« 中漠:晴天航路編㉙晴天已に死す | トップページ

2018年6月16日 (土)

中漠:晴天航路編㉚晴天航路編年表

本編のおまけとして関連年表を付けます。

1520年(永正十七年)__五月__五日_等持院合戦。細川高国、三好之長を下して京を奪還する。
1521年(永正十八年)__三月__七日_足利義稙、京を出奔。
_____________二十二日_後柏原天皇、即位の礼を挙行。
1521年(大永_元年)__八月二十_日_大永に改元
__________十二月二十五日_足利義晴、将軍職に就く。
1527年(大永_七年)__二月_十二日_桂川原合戦。細川高国、足利義晴と共に敗れて京を脱出する。
_____________二十二日_足利義維、堺上陸。
__________十_月_____細川高国、越前朝倉宗摘とともに再上洛。
1528年(大永_八年)__三月_____越前軍帰国。
___________五月_____細川高国、再び近江に逃れる。
___________七月_____三好元長、京都守護代になる。
1529年(享禄_二年)__八月_十_日_三好元長、京で柳本賢治と争い阿波に帰る。
1530年(享禄_三年)__五月_____織田達勝、三千騎を率いて上洛する。
___________六月二十九日_播磨国依藤城攻囲中の柳本賢治、暗殺される。
___________七月__六日_細川高国、備前より出陣。
_____________二十七日_浦上村宗、別所就治が治める諸城を攻略し、播磨国を統一。
__________十一月_____木澤長政、京防衛の任につく。
1531年(享禄_四年)__二月二十一日_三好元長、一万五千の兵で堺再上陸。戦線復帰する。
___________三月__七日_京を守っていた六郎派の木澤長政、京を放棄。
______________十_日_摂津住吉で細川・浦上連合軍と三好軍が小競り合い。
_____________二十五日_細川持隆、三好元長の援軍として八千の兵を率いて堺上陸。
___________五月_十三日_持隆・三好軍、摂津の国住吉で攻勢に出る。中嶋合戦。
__________________高国・浦上連合軍、南摂津に陣をはる。
__________閏五月__九日_加賀三 ヶ寺、超勝寺討伐を令す。大小一揆勃発。
___________六月__二日_赤松政村、摂津国神呪寺に陣を張る。
___________六月__四日_大物崩れ、細川高国敗北。この四日後自害。
__________________この月、本願寺が超勝寺方につき、実円、加賀三ヶ寺討伐軍を催す。
___________七月二十四日_木澤長政、細川尹賢を殺害する。_
__________十一月_____加賀三ヶ寺全て陥落。
1532年(享禄_五年)__一月二十二日_柳本甚次郎、京三条にて三好元長に討たれる。
___________三月__二日_阿波守護細川持隆、阿波に帰国する。
___________五月_十九日_畠山義堯、三好一秀と合流して木澤長政の籠る飯盛山城を攻める。
___________六月_十五日_畠山義堯、攻囲中の飯盛山で一向門徒衆に襲撃され、敗死。
_____________二十_日_一向門徒衆、堺顕本寺を襲撃。三好元長を自害に追い込む。
___________七月_十七日_門徒衆が暴走して興福寺を焼く。
_____________二十三日_足利義晴、京の法華衆に反一揆の行動を要請。
1532年(天文_元年)____二十九日_天文に改元。
__________________この月、一揆勢大和国高取城に拠る越智勢を攻撃。
___________八月__二日_細川六郎、一揆勢を敵と認定。
_______________四日_木澤長政、細川六郎方につき、浅香道場を焼打ちする。
_______________五日_下間刑部太夫ら門徒衆、堺を襲うも木澤長政が撃退。
__________________下間刑部、討死。
__________________この日、本願寺門徒、摂津国池田城を包囲する。
_______________七日_柳本信堯及び柳本家臣山村正次、洛中法華宗徒を率い、
__________________東山で打ち回りを行う。
______________十_日_洛中一向宗寺院、山村正次らに焼き払われる。
______________十二日_柳本・山村、六角定頼連合軍、大津顕証寺を焼き払う。
__________________蓮淳、伊勢願証寺に避難。
______________十七日_東山で本願寺門徒と一宮・柳本・法華宗徒が衝突。
__________________門徒衆敗退する。
______________十九日_摂津国富田の門徒衆、山城国西岡に出兵するも敗れる。_
_____________二十三日_六角定頼と洛中法華宗徒、山科本願寺を襲う。
_____________二十四日_山科本願寺陥落。
_____________二十七日_証如、石山御坊に移る。
__________________この月、足利義晴、朽木谷を出て桑実寺に移る。
___________九月__末日_山崎で合戦。摂津国衆が一揆方につき柳本衆敗北。
__________________柳本衆解体へ至る。
__________十_月__二日_紀州一向衆が摂津・和泉に進出。木澤長政を追い散らす。
__________十一月_____加賀から帰還した下間頼盛、伊勢に潜伏。
______________十_日_法華衆一万、洛西の安井・木辻・常盤の土一揆対抗して放火。
__________十二月二十四日_摂津国衆が富田教行寺他、摂津の本願寺教団寺院を焼く。
1533年(天文_二年)__一月__二日_一揆勢、摂津国大物にて松井宗信と戦闘。
______________十四日_洛中法華衆、摂津国山田(千里丘)を攻撃。
___________二月_十_日_紀州の本願寺門徒、堺を陸海から襲撃。
__________________細川六郎、淡路に落ちる。
______________十八日_洛中法華衆、検断を行い、妙顕寺放火犯三名を生害。
___________三月__五日_一揆勢、摂津伊丹城を攻囲。
__________________この月の末、木澤長政・洛中一揆勢、伊丹城の囲みを解く。
___________四月__七日_細川六郎、摂津池田城に入る。
__________________同日、法華衆、洛東声聞師村に放火___
_____________二十六日_洛中法華宗徒、石山御坊に向けて出陣。
__________________総勢一万、うち騎兵四百騎
___________五月_____細川高国の弟、晴国、本願寺方に協力して高雄に挙兵する。
__________________この月、法華衆他、六郎方、石山御坊の膝下に迫る。
___________六月__五日_足利義晴、丹波で波多野勢と戦った赤澤景盛を賞す。
______________十八日_細川晴国方の上野玄蕃頭、六郎方の薬師寺国長を討ち取る。
_____________二十_日_三好千熊丸の仲介で本願寺と幕府が和睦。
_____________二十二日_この日以前、本願寺内で常桓浪人衆(細川高国遺臣)が武闘に及ぶ。
___________七月_____証如、石山御坊を本願寺と号する。
__________________この月、伊勢潜伏中の下間頼盛、本願寺に帰還。
___________八月_____興正寺衆、石山に駐留。
__________________三好千熊丸、摂津国御園で本願寺継戦派と戦う。
__________________西美濃十ヶ所寺、石山本願寺支援に馳走する。
___________九月_____三好勢、一揆方の河原林・薬師寺と戦い、摂津国越水城を奪回。
__________十_月二十二日_細川晴国勢、山城西院に至り、法華衆と合戦。
__________________この月、六郎方の赤澤景盛、八郎晴国方に敗れて討死。
__________________摂津国御厨にて木澤・大和衆が打ち回り。
__________十一月二十八日_本願寺報恩講。大群衆が集う。
__________十二月_____下間頼秀、方針対立で失脚。本願寺を離山。弟頼盛が代行する。
1534年(天文_三年)__一月_____畠山稙長弟、基信が石山方につき、遊佐知々世、陣立て。
___________二月_____摂津国三宅氏、門徒になる旨の文書を本願寺に差し出す。
__________________木澤勢、御厨屋・杜河内・高津・渡辺を攻撃。
__________________南山城潜伏中の下間頼玄(頼秀、頼盛の父)、本願寺入山。
___________三月_十二日_下間頼盛、殿原・与力衆、証如を人質に榎並に退去。数日後帰還。
___________四月__四日_下間頼玄、飛騨国蓮照寺に動員の書状を出す。
__________________越智・木澤勢、大和国吉野郡本善寺(本願寺教団)を攻落す。
___________五月二十九日_証如、下間頼盛、和睦を破棄。本願寺再び蜂起する。
___________六月__五日_三好伊賀(連盛)・久介、本願寺に与同して摂津国野田に陣取る。
_____________二十_日_三好伊賀(連盛)方の友松軒、河内国八尾に打ち廻り。
_____________二十六日_三好伊賀(連盛)・下間頼永勢、摂津国椋橋に入城。
__________________この月、吉野一向衆、金峯山寺を焼き落とす。
___________七月二十六日_下間源次の部屋にて陣立て実施。
_____________二十九日_下間頼桂、中島乱にて討死。
___________八月_十一日_三好伊賀(連盛)、細川六郎方伊丹衆と北中嶋で戦う。
__________________この月、遊佐長教・木澤長政、本願寺に与した畠山稙長を紀州に追放。
__________________弟の畠山長経を立て、河内国の実権を握る。
___________九月_十_日_畠山稙長派の丹下盛賢、石山入城。
__________十_月_十一日_丹下盛賢、杜河内に陣取る。
______________十三日_上野玄蕃頭、大融寺・河内せさ堂に陣取。下間頼盛、薬師寺次郎左衛門合流。
______________十九日_三好伊賀・下間頼盛勢、灘太に侵入した三好政長を破る。
__________________同じく、伊丹・池田・三好政長勢と戦う。
_____________二十_日_頼盛・上野勢、杜河内南方で合戦。
_____________二十一日_三好伊賀(連盛)・下間勢、昆陽庄を焼く。
_____________二十五日_三好伊賀(連盛)・下間勢、西宮で三好政長を破る。政長、越水に退却。
__________________この月末、三好伊賀守連盛、木澤長政の仲介で三好政長と和睦。
__________十一月_十三日_下間頼盛、八尾・萱振を焼く。
_____________二十八日_本願寺報恩講。興正寺、正式に赦免され翌月紀州に下向。
__________________この月、木澤勢、越智氏と大和で戦い敗退。
1535年(天文_四年)__三月二十五日_下間頼盛、本願寺を退出。
___________四月__七日_河内高屋衆蜂起。下間頼盛ら出陣。
___________四月__九日_蓮淳、石山本願寺に入山。
__________________この頃、蓮如の娘祐心(中山宣親妻)、仲直りのために本願寺を訪問。
___________五月三十_日_河内高屋衆、河内八ヶ所へ侵入。
___________六月_十_日_一揆方が守る杜河内、長田、稲田が陥落する。
______________十一日_一揆方が守る天王寺、高津、渡辺、津村が焼かれる。
______________十二日_本願寺勢大敗。後奈良天皇これを「本願寺滅亡」と記す。
______________十七日_本願寺救援のため、紀州雑賀衆三百が石山入城。
_____________二十五日_紀州門徒衆、興正寺衆とともに石山入城。
___________七月二十六日_摂津国人茨木某、細川六郎方に寝返り吹田を焼く。
___________九月_____興正寺、教行寺ら、摂津通路閉鎖を解除する。
__________________本願寺、三宅氏を仲介として人質を出す。
__________________下間頼玄に代わり、頼慶、筆頭奏者になる。
__________十一月_____本願寺と幕府との和議が正式に成立。
__________十二月__五日_守山崩れ。松平清康、阿部弥七郎に斬殺される。
1536年(天文_五年)__一月二十_日_木澤長政、本願寺で証如と面会。
__________________自らを大和守護とし、還住支援を約束。
___________三月_____この月、三好伊賀、細川八郎・下間頼盛らが籠る摂津中島を攻めるも敗北。
___________六月二十二日_下間頼玄、没す。
_____________二十六日_木澤長政、信貴山城を築城という。(天文日記)
___________七月二十七日_三好千熊丸、本願寺派の籠る摂津中島を攻略。
___________八月二十九日_細川八郎(晴国)、細川晴元の意を受けた三宅国村の裏切で天王寺にて自害。
1537年(天文_六年)十二月__七日_木澤長政、大和法隆寺より段銭を徴収。
1538年(天文_七年)________この年、木沢長政・遊佐長教、河内国を畠山弥九郎・在氏体制にする。
1539年(天文_八年)__一月二十五日_三好長慶、河内十七箇所代官職を巡り、細川晴元と対立。
___________三月二十_日_下間頼秀、近江で暗殺される。
__________閏六月_十七日_細川晴元、洛西の高尾に退去
___________七月_十四日_三好長慶、三好政長と妙心寺近辺で小競り合いをする。
_____________二十一日_下間頼盛、堺で暗殺される。
_____________二十八日_三好長慶、細川晴元と和睦して、京より撤退、摂津越水城に退く。
___________九月_____堺法華宗、京への還住を求めるが、幕府これを拒否。
1540年(天文_九年)__六月__六日_近江堅田本福寺の明宗、寂す。
1541年(天文十_年)__七月_____木澤長政、南山城笠置城を修築し、ここを拠点とする。
___________八月_____この月、木澤長政、遊佐長教と諮り、尾州畠山長経を弑殺する。
__________________同月、摂津一庫城を三好長慶、波多野秀忠が攻める。
__________________木澤長政、一庫城主塩川政年を援ける。
__________十_月__二日_三好長慶、一庫城攻囲を解き、越水城へ帰陣。木澤長政、追撃。
______________十一日_木澤長政、幕府を脅迫。細川晴元、北岩倉へ、足利義晴、慈照寺に避難。
__________十一月_十八日_伊賀守護仁木某伊賀・甲賀者と伴に笠置城を攻めるも、二日後撃退される。
__________十二月__八日_細川晴元、木澤長政討伐の為に摂津芥川へ出陣。
1542年(天文十一年)__三月__八日_遊佐長教、木澤党の斎藤山城親子を暗殺。
______________十_日_尾州畠山弥九郎、木澤派拠点の信貴山城へ逃亡。
__________________尾州畠山稙長、復帰する。
______________十七日_大平寺合戦、木澤長政、三好長慶と遊佐長教に討ち取られる。
__________十一月_十四日_後奈良天皇、洛中法華一揆の赦免の宣旨を発行。
__________十二月_____細川氏綱、畠山稙長の支援を得て和泉国槇尾寺にて蜂起。
1543年(天文十二年)__六月_____武田信虎、京に上る。後、石山にて本願寺証如と面会。
___________七月二十五日_細川氏綱、堺を攻撃するも、細川元常勢に撃退される。
___________八月__九日_武田信虎、奈良遊歴。
______________十五日_武田信虎、駿河に戻る。
__________________この月、細川氏綱、摂津住吉に転戦。三好長慶、これを破る。
__________十_月_____細川氏綱、和泉菱木に転戦、和泉細川元常これを破り、氏綱山間部に逃亡。
1544年(天文十三年)__五月_____三好政長、家督を政康に譲り、出家して宗三と名乗る。
___________六月_十八日_石山本願寺、三好長慶に亡父十三回忌の費用を贈る。
___________八月_____細川晴元、三好長慶被官和田某を不義密通の罪で鋸引き刑に処す。
1545年(天文十四年)__五月_十五日_尾州畠山稙長、没。
__________________この月、三好長慶、氏綱派寺田氏を追って南山城に出兵。
___________七月_____三好長慶、氏綱方内藤国貞が守る丹波世木城を陥落させる。
1546年(天文十五年)__八月_十六日_三好長慶、遊佐長教退治のため、和泉堺に入る。
______________十九日_遊佐長教、堺を包囲。
_____________二十_日_三好長慶、堺商人の仲介で、堺を脱出。
___________九月_____この月、三宅国村、池田信正ら摂津国人、氏綱方に帰参。
__________________遊佐長教、山中又三郎が守る摂津大塚城を落とす。
______________十三日_氏綱方の上野玄蕃頭元治、上洛。
__________________足利義晴、慈照寺に入り、細川晴元、丹波神尾山城に脱出。
______________十八日_芥川孫十郎が守備する摂津芥川城、和睦開城。薬師寺元房が入る。
__________十一月_十三日_細川晴元、丹波神尾山城から摂津神呪寺に移動。
__________________この月、足利義晴、北白川の勝軍山城を改修。
__________十二月_十九日_足利義晴、近江坂本で嫡男菊童丸を元服させ義藤(後の義輝)と名乗らせる。
_____________二十_日_足利義藤(義輝)、将軍職を継承。六角定頼、管領代になる。
1547年(天文十六年)_正月_十一日_上野玄蕃頭元治、一条家より地子徴収を試み、上京中地下之輩の反発を招く。
___________二月二十_日_三好長慶・義賢兄弟、摂津原田城を陥落させる。
_____________二十二日_三好長慶、摂津三宅城を陥落させる。
__________________この月、六角被官進藤・平井が叡山・法華の仲介交渉を始める。
_____________二十五日_阿波平島の足利義維、上洛の斡旋を本願寺証如に依頼。
___________三月二十九日_足利義晴、勝軍山城に入り、細川氏綱支援を宣言。
___________六月_十七日_延暦寺・法華宗の和議成立。
_____________二十五日_三好長慶、細川晴元、摂津芥川城・池田城を奪還。
___________七月_十二日_細川晴元軍、上洛して相国寺に陣する。六角定頼、細川晴元方につく。
______________十九日_足利義晴、勝軍山城を自焼きして近江坂本に落ち延びる。
_____________二十一日_舎利寺合戦。三好・六角軍、細川氏綱・遊佐長教と戦って勝利。
__________閏七月__一日_足利義晴、京に戻る。
__________十一月__三日_足利義維、堺に入る。
_______________四日_本願寺証如、前関白九条稙通を通じ、足利義維に銭千疋を贈る。
__________十二月__一日_本願寺証如、足利義維が淡路に去ったことを知る。
1548年(天文十七年)_四月二十七日_六角定頼の仲介にて三好長慶、遊佐長教講和。
__________________後、三好長慶、遊佐長教の娘を娶る。
___________五月__六日_細川晴元の命により池田信正、切腹。三好宗三の外孫、池田長政が継ぐ。
___________八月_十一日_池田家騒動。池田家中の宗三系家臣が追放される。
______________十二日_三好長慶、細川晴元に三好宗三の誅殺を要求する。
__________十_月二十八日_三好長慶、摂津越水城にて細川晴元に反旗を翻す。
__________________月末までに摂津国衆の大半は三好長慶方につく。
1549年(天文十八年)_正月二十二日_摂津芥川城の芥川孫十郎、三好長慶に状況報告の書を送る。
_____________二十四日_三好宗三、丹波より南下して摂津池田城に放火。
___________二月_十一日_三好宗三、武野紹鴎、津田宗達、江州源六らを茶会に招く(天王寺屋会記)
______________十二日_津田宗達、三好宗三らを茶会に招く
______________十三日_武野紹鴎、三好宗三らを茶会に招く
______________十八日_三好長慶、遊佐長教と堺で会合。
___________二月下旬___三好宗三、摂津柴島城を占領。
_____________二十六日_三好長慶、安宅冬康と共に尼崎に布陣。遊佐長教、河内十七箇所を占領
___________三月__一日_三好長慶、柴島城を奪い返す。後、榎並城の包囲に加わる。
___________四月二十六日_細川晴元、摂津一庫城に入る。
_____________二十八日_細川晴元、摂津武庫郡に放火。
___________五月__一日_三好宗三、摂津富松城(尼崎近辺)を包囲。
_______________五日_三好宗三、摂津三宅城を占領する。
______________十七日_本願寺証如、細川氏綱に馬・太刀を贈る。
_____________二十八日_細川晴元、三宅城に入る。
___________六月_十一日_三好宗三、摂津江口城に着陣。
______________十七日_安宅冬康、十河一存、摂津別府村を占拠。江口への糧道が断たれる。
_____________二十四日_江口合戦にて三好宗三、三好長慶に討たれる。
__________十_月_十八日_足利義晴、慈照寺の裏山に中尾城を築城着手する。
1550年(天文十九年)__三月__七日_足利義晴、近江国穴太に移る。
___________五月__四日_足利義晴、没。
___________六月__九日_細川晴元、足利義藤、中尾城に入る。
______________十四日_東山合戦。小競り合いだが初めての鉄砲での戦死者がでる。
__________十_月二十_日_三好軍再上洛。小競り合い在あ。
__________十一月二十一日_足利義藤、中尾城を自焼きして堅田に逃れる。

|

« 中漠:晴天航路編㉙晴天已に死す | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164985/66813498

この記事へのトラックバック一覧です: 中漠:晴天航路編㉚晴天航路編年表:

« 中漠:晴天航路編㉙晴天已に死す | トップページ