« 中漠:晴天航路編⑱堺がもたらしたものが細川晴元を奔らす | トップページ | 中漠:晴天航路編⑳勝軍山城の陣Ⅱ »

2018年3月31日 (土)

中漠:晴天航路編⑲勝軍山城の陣Ⅰ

 足利義晴は細川高国の傀儡として室町殿になったわけですが、高国脱落後、長く苦しい戦いを経て室町殿に返り咲いた人物です。そんな彼から見れば細川晴元は頼むに足らざる豎子であり、おそらくは晴元がいるからいつまで経っても幕府は脆弱なのであると考えていたと思われます。そんな彼から見て、隣国近江の六角定頼は先進的な統治体制を敷いています。被官化した国人・土豪達を自らの根拠地である観音寺城下に集めて住まわせたり、楽市楽座を始めたりしていました。これらは後に織田信長がそっくり真似する政策ですが、この時六角家は摂津・河内が不安定な中、南近江を強国化することに成功していたのでした。おそらくは延暦寺が細川政元の焼き討ちで勢力を大幅に減じられたおかげで琵琶湖水運の利権が彼に回ってきたことも一因ではあるかと思われます。

 京から逃げ出した細川晴元と違って、バックに六角定頼がいることは足利義晴にとって大きなアドバンテージでした。足利義晴は慈照寺に入って上洛してくる上野元治と対峙します。とは言うものの戦うわけでもありませんでした。おそらくはいろいろな交渉ことがここで繰り広げられていたのでしょう。足利義晴はさらに北白川の勝軍山城を改修し軍備を整えます。この時は京都一円の寺社・町衆を総動員して城の改修をしたという記録が残っているそうです。細川晴元にはやりたいと思ってもできないことであったでしょう。足利義晴の思惑としては、六角定頼も細川氏綱とその家臣上原元治もいずれもかつては細川高国派であり、細川晴元が逃げ出した今、ここで足利義晴が細川氏綱を認めることを宣言するならば、近江・山城・摂津・河内・和泉・紀州・大和に至る広域を一つにまとめ上げることができるのではないかという思惑であったのかもしれません。しかしそのような思いつきは、結局思いつきでしかありませんでした。

 六角定頼が首を縦に振らなかったのです。細川晴元の妻は転法輪三条家出身ではありましたが、六角定頼の養女として輿入れしておりました。すなわち、六角定頼は細川晴元の岳父の立場にいたわけです。細川氏綱が晴元よりましな存在であったとしても、六角定頼は晴元を通して種々特権を得ていました。それを最初からやり直すことは面倒であったようです。
 足利義晴とて六角定頼を敵に回して細川晴元と合戦などできません。これを懐柔する為に、自ら近江坂本に下ってそこで嫡男菊童丸を元服させ義藤(後の義輝)と名乗らせた上で将軍職を譲り、自らは大御所となります。そして六角定頼には義藤の烏帽子親の栄誉とともに管領代の地位を与えました。足利義晴は細川晴元に右京兆は名乗らせても管領の肩書きを使わせませんでした。六角定頼は三管四職の家柄ではありませんので、管領はおろか京職についた前例もありません。それを管領代にするということは、事実上細川晴元の上に位置付けたに等しい行いでした。そして、この管領代という肩書きは六角定頼もぜひ得ておきたいものでもあったのです。

 その理由は、細川晴元が都落ちしてから再び比叡山延暦寺が騒ぎ出していたことにありました。延暦寺は洛中の法華宗寺院をことごとく延暦寺の末寺に組み込みたかったのです。天文法華の乱後、延暦寺は幕府に対して洛中法華寺院の寺地を延暦寺に引き渡すよう要求していました。それに対して幕府は総論として賛成しても、個別事情ですぐには進められないという立場をとっていました。要するに幕府は首を縦に振らずにぶらかしの態度に出たわけです。幕府にしても洛中に山法師が蟠踞する事態は避けたかったものと想像します。その隙に後奈良天皇が法華宗徒赦免の宣旨を出してしまって堺から次々と法華商人が復帰して京の町が復旧してゆくのを延暦寺宗徒は指をくわえてみているほかありませんでした。実際、明応の焼き討ち以降、延暦寺山上施設の復旧はあまり進んでいません。宣旨が出た以上法華宗徒の帰還は認めざるを得ないが、その条件として天文法華乱の『勝者の取り分』を目に見える形で勝ち取りたかったのです。その為には法華寺院が延暦寺の末寺となって延暦寺復旧の財源となってもらうこと必要がありました。細川晴元は機嫌を損ねると門徒衆だろうと法華宗だろうと武力行使するあるいみ厄介な存在です。しかしもはや京にいません。足利義晴は北白川の勝軍山城の改築に寺社の支援を要請してきていました。洛中法華衆は既成事実を積むためにこれに協力する態度にでて初めてその堪忍袋の緒が切れたというところが実態であったのでしょう。

 しかし、この時の京都には当事者能力を持っているものが誰一人いませんでした。六角定頼は天文法華の乱で京の町衆を殺戮した前科があり、堺から復帰した町衆との関係修復もあまり進んでおりませんでした。ここで仲介に立つことで彼が得ていた湖上水運の利権を京の復興に活かすことでより大きな利権に育てることも想定できたでしょう。但し、六角家は法華宗と延暦寺との仲裁を行いうる肩書きは何一つ持っておりませんでした。先に述べた通り六角家は三管領四職ですらありませんし、本来であれば代々の当主は延暦寺を本山として仰ぐ天台宗徒であり、口をさしはさむ余地はありません。なので、ここで管領代の肩書きを将軍から与えられたということは、法華宗徒・延暦寺抗争に仲介する資格を与えられたに等しかったわけです。天文法華の乱の直前においても六角定頼は延暦寺と法華宗徒の仲介を試みたことがあったのですが、その折はその仲介が破談になった折には延暦寺に味方するようにと公方・右京兆から釘を刺されていた状況下での仲介でした。しかし、今回は完全にフリーの立場で仲裁することができたわけです。

 京の町衆は室町殿に対しては、勝軍山城改修命令に従うなど協力的な態度でした。それを受けて室町殿本人は上洛してきた上野玄蕃頭元治を迎え入れ、六角定頼とともに新しい時代のグランドデザインを作るつもりだったかもしれません。しかし、京の町衆達はそのような立場には立っていませんでした。
 1547年(天文十六年)正月十一日に上洛した上野勢が洛中の一条家の土地から地子銭を徴収しようと押し入ります。山科言継ら公家仲間が郎党を引き連れてそれを阻止しようと駆け付けたところ、同僚の貴族の郎党だけでその数二百まで膨れ上がり、上京中の地下の輩も一条家への合力を約束した、と山科言継の日記にあります。結局天龍寺末の鹿王院の斡旋で事なきを得ますが、京の上下の反応はこの上野玄蕃に対して非常に厳しいものでした。天文法華の乱の直前に上野玄蕃頭は上洛戦を試みたことがあり、その折には京の町衆が自らの力だけで団結して撃退したことがありました。その時、京の町には将軍も管領もいなかったのです。そこで培われた独立自尊の精神は尚、京の町衆の中に生きておりました。

 六角定頼はそんな町衆達の気概もくみ取りながら、被官の進藤貞治・平井高好を派遣して延暦寺と法華宗徒の仲裁を開始します。それと同時期に一時は摂津越水城まで逃げ延びていた細川晴元が摂津で反撃を開始します。足利義晴も勝軍山城に自ら入り、細川氏綱支持を明確に宣言しました。合戦の到来の予感に法華宗徒は妥協を行い、日吉祭礼費用の名目で礼銭を拠出することを申し入れます。延暦寺が真に欲していたのは復興の為の財源であって、宗論や折伏が大好きな法華僧侶達を差配するつもりはなかったようで、延暦寺も末寺化の要求を取り下げ、和解が成立しました。とは言え、町衆も気が気ではなかったことも言えます。和解のなったその翌週には細川晴元・三好長慶の連合軍が摂津池田・芥川両城を落としたのでした。芥川城は摂津・山城国境にほど近い位置です。細川晴元は天文法華の虐殺を法華退治と言い放ち、彼が率いる三好軍はかつて何度も京を侵略しようとした「悪の軍団」でした。正直何をされるかはわからない状況でもありました。

Photo
※国土地理院地図(https://maps.gsi.go.jp/)を加工

 和睦妥結の翌月七月十二日に細川晴元が差し向けた丹波衆が上洛し、相国寺に入ります。ここまで管領代六角定頼は抵抗らしいことは何もしませんでした。町衆も抗戦することなく、粛々と上洛できたのです。その上で六角定頼は細川晴元方に寝返ります。この機会主義的行動は六角定頼の面目躍如でしょう。その結果、足利義晴は勝軍山城に孤立してしまいます。足利義晴は抵抗らしい抵抗もすることができず、せっかく改修した勝軍山城を自焼きして近江坂本に落ち延びざるを得ませんでした。河内には遊佐長教が健在ですので、ここをやり過ごせば細川晴元も再び河内に目を向けることになることに期待をしてのことでした。
 天文法華の乱において京の町衆虐殺に実働したのは六角定頼の手勢でした。細川晴元の命令であったとはいえ、それは手ひどい経済的損失であったし、六角定頼自身も京の町衆の恨みを買うことになりました。今回再び京の町が火の海に包まれそうになった危機を救うことで、定頼も幾分かの汚名を返上ができた気分だったのではないかと思われます。

Photo_2

|

« 中漠:晴天航路編⑱堺がもたらしたものが細川晴元を奔らす | トップページ | 中漠:晴天航路編⑳勝軍山城の陣Ⅱ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164985/66534996

この記事へのトラックバック一覧です: 中漠:晴天航路編⑲勝軍山城の陣Ⅰ:

« 中漠:晴天航路編⑱堺がもたらしたものが細川晴元を奔らす | トップページ | 中漠:晴天航路編⑳勝軍山城の陣Ⅱ »