を指すと考えてきましたが、別解として別人である可能性が出てきました。口語訳にすれば、さらに明確になります。

(訳案)松平広忠は織田信秀への降参者によって、命の危険にさらされています。

 通説によるとこの書状が書かれた天文十六年九月時点で松平広忠の家臣団は分裂し、織田方についた一門衆の合歓木松平信孝は山崎(岡)の砦に、佐々木松平忠倫は上和田砦、桜井松平家次(内膳信定の孫)は譜代の重臣酒井将監とともに上野城に拠点を置いております。そして彼らは織田信秀に岡崎城攻略のための拠点としてそれらを提供しておりました。通説の状況とも一致しますので、訳案の一つとして打ち出しうるものだと思料致します。

 そして、その解釈を取った場合、松平広忠が命の危機の状態ではあっても、岡崎城攻落を示したものではないということになります。

 次に、北条氏康書状の岡崎攻落の箇所について検討をしてみます。

〇論文より引用
 殊岡崎之城自其国就相押候
(中略)
 殊に岡崎の城、其の国より相押さえ候に就き

 以前のブログ記事で「相押」を「押さえあい」と読んで岡崎城が尾駿両勢力の角逐の場になったと解釈したことを記しましたが、その解釈に強引さがあったことは認めます。本稿ではその解釈を改めさせていただきます。

〇論文より引用(拙稿にて下線部を追加)
② また、岡崎城を確保した

 論文では上記のように「相押さえ」を「確保」という言い方にしています。「押さえ」の意味に、物が動かないように押さえることとか、勢いを防ぎ止めること、等の意味があります。戦国時代の城の落とし方は、信長公記にみられるように目標となる城を付城と呼ばれる城砦群で包囲して標的の城への出入りを制限することで弱らせてから攻撃します。この付城が包囲した状態を「押さえ」と読んだのだとすれば、これは日覚書状の「岡崎ハ弾江かう参之分にて、からゝゝの命にて候」の私が挙げた別解の状況と合致します。

(訳案)殊に岡崎の城を、(付城包囲によって)駿河国より(の勢いを)押さえ込んだことについては、

 なので、付城包囲で其の国(=駿河国)の傘下である岡崎城の勢いを防ぎ止めたこと をもって「確保した」という言葉になっているのであれば、その用法は妥当なのでしょう。しかし、論文後段で②のニュアンスを根拠の提示がないまま以下のように変えてしまっております。

〇論文より引用(拙稿にて下線部を追加)
次に、②の織田信秀岡崎攻落の記述については、

 「確保した」ではなく「攻落(攻め落とした)」になっているのですね。
 もちろん日覚書状の「岡崎ハ弾江かう参之分にて、からゝゝの命にて候」を岡崎=「弾江かう参分」と読んだ結果を踏まえて、岡崎城が攻め落とされたと考えてもよいのです。しかし同じ節の前段で同じ項番②として定義した氏康書状の字句解釈を断りなくニュアンスを変えて述べるのはいかがなものかとも思います。

 結論として、日覚書状並びに北条氏康書状が述べる岡崎城の状況は付け城包囲による確保(今川方である岡崎城の勢いを防ぎ止める)状態として一致していると読みうる。よって、岡崎城を「攻め落とした」とする論文解釈には疑義を呈する余地があると私は考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 5日 (土)

川戦:安城合戦編Ⅱ 5-1 ⑥検証:安城城天文九年攻落説(時系列でみた考察および結論)

 本稿においては、前稿で提起した寺院過去帳の天文九年六月六日説の出所を時系列にまとめつつ、考察してゆきたいと思います。

 慶長十五年に太田牛一が現存最古の信長公記を記載します。恐らくは慶長年間中の完成であろうと考えられます。これとほぼ同時期に松平記が成立しているのですが、信長公記は小豆坂合戦の年次を記しておりません。松平記は天文十七年三月十九日と記しておりました。いずれの小豆坂合戦もこれが始まる以前に織田信秀が安城城を手に入れていたことを明記しております。但し、信長公記も松平記も広く読まれることを前提として書かれた本ではありません。知る人ぞ知る本として退蔵されることとなります。

 信長公記の成立から間もなく、小瀬甫庵が信長公記をベースに信長記の執筆に着手します。その間に徳川家康は亡くなり、遺言に従って遺骸は久能山に安置され、後になって日光に改葬されます。そして大樹寺には位牌が置かれることとなりました。これを機に大樹寺に松平歴代の墓所が整備されることになります。魂場野(魂魄野)と言う寺域の外の場所にあった松平親忠の墓などはほかの歴代の墓と一緒に寺の敷地内に置かれることとなります。この時点で大樹寺は将軍家の位人臣を極める以前の一族の菩提を弔う役割を担うことになりますが、この時点においては大樹寺は徳川家康につながる直系の一族のことだけを把握していればよかったはずです。

 そして、1622年(元和八年)、小瀬甫庵は信長記を刊行しました。この本には牛一本には書かれていなかった小豆坂合戦の年次が天文十一年であるということが明記されています。小瀬甫庵の記述の根拠となる史料の存在は確認出来ません。にもかかわらず、刊行という手段がとられることによって、この本の存在は広く人口に膾炙することとなります。
 同じ年、将軍就任前の徳川家光が日光東照社を参拝します。彼は父親に愛されなかった反動で祖父である徳川家康に深い愛着を持つ人格に育っておりました。彼はこの時の参拝を含めて生涯に十回日光通いをすることになります。その為の費えが幕府の屋台骨を揺るがせ、幕府滅亡の遠因を作ったなどという話も残っております。その翌年に徳川家光は将軍職に就任します。

 その頃、隠居をして暇を持て余した旗本の老人がおりました。名を大久保彦左衛門忠教と言います。慶長年間に作られた松平記は作者未詳なのですが、冒頭部に「阿部夢物語」という阿部定吉の弟である定次が書いたとされる記録が収められています。そうしたことから松平記は阿部定次かその縁者の作ではないかとされています。その阿部定次は忠政という養子に家督を継がせておりました。彼は大久保家出身で、阿部定吉死後の阿部家を出身家である大久保家と一緒に武功を立てて盛り立てていった人物です。大久保彦左衛門忠教もまた、大久保家の一員であり、なおかつ幕臣であるがゆえに松平記に容易にアクセスできるコネクションを持っていたと考えられます。そして、甫庵信長記を読んで、自らの体験や松平記と異なる記述の多さに嘆息して三河物語を著述します。この隠居の著作は作為的に書写されて市中に出回り、甫庵信長記と並んで洛陽の紙価を高めました。頑固爺の小言を絡めた歴史著述が娯楽に飢えた江戸庶民に受けてベストセラーになったのです。

 その間も徳川家光は熱心に日光社参を繰り返しておりました。それから間もなく、大御所徳川秀忠が亡くなり、増上寺に葬られました。これによって彼の行動を掣肘する者がいなくなったのです。徳川家光は日本の国主としての権力を、敬愛する祖父である徳川家康を神として祀ることに全力を傾注します。そして行ったことが日光東照社と大樹寺の大規模な建て替えでした。日光を見ずして結構と言うなかれと言い慣わされるほどの豪奢な木造建築様式は大樹寺の楼門にも適用され、非常に立派に装飾された建築物として現在も残っております。そして徳川家康には東照大権現という神号が付与され、家光自身も死後はこの日光に祀られることになります。

 家光の祖父敬愛の念は寺社の建設にとどまりませんでした。初代徳川将軍を清和源氏の嫡統とし武家全体の主君と位置付け、家臣達には自らの出自に関わる報告書の提出を命じます。それを系図集としてまとめることにより、徳川将軍家と家臣達の関係を文書の形で残そうと思いついたのです。時に1641年(寛永十八年)のことでした。
 この思いつきは徳川幕府の親藩・譜代の大名・旗本・御家人達に恐らくは衝撃を走らせただろうことは想像に難くありません。それまで当たり前のように禄を食んでいた家臣達に自分がここにいていい理由を書類に書いて提出せよと言っているのです。徳川旗本八万騎を数えていても、このリクエストに即応できる、語りたがりの歴オタは概ね大久保彦左衛門くらいだったでしょう。とは言えこの思いつきが発布される二年前には大久保彦左衛門は亡くなっております。
 各家が己が家の蔵に眠っている古文書を探し出して、家臣本人と東照大権現との関係は概ね立証されてゆきます。しかし、どうにもならなかったのはその存在は伝えられていても後継者が絶えて家が存続していなかった人達の事績です。徳川家光の要求も、家臣個人だけではなく、その兄弟の血統もまた報告せよと求められていたのは、系図資料の網羅性を見れば察することが出来ます。
 それは大樹寺にとって直系の一族だけではなく、西三河全域に散っていた一門衆の消息を集めて把握しておく必要が生じたことを意味しておりました。その時点で残っている松平一門衆については、それぞれに家伝を出し合って融通しあうことが可能でしたが、どうにもならないのは絶家した一門衆をどのように記録するかということだったのです。

 絶家した一門衆はその名前と戒名、そして安城での合戦で死んだことだけはわかっていたものと思われます。しかし、一口に安城合戦と言っても天文九年の安城乱、本多忠豊が戦死した天文十四年の戦い、五井松平忠次が戦死した天文十六年の渡河原合戦、そして今川軍が安城城を攻略した天文十八年の合戦、この合戦では本多忠高が戦死しております。それがいつのことかわからないとすれば、大樹寺はどのような行動をとるでしょう。
 恐らくは幕府に援助を受けていた手前、ただ単純にわからないと答えることは出来なかったのではないでしょうか。だとすれば、色々な資料を集めて没年を比定しようとしたと考えられます。寛永年間の時点で大樹寺がアクセスし得た情報を考えるとそれは大久保彦左衛門の三河物語、そして小瀬甫庵の信長記ではなかったでしょうか。松平記もまたそこに含まれていたでしょう。

 三河物語と松平記には安城落城の話こそは記されていますが、それがいつのことであるかは明記されておりません。そして、安城陥落のすぐ後段に佐々木松平忠倫が上和田に砦を作ったことが記されております。時期を特定する手掛かりはこれを読んでもわかりません。一方、甫庵信長記には天文十一年に小豆坂合戦があり、織田信秀は安城城から出陣した旨が記されております。小豆坂合戦が始まる以前に安城城が織田信秀の手に落ちていたということです。この記述を信じるのなら、天文十四年、十六年、十八年の三つの合戦は絶家した一門衆の終焉の時ではないということになります。大樹寺は甫庵信長記の記述から類推して絶家松平一門衆の没年を天文九年としたと私は考えます。

 諸家に呈譜を求め、総裁として系図集の編纂指揮を行ったは幕府若年寄の太田資宗で、実務家としてそれを整理したのが儒家の林羅山でした。大樹寺から天文九年に絶家一門衆が安城で亡くなった旨の報告を受けましたが、同じように五井松平忠次、藤井松平利長らが安城で戦って尾張衆を撃退した呈譜も受け取っておりました。同じように甫庵信長記の記述で考えるなら、その安城合戦は天文十一年以前でなければならないことになります。寛永諸家系図伝は、編纂の開始から献上本の完成までわずか二年しかかけられていません。そこで矛盾する記述はそのまま藤井松平利長譜に混ぜ合わせて記録されたものと考えるべきでありましょう。

 当然のことながら、天文九年の安城合戦における矛盾は後世の史家に気づかれることとなります。その是正がはかられたのが、参州本間氏覚書、岡崎領主古記ということになるのでしょう。それらの書物は寛永諸家系図伝の後に書かれたものと考えられます。

 大樹寺の寺伝は限られた時間で松平家の一門衆の伝を網羅し、なおかつ一門衆と徳川家康との関係を定義しなければならなかった。その為に大樹寺が依拠したのが根拠の存在しない小豆坂合戦の天文十一年説であり、その説が歴史考証の幅を狭めて生み出されたのが、松平絶家一門衆の天文九年死亡説なのでしょう。その死亡説はそのまま安城死守説をとる藤井松平利長、五井松平忠次らの家譜とともに矛盾、即ち城主が死亡する程の大敗なのに城は攻めきれずに織田軍は謎の撤退したこと、をすり合わせることなく寛永諸家系図伝に載せました。その一方で矛盾した記述の整合性をとる作業が始まります。判断材料を求める為に徳川綱吉の代に改めて日本中の諸家にさらに詳細な家伝の提出を求めます。その材料として寛永諸家系図伝が諸家に使われたことは想像に難くありません。苦し紛れの大樹寺の見解は甫庵信長記の断定を補強する材料として扱われ、天文九年の安城城陥落を確定事項のように扱った参州本間氏覚書、岡崎領主古記が現れます。それによって確かに寛永諸家系図伝の矛盾は解決されましたが、その解決が直ちに史実と合致するかどうかは別問題でありましょう。

 結論として天文九年に尾張衆が安城を攻めたことは天文九年十二月二十八日付妙源寺宛都筑竹松等連署売券などから事実であると考えますが、水野氏に話を通さずに行なった遠征の為、安城を攻めたものの向背に不穏さを感じて早々に撤収したのがその年の状況であったと私は考えます。その様な状況が落城説に至ったのは第一に甫庵信長記の記述にあり、短期間で呈譜を求められた大樹寺の対応であった。矛盾した記述をそのまま載せた寛永諸家系図伝を読んだ者がその矛盾を是正する為にその後に作られたのが天文九年の安城落城説であったのだと私は考えます。
 論文の指摘にある安城落城天文十二年以前説については、次節の検証において確認したいと思います。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ