« 2018年5月 | トップページ

2018年6月16日 (土)

中漠:晴天航路編㉚晴天航路編年表

本編のおまけとして関連年表を付けます。

1520年(永正十七年)__五月__五日_等持院合戦。細川高国、三好之長を下して京を奪還する。
1521年(永正十八年)__三月__七日_足利義稙、京を出奔。
_____________二十二日_後柏原天皇、即位の礼を挙行。
1521年(大永_元年)__八月二十_日_大永に改元
__________十二月二十五日_足利義晴、将軍職に就く。
1527年(大永_七年)__二月_十二日_桂川原合戦。細川高国、足利義晴と共に敗れて京を脱出する。
_____________二十二日_足利義維、堺上陸。
__________十_月_____細川高国、越前朝倉宗摘とともに再上洛。
1528年(大永_八年)__三月_____越前軍帰国。
___________五月_____細川高国、再び近江に逃れる。
___________七月_____三好元長、京都守護代になる。
1529年(享禄_二年)__八月_十_日_三好元長、京で柳本賢治と争い阿波に帰る。
1530年(享禄_三年)__五月_____織田達勝、三千騎を率いて上洛する。
___________六月二十九日_播磨国依藤城攻囲中の柳本賢治、暗殺される。
___________七月__六日_細川高国、備前より出陣。
_____________二十七日_浦上村宗、別所就治が治める諸城を攻略し、播磨国を統一。
__________十一月_____木澤長政、京防衛の任につく。
1531年(享禄_四年)__二月二十一日_三好元長、一万五千の兵で堺再上陸。戦線復帰する。
___________三月__七日_京を守っていた六郎派の木澤長政、京を放棄。
______________十_日_摂津住吉で細川・浦上連合軍と三好軍が小競り合い。
_____________二十五日_細川持隆、三好元長の援軍として八千の兵を率いて堺上陸。
___________五月_十三日_持隆・三好軍、摂津の国住吉で攻勢に出る。中嶋合戦。
__________________高国・浦上連合軍、南摂津に陣をはる。
__________閏五月__九日_加賀三 ヶ寺、超勝寺討伐を令す。大小一揆勃発。
___________六月__二日_赤松政村、摂津国神呪寺に陣を張る。
___________六月__四日_大物崩れ、細川高国敗北。この四日後自害。
__________________この月、本願寺が超勝寺方につき、実円、加賀三ヶ寺討伐軍を催す。
___________七月二十四日_木澤長政、細川尹賢を殺害する。_
__________十一月_____加賀三ヶ寺全て陥落。
1532年(享禄_五年)__一月二十二日_柳本甚次郎、京三条にて三好元長に討たれる。
___________三月__二日_阿波守護細川持隆、阿波に帰国する。
___________五月_十九日_畠山義堯、三好一秀と合流して木澤長政の籠る飯盛山城を攻める。
___________六月_十五日_畠山義堯、攻囲中の飯盛山で一向門徒衆に襲撃され、敗死。
_____________二十_日_一向門徒衆、堺顕本寺を襲撃。三好元長を自害に追い込む。
___________七月_十七日_門徒衆が暴走して興福寺を焼く。
_____________二十三日_足利義晴、京の法華衆に反一揆の行動を要請。
1532年(天文_元年)____二十九日_天文に改元。
__________________この月、一揆勢大和国高取城に拠る越智勢を攻撃。
___________八月__二日_細川六郎、一揆勢を敵と認定。
_______________四日_木澤長政、細川六郎方につき、浅香道場を焼打ちする。
_______________五日_下間刑部太夫ら門徒衆、堺を襲うも木澤長政が撃退。
__________________下間刑部、討死。
__________________この日、本願寺門徒、摂津国池田城を包囲する。
_______________七日_柳本信堯及び柳本家臣山村正次、洛中法華宗徒を率い、
__________________東山で打ち回りを行う。
______________十_日_洛中一向宗寺院、山村正次らに焼き払われる。
______________十二日_柳本・山村、六角定頼連合軍、大津顕証寺を焼き払う。
__________________蓮淳、伊勢願証寺に避難。
______________十七日_東山で本願寺門徒と一宮・柳本・法華宗徒が衝突。
__________________門徒衆敗退する。
______________十九日_摂津国富田の門徒衆、山城国西岡に出兵するも敗れる。_
_____________二十三日_六角定頼と洛中法華宗徒、山科本願寺を襲う。
_____________二十四日_山科本願寺陥落。
_____________二十七日_証如、石山御坊に移る。
__________________この月、足利義晴、朽木谷を出て桑実寺に移る。
___________九月__末日_山崎で合戦。摂津国衆が一揆方につき柳本衆敗北。
__________________柳本衆解体へ至る。
__________十_月__二日_紀州一向衆が摂津・和泉に進出。木澤長政を追い散らす。
__________十一月_____加賀から帰還した下間頼盛、伊勢に潜伏。
______________十_日_法華衆一万、洛西の安井・木辻・常盤の土一揆対抗して放火。
__________十二月二十四日_摂津国衆が富田教行寺他、摂津の本願寺教団寺院を焼く。
1533年(天文_二年)__一月__二日_一揆勢、摂津国大物にて松井宗信と戦闘。
______________十四日_洛中法華衆、摂津国山田(千里丘)を攻撃。
___________二月_十_日_紀州の本願寺門徒、堺を陸海から襲撃。
__________________細川六郎、淡路に落ちる。
______________十八日_洛中法華衆、検断を行い、妙顕寺放火犯三名を生害。
___________三月__五日_一揆勢、摂津伊丹城を攻囲。
__________________この月の末、木澤長政・洛中一揆勢、伊丹城の囲みを解く。
___________四月__七日_細川六郎、摂津池田城に入る。
__________________同日、法華衆、洛東声聞師村に放火___
_____________二十六日_洛中法華宗徒、石山御坊に向けて出陣。
__________________総勢一万、うち騎兵四百騎
___________五月_____細川高国の弟、晴国、本願寺方に協力して高雄に挙兵する。
__________________この月、法華衆他、六郎方、石山御坊の膝下に迫る。
___________六月__五日_足利義晴、丹波で波多野勢と戦った赤澤景盛を賞す。
______________十八日_細川晴国方の上野玄蕃頭、六郎方の薬師寺国長を討ち取る。
_____________二十_日_三好千熊丸の仲介で本願寺と幕府が和睦。
_____________二十二日_この日以前、本願寺内で常桓浪人衆(細川高国遺臣)が武闘に及ぶ。
___________七月_____証如、石山御坊を本願寺と号する。
__________________この月、伊勢潜伏中の下間頼盛、本願寺に帰還。
___________八月_____興正寺衆、石山に駐留。
__________________三好千熊丸、摂津国御園で本願寺継戦派と戦う。
__________________西美濃十ヶ所寺、石山本願寺支援に馳走する。
___________九月_____三好勢、一揆方の河原林・薬師寺と戦い、摂津国越水城を奪回。
__________十_月二十二日_細川晴国勢、山城西院に至り、法華衆と合戦。
__________________この月、六郎方の赤澤景盛、八郎晴国方に敗れて討死。
__________________摂津国御厨にて木澤・大和衆が打ち回り。
__________十一月二十八日_本願寺報恩講。大群衆が集う。
__________十二月_____下間頼秀、方針対立で失脚。本願寺を離山。弟頼盛が代行する。
1534年(天文_三年)__一月_____畠山稙長弟、基信が石山方につき、遊佐知々世、陣立て。
___________二月_____摂津国三宅氏、門徒になる旨の文書を本願寺に差し出す。
__________________木澤勢、御厨屋・杜河内・高津・渡辺を攻撃。
__________________南山城潜伏中の下間頼玄(頼秀、頼盛の父)、本願寺入山。
___________三月_十二日_下間頼盛、殿原・与力衆、証如を人質に榎並に退去。数日後帰還。
___________四月__四日_下間頼玄、飛騨国蓮照寺に動員の書状を出す。
__________________越智・木澤勢、大和国吉野郡本善寺(本願寺教団)を攻落す。
___________五月二十九日_証如、下間頼盛、和睦を破棄。本願寺再び蜂起する。
___________六月__五日_三好伊賀(連盛)・久介、本願寺に与同して摂津国野田に陣取る。
_____________二十_日_三好伊賀(連盛)方の友松軒、河内国八尾に打ち廻り。
_____________二十六日_三好伊賀(連盛)・下間頼永勢、摂津国椋橋に入城。
__________________この月、吉野一向衆、金峯山寺を焼き落とす。
___________七月二十六日_下間源次の部屋にて陣立て実施。
_____________二十九日_下間頼桂、中島乱にて討死。
___________八月_十一日_三好伊賀(連盛)、細川六郎方伊丹衆と北中嶋で戦う。
__________________この月、遊佐長教・木澤長政、本願寺に与した畠山稙長を紀州に追放。
__________________弟の畠山長経を立て、河内国の実権を握る。
___________九月_十_日_畠山稙長派の丹下盛賢、石山入城。
__________十_月_十一日_丹下盛賢、杜河内に陣取る。
______________十三日_上野玄蕃頭、大融寺・河内せさ堂に陣取。下間頼盛、薬師寺次郎左衛門合流。
______________十九日_三好伊賀・下間頼盛勢、灘太に侵入した三好政長を破る。
__________________同じく、伊丹・池田・三好政長勢と戦う。
_____________二十_日_頼盛・上野勢、杜河内南方で合戦。
_____________二十一日_三好伊賀(連盛)・下間勢、昆陽庄を焼く。
_____________二十五日_三好伊賀(連盛)・下間勢、西宮で三好政長を破る。政長、越水に退却。
__________________この月末、三好伊賀守連盛、木澤長政の仲介で三好政長と和睦。
__________十一月_十三日_下間頼盛、八尾・萱振を焼く。
_____________二十八日_本願寺報恩講。興正寺、正式に赦免され翌月紀州に下向。
__________________この月、木澤勢、越智氏と大和で戦い敗退。
1535年(天文_四年)__三月二十五日_下間頼盛、本願寺を退出。
___________四月__七日_河内高屋衆蜂起。下間頼盛ら出陣。
___________四月__九日_蓮淳、石山本願寺に入山。
__________________この頃、蓮如の娘祐心(中山宣親妻)、仲直りのために本願寺を訪問。
___________五月三十_日_河内高屋衆、河内八ヶ所へ侵入。
___________六月_十_日_一揆方が守る杜河内、長田、稲田が陥落する。
______________十一日_一揆方が守る天王寺、高津、渡辺、津村が焼かれる。
______________十二日_本願寺勢大敗。後奈良天皇これを「本願寺滅亡」と記す。
______________十七日_本願寺救援のため、紀州雑賀衆三百が石山入城。
_____________二十五日_紀州門徒衆、興正寺衆とともに石山入城。
___________七月二十六日_摂津国人茨木某、細川六郎方に寝返り吹田を焼く。
___________九月_____興正寺、教行寺ら、摂津通路閉鎖を解除する。
__________________本願寺、三宅氏を仲介として人質を出す。
__________________下間頼玄に代わり、頼慶、筆頭奏者になる。
__________十一月_____本願寺と幕府との和議が正式に成立。
__________十二月__五日_守山崩れ。松平清康、阿部弥七郎に斬殺される。
1536年(天文_五年)__一月二十_日_木澤長政、本願寺で証如と面会。
__________________自らを大和守護とし、還住支援を約束。
___________三月_____この月、三好伊賀、細川八郎・下間頼盛らが籠る摂津中島を攻めるも敗北。
___________六月二十二日_下間頼玄、没す。
_____________二十六日_木澤長政、信貴山城を築城という。(天文日記)
___________七月二十七日_三好千熊丸、本願寺派の籠る摂津中島を攻略。
___________八月二十九日_細川八郎(晴国)、細川晴元の意を受けた三宅国村の裏切で天王寺にて自害。
1537年(天文_六年)十二月__七日_木澤長政、大和法隆寺より段銭を徴収。
1538年(天文_七年)________この年、木沢長政・遊佐長教、河内国を畠山弥九郎・在氏体制にする。
1539年(天文_八年)__一月二十五日_三好長慶、河内十七箇所代官職を巡り、細川晴元と対立。
___________三月二十_日_下間頼秀、近江で暗殺される。
__________閏六月_十七日_細川晴元、洛西の高尾に退去
___________七月_十四日_三好長慶、三好政長と妙心寺近辺で小競り合いをする。
_____________二十一日_下間頼盛、堺で暗殺される。
_____________二十八日_三好長慶、細川晴元と和睦して、京より撤退、摂津越水城に退く。
___________九月_____堺法華宗、京への還住を求めるが、幕府これを拒否。
1540年(天文_九年)__六月__六日_近江堅田本福寺の明宗、寂す。
1541年(天文十_年)__七月_____木澤長政、南山城笠置城を修築し、ここを拠点とする。
___________八月_____この月、木澤長政、遊佐長教と諮り、尾州畠山長経を弑殺する。
__________________同月、摂津一庫城を三好長慶、波多野秀忠が攻める。
__________________木澤長政、一庫城主塩川政年を援ける。
__________十_月__二日_三好長慶、一庫城攻囲を解き、越水城へ帰陣。木澤長政、追撃。
______________十一日_木澤長政、幕府を脅迫。細川晴元、北岩倉へ、足利義晴、慈照寺に避難。
__________十一月_十八日_伊賀守護仁木某伊賀・甲賀者と伴に笠置城を攻めるも、二日後撃退される。
__________十二月__八日_細川晴元、木澤長政討伐の為に摂津芥川へ出陣。
1542年(天文十一年)__三月__八日_遊佐長教、木澤党の斎藤山城親子を暗殺。
______________十_日_尾州畠山弥九郎、木澤派拠点の信貴山城へ逃亡。
__________________尾州畠山稙長、復帰する。
______________十七日_大平寺合戦、木澤長政、三好長慶と遊佐長教に討ち取られる。
__________十一月_十四日_後奈良天皇、洛中法華一揆の赦免の宣旨を発行。
__________十二月_____細川氏綱、畠山稙長の支援を得て和泉国槇尾寺にて蜂起。
1543年(天文十二年)__六月_____武田信虎、京に上る。後、石山にて本願寺証如と面会。
___________七月二十五日_細川氏綱、堺を攻撃するも、細川元常勢に撃退される。
___________八月__九日_武田信虎、奈良遊歴。
______________十五日_武田信虎、駿河に戻る。
__________________この月、細川氏綱、摂津住吉に転戦。三好長慶、これを破る。
__________十_月_____細川氏綱、和泉菱木に転戦、和泉細川元常これを破り、氏綱山間部に逃亡。
1544年(天文十三年)__五月_____三好政長、家督を政康に譲り、出家して宗三と名乗る。
___________六月_十八日_石山本願寺、三好長慶に亡父十三回忌の費用を贈る。
___________八月_____細川晴元、三好長慶被官和田某を不義密通の罪で鋸引き刑に処す。
1545年(天文十四年)__五月_十五日_尾州畠山稙長、没。
__________________この月、三好長慶、氏綱派寺田氏を追って南山城に出兵。
___________七月_____三好長慶、氏綱方内藤国貞が守る丹波世木城を陥落させる。
1546年(天文十五年)__八月_十六日_三好長慶、遊佐長教退治のため、和泉堺に入る。
______________十九日_遊佐長教、堺を包囲。
_____________二十_日_三好長慶、堺商人の仲介で、堺を脱出。
___________九月_____この月、三宅国村、池田信正ら摂津国人、氏綱方に帰参。
__________________遊佐長教、山中又三郎が守る摂津大塚城を落とす。
______________十三日_氏綱方の上野玄蕃頭元治、上洛。
__________________足利義晴、慈照寺に入り、細川晴元、丹波神尾山城に脱出。
______________十八日_芥川孫十郎が守備する摂津芥川城、和睦開城。薬師寺元房が入る。
__________十一月_十三日_細川晴元、丹波神尾山城から摂津神呪寺に移動。
__________________この月、足利義晴、北白川の勝軍山城を改修。
__________十二月_十九日_足利義晴、近江坂本で嫡男菊童丸を元服させ義藤(後の義輝)と名乗らせる。
_____________二十_日_足利義藤(義輝)、将軍職を継承。六角定頼、管領代になる。
1547年(天文十六年)_正月_十一日_上野玄蕃頭元治、一条家より地子徴収を試み、上京中地下之輩の反発を招く。
___________二月二十_日_三好長慶・義賢兄弟、摂津原田城を陥落させる。
_____________二十二日_三好長慶、摂津三宅城を陥落させる。
__________________この月、六角被官進藤・平井が叡山・法華の仲介交渉を始める。
_____________二十五日_阿波平島の足利義維、上洛の斡旋を本願寺証如に依頼。
___________三月二十九日_足利義晴、勝軍山城に入り、細川氏綱支援を宣言。
___________六月_十七日_延暦寺・法華宗の和議成立。
_____________二十五日_三好長慶、細川晴元、摂津芥川城・池田城を奪還。
___________七月_十二日_細川晴元軍、上洛して相国寺に陣する。六角定頼、細川晴元方につく。
______________十九日_足利義晴、勝軍山城を自焼きして近江坂本に落ち延びる。
_____________二十一日_舎利寺合戦。三好・六角軍、細川氏綱・遊佐長教と戦って勝利。
__________閏七月__一日_足利義晴、京に戻る。
__________十一月__三日_足利義維、堺に入る。
_______________四日_本願寺証如、前関白九条稙通を通じ、足利義維に銭千疋を贈る。
__________十二月__一日_本願寺証如、足利義維が淡路に去ったことを知る。
1548年(天文十七年)_四月二十七日_六角定頼の仲介にて三好長慶、遊佐長教講和。
__________________後、三好長慶、遊佐長教の娘を娶る。
___________五月__六日_細川晴元の命により池田信正、切腹。三好宗三の外孫、池田長政が継ぐ。
___________八月_十一日_池田家騒動。池田家中の宗三系家臣が追放される。
______________十二日_三好長慶、細川晴元に三好宗三の誅殺を要求する。
__________十_月二十八日_三好長慶、摂津越水城にて細川晴元に反旗を翻す。
__________________月末までに摂津国衆の大半は三好長慶方につく。
1549年(天文十八年)_正月二十二日_摂津芥川城の芥川孫十郎、三好長慶に状況報告の書を送る。
_____________二十四日_三好宗三、丹波より南下して摂津池田城に放火。
___________二月_十一日_三好宗三、武野紹鴎、津田宗達、江州源六らを茶会に招く(天王寺屋会記)
______________十二日_津田宗達、三好宗三らを茶会に招く
______________十三日_武野紹鴎、三好宗三らを茶会に招く
______________十八日_三好長慶、遊佐長教と堺で会合。
___________二月下旬___三好宗三、摂津柴島城を占領。
_____________二十六日_三好長慶、安宅冬康と共に尼崎に布陣。遊佐長教、河内十七箇所を占領
___________三月__一日_三好長慶、柴島城を奪い返す。後、榎並城の包囲に加わる。
___________四月二十六日_細川晴元、摂津一庫城に入る。
_____________二十八日_細川晴元、摂津武庫郡に放火。
___________五月__一日_三好宗三、摂津富松城(尼崎近辺)を包囲。
_______________五日_三好宗三、摂津三宅城を占領する。
______________十七日_本願寺証如、細川氏綱に馬・太刀を贈る。
_____________二十八日_細川晴元、三宅城に入る。
___________六月_十一日_三好宗三、摂津江口城に着陣。
______________十七日_安宅冬康、十河一存、摂津別府村を占拠。江口への糧道が断たれる。
_____________二十四日_江口合戦にて三好宗三、三好長慶に討たれる。
__________十_月_十八日_足利義晴、慈照寺の裏山に中尾城を築城着手する。
1550年(天文十九年)__三月__七日_足利義晴、近江国穴太に移る。
___________五月__四日_足利義晴、没。
___________六月__九日_細川晴元、足利義藤、中尾城に入る。
______________十四日_東山合戦。小競り合いだが初めての鉄砲での戦死者がでる。
__________十_月二十_日_三好軍再上洛。小競り合い在あ。
__________十一月二十一日_足利義藤、中尾城を自焼きして堅田に逃れる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 9日 (土)

中漠:晴天航路編㉙晴天已に死す

 我慢の人である三好長慶が三好宗三を討って得たものは、細川晴元の徹底的な拒絶でした。細川晴元は京に戻るや否や大御所足利義晴と将軍足利義藤を連れて近江国朽木に逃れ徹底抗戦の構えに出ます。これ、三好軍がまだ上洛すらしていない段階でそうしてしまうのですね。江口合戦の時点で六角氏の援軍が山崎まで来ていましたし、淀を押さえておけば京都を守るための戦いを構想できたかも知れません。しかし、細川晴元はこの期に及んでさえ京を守る気が全くありませんでした。

 応仁の乱が終結まで十一年もかかったように河内と摂津を敵に回した状況で京を守りきるのは結構キツイです。しかも三好長慶はつい直前まで細川家の直属軍の主力を張っていた人物です。細川晴元には使える手駒はほぼありません。戦場から三好宗三の息子の政勝が脱出してきましたので、一応の体裁は整いましたが、岳父の六角定頼と丹波国八上城にいる波多野晴通に頼らざるを得ない状況です。丹波国も八木城の内藤国貞が三好長慶と通じておりますので、決して安閑とできる状況ではありません。京にいてこれを迎え撃つことは自殺行為とも言えました。一方の三好軍は1549年(天文十八年)七月には軍を洛中に進めております。

 例によって京の街は何回目かの「三好が来る」恐慌が起きていたのではないかと想像するのですが、この時点で京の町には堺への亡命組が帰還し始めております。つまり、洛中法華十六ヶ寺と一緒に戻ってきた富裕な法華宗徒商人達です。堺は長年三好の勢力下にあって繁栄してきた街でした。早い者は還住勅許が出る1542年(天文十一年)前後から戻り始めましたが、勢いがついたのは恐らくは1547年(天文十六年)の延暦寺との和睦からでありましょう。その間の亡命生活で実際の三好氏というのは京で噂する程の悪鬼でも羅刹でもないことを実感したのだと思います。1536年(天文五年)の天文法華の乱の前日のように街には将軍も管領もいなくなっておりましたが、ここで自検断や打ち回りなどを言い出さなくなったのは、虐殺を回避するための知恵でありましょう。とは言え一つ間違えれば京の街が再び兵禍に蹂躙されることも想定されるので、京の街は緊張した空気に包まれていたことは確かでしょう。

 そんな中で三好長慶への抗戦を主張した者がおりました。大御所足利義晴です。そして東山如意ヶ嶽(大文字山)近くに城を建てることを命じました。三好氏が京に入ったと言ってもその領域は東山一帯までには及んでいなかったようです。足利義晴は桂川合戦後、長く朽木で鬱屈していたこともあり、叶わぬまでも京で戦う姿勢を見せることの大切さを心得ていたのかも知れません。翌三月に足利義晴は朽木から穴太に進出します。彼はこの時死病に罹っておりましたが、その病身を押してのことです。恐らく死期は悟っていたでしょうし、勝機のないことも知っていたでしょう。それでも足利義晴の名を三好軍に、そして洛中の人々にも思い起こさせようとせずにはいられなかったのではないでしょうか。

 そもそも足利義晴は足利義稙のせいで京を追われた足利義澄の息子で生まれも京ではなく近江の水茎岡山城でした。しかもそこには兄弟の義維もいて彼は将軍になるべくして生まれたわけではありません。父足利義澄が失意の中で死に、水茎岡山城は開城、彼の身柄は赤松義村に預けられることとなりました。しかし、赤松義村は被官浦上村宗との抗争に敗れて浦上村宗が彼を預かることになります。それまでずっと名前も覚えられない日陰者の生活でした。

 そんな彼が日の目を見るようになったのが、将軍足利義稙が管領細川高国と対立の上で出奔したことです。細川高国は足利義稙の後継として彼を見出し、新将軍義晴として擁立しました。但しこの時、足利義稙は自分の後継候補として彼の兄弟義維を指名し、彼を引き連れて阿波に落ち延びております。そういうわけで彼は将軍職を継承したものの、その正統性を欠いたまま将軍職を継ぎました。彼の立場は足利義稙の出奔で即位の礼の開催が延期しかけてブチ切れた後柏原天皇によって支持されて安定を得ますが、もし足利義稙が彼を選んでいれば、あるいは足利義稙が一人で阿波に落ち延びていれば、細川高国は誰を新将軍に選んだのか、などの正統性をめぐる問題は常に付きまとっておりました。細川高国が丹波国人との抗争に敗れて足利義晴は再び近江朽木に動座することになります。兄弟の足利義維は堺に上陸して幕府組織を作っておりました。義晴のいる朽木の幕府と義維の堺幕府のいずれが正統の幕府になるかは情勢次第でひっくり返る状況だったわけです。足利義晴は生き残りを賭けて畿内の国人衆に働きかけました。

 意外なことに細川高国を追い出した丹波国人衆であっても、足利義晴に対する感情はさほど悪いものではありませんでした。むしろ足利義維を選ぶともれなくついてくる三好元長が嫌われていて、茨木長隆、木澤長政のようにむしろ義晴に期待する武将が出始めておりました。そして彼らが書いたシナリオに細川六郎、三好政長が加わり堺幕府が瓦解します。とは言え、この時の進め方がかなり強引だったこともあって、三好宗家の遺恨を受けるとともに夥しい血が流れました。京の街も丸焼けになっております。

 それらの困難を乗り越えて足利義晴は京に戻ることができました。しかし、細川六郎には政治家としての資質はあまりありませんでした。足利義晴は六郎に偏諱を与えて晴元と名乗らせましたが、その期待に応えられる器ではなかったのです。彼は茨木長隆のシナリオに乗って三好元長を殺害させて生じた遺恨、法華宗徒が蟠踞する京の街を焼かせたことから生じた遺恨にとらわれていました。なので三好長慶が上洛のそぶりを少しでも見せればすぐに京を捨てて逃げ出します。政治は京で取られるべきものなのに京兆家当主がこれでは政局が安定するわけもありません。足利義晴は将軍職を義藤に譲って大御所となり、管領代に六角定頼を任じ六角氏を通して政治ができる体制を作りました。管領代の名のもとに叡山と洛中法華を和解させて京の町衆の安寧を保証させました。六角定頼は天文法華乱での虐殺の当事者でしたが、そんな彼が仲介者になれたのは足利義晴が管領代の資格を与えたからだと思われます。細川晴元は京兆家当主でしたが、管領と名乗ったことはありません。つまり、六角定頼は将軍の名代として和議をなしたという見方もできるわけですね。

Photo
※国土地理院地図(https://maps.gsi.go.jp/)を加工

 足利義晴はそうして繋いだ洛中の人々との関係を保身のために捨ててしまう細川晴元のやり方に異議を申し立てたのでした。但し、彼の寿命はそこで尽きていました。1550年(天文十九年)五月四日に足利義晴は亡くなります。死因は水腫とのことです。足利義晴が慈照寺裏の如意ヶ嶽近辺に立てた城は中尾城と呼ばれ、義晴の代わりに将軍足利義藤が入ってこれと対峙しますが、十一月に入って三好軍が攻勢に出て東山一帯を威圧するとともに大津・松本周辺を放火したことにより、後背が危うくなったため足利義藤は中尾城を自焼きして堅田に撤退します。それは勝軍山城の顛末と似た物でしたが、寺社地域である東山に上がった中尾城の煙は足利義晴を送る荼毘の火にも見立てられましょう。
 足利義稙に選ばれ、阿波に入って一時は堺に幕府まで作った足利義維は、後に再び堺に上陸するも不弁のまま阿波への帰還を余儀なくされました。一方の足利義晴が自らの手で差し向けた軍は最後まで京に居残ることによって室町殿としての生涯を全うすることができました。そのことによって将軍位は足利義藤に継承され、足利義晴は後世に足利十二代将軍として記憶されることになります。ワナビーとして生涯を終えた足利義維と苦渋に満ちた生涯を送った足利義晴、はたしてどちらがより幸せな人生を送れたのでしょうか。

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 2日 (土)

中漠:晴天航路編㉘はてなの宗三Ⅲ

  前稿で1549年(天文十八年)二月十一日~十三日に三好宗三が茶会に参加したという記録は、足利季世記・細川両家記が語る江口合戦における合戦経過と矛盾する旨、書きました。足利季世記・細川両家記よりも天王寺屋会記の方を疑う根拠は極めてシンプルなものです。天王寺屋会記の1561年(永禄四年)六月二十四日に津田宗達が三好宗三のために十三回忌を偲ぶ茶会を開いているのですね。三好宗三と堺商人との間に深い絆があったことを示す記事ではあるのですが、私は逆にこの記事に違和感を抱きました。念のために三回忌にあたる1551年(天文二十年)、七回忌にあたる1555年(天文二十四年)の記事を調べてみたのですが、そこには天王寺屋会記には三好宗三に関する記事は何もありません。併せて天文十八年以前に三好宗三と堺衆とのつながりを示す史料も私自身は目にしておりません。天王寺屋会記自体の書き起こしも天文十八年から始められております。1549年(天文十八年)の茶会記事から1561年(永禄四年)の十三回忌回向の茶会までの期間において天王寺屋会記が三好宗三について言及したのは、1550年(天文十九年)三月九日に河原九郎兵衛という人物が亭主を務めた茶会に津田宗達が出席した折に、使われた伊勢天目が三好宗三からのものであると記されているのみです。宗三を経て名物となった茶器は数多くあるようですが、この天目茶碗についてはどうも名物扱いされていないようです。

 ただ、付き合いはあったものの三好宗三は三好長慶に討たれたのですから、津田宗達は三好長慶に遠慮したかもしれないとも考えられなくはありません。しかし、十三回忌の年は前年に十河一存が亡くなっているものの、三好長慶政権はまだ健在です。おかしくなり始めるのは翌年三好実休(之虎)が久米田合戦で戦死して以降で三好長慶の政権自体は1564年(永禄七年)に長慶が病死するまで続きます。津田宗達ら堺商人と三好長慶らとの付き合いは1551年(天文二十年)に始まっており、天王寺屋会記にもしばしば三好実休(出家前は豊前と記載)らを初めとして、三好長慶、安宅冬康、松永久秀ら三好政権の中枢部との茶会記事が載せられておりますし、一番付き合いのあった三好実休に対しては三回忌回向の茶会を開いていて、長慶死後も三好三人衆らとの茶会は織田信長上洛まで続いています。但し三好実休の七回忌回向や十三回忌回向をやった形跡はありませんし、1549年(天文十八年)二月十一日時点で三好宗三の手元にあった松島壺はどのような手段で息子の三好政勝の手に渡ったのか、政勝は江口合戦の敗北後榎並城を脱出したのですが、その脱出に松島壺を伴って逃げたのか、さらにその後三好政勝は京・近江・丹波を転戦することになるのですが、三好・畠山の勢力下にあった堺にいた武野紹鴎が1555年(弘治元年)十月二十九日に亡くなるまでにどのような手段で接触して松島壺を託したのか、突っ込みどころは結構多いです。

 上記のことを総合して推測するなら、1549年(天文十八年)二月十一日~十三日に三好宗三と堺商人(津田宗達、武野紹鴎他)らが行った三日連続の茶会は実際にはなかった可能性があります。過去記事で夢窓疎石の相国寺開山や華叟宗曇の大徳寺住持就任など、実際にはありえない開山・住持就任記録が寺伝に残ることがあることを触れましたが、その多くの動機は弟子が師を称揚し、自らの権威づけをすることにありました。それに似たような動機でこの記事がねじ込まれたと考えられます。堺の商人にもこの記事を書いて後世に残さねばならない事情があったのではないでしょうか。

 その動機についてはやはり、1568年(永禄十一年)十月の織田信長の上洛にあったと私は考えます。この時、松永久秀は三好三人衆と対立しておりました。三好三人衆が京から追い払われた後、信長のもとに松永久秀は織田方への旗幟を鮮明にすべく、伺候します。この時、堺商人今井宗久も随行しております。この時の今井宗久は堺衆の利益代表として信長への恭順の意を示しに来ておりました。松永久秀と今井宗久は織田信長の歓心をいかにして買うかに腐心しておりました。松永久秀は武将であれば、武功を示すことでその信を買うことはできます。しかし、堺商人が鉄砲調達や米などの物資を要求されるのは困ることでした。そんなコストを上乗せされれば、彼らの商売の邪魔になります。この時、今井宗久は岳父武野紹鴎より松島壺を譲り受けておりました。伝では三好宗三のものであったものを三好政勝(政康)が受け継ぎ、武野紹鴎が手に入れたらしい。今井宗久は信長にこの茶壺を贈ることで、茶道具マニアに育てて高額な茶器を彼経由で流通させることで戦費負担軽減を策します。松永久秀も同意して天文法華の乱中に散逸していた所を手に入れた九十九茄子という茶器を提供することにします。しかし、その当時茶道の素養がなかった信長に興味を持たせるためには何らかの手段で彼の関心を引く必要があります。そのために持ち出されたのが、三好政長であったのではないでしょうか。信長は今川義元を討ち取った時にその佩刀を戦利品として常に手元においておりました。その刀の出所は三好政長が武田信虎を通して今川義元に与えたものでした。織田信長は義元左文字を愛用しておりましたから、同じ三好政長(宗三)が好んだ品物として差し出せば興味を引くと踏んだのでありましょう。しかし、堺衆は三好実休をはじめとする人々との交流はありましたが、肝心の三好宗三とのコネクションは本当はなかった。それ故、宗三が死ぬ前に武野紹鴎が三好宗三と逢い、三好宗三が松島壺を所持していたということと、死後も宗三の死を悼んでいたことを後付けてよいので記録に残しておく必要があったのでしょう。

 松島壺は現存していませんが、伝によると釉薬のムラが瘤のように盛り上がっている特徴があったと言います。それを松島の絶景に例えることで興を生んだわけですが、景徳鎮の白磁や高麗青磁のようなシンメトリーの美を理想とする作陶者にとっては見た目に難のある不良品に過ぎません。それは湯を飲むための茶碗でありながら傷もないのに湯が洩るという「はてなの茶碗」にも見られる不具合です。目利きや数寄者がその不完全性を興と認め、織田信長のような権力者(はてなでは帝や関白)がその価値を裏打ちすることによって名物と呼ばれる財宝に化けたのです。現在、三好宗三という人物は将軍家から受け継いだ東山御物の宝物を自らのコレクションに加えていた美術蒐集家として有名ですが、その実態については精密な検証が必要であるように私は思います。そしてもし史実の三好宗三が巷間言われているような数寄者でないとすれば、数寄者としての三好宗三のイメージは堺商人の手によるビジネスモデルが生み出したものと言えるでしょう。これはあくまでも仮説で、今後どこかで間違いに気づいて修正することもあるかもしれません。

 実際に織田信長は今井宗久ら堺商人の意図を組んで、自らが名物マニアになるだけではなく、家臣たちにも名物を分け与え、流通させるようになります。その流通に関与することで堺商人は莫大な財産をえることになります。別稿で記すつもりですが、そこに大徳寺はがっちり食い込み林下の隆盛につながることになるのですが、それは既に宗教が求める求道とは別物でした。求道とは異なる次元で銭が流通し価値ある財が育つことによって近世の扉が開かれることになるのです。

Photo_7


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ