« 中漠:善人令和編④伊勢貞孝は帰洛したい | トップページ | 中漠:善人令和編⑥不殺の行く末 »

2020年1月25日 (土)

中漠:善人令和編⑤タイトロープの和平交渉


 伊勢貞孝は交渉による足利義藤の還京をもくろんでいたものと思われます。その為には細川氏綱の受け入れと細川晴元の切り捨ても視野に入っていたでしょう。すなわち、この事態の発生の原因は細川晴元の家内統制の失敗にあり、彼にその責任を取ってもらえばすべては解決するということです。
 伊勢貞孝が帰洛した翌月、三好長慶の被官、松永良頼が大津に進出、堅田の足利義藤と対峙しましたが、琵琶湖を渡ってきた六角義賢の増援によって阻まれます。しかし、堅田も戦場になりそうだということで、足利義藤は朽木まで撤退します。伊勢貞孝にとってはこれで当面は「幕府軍」と三好軍との直接の武力衝突の危険は回避されたことになります。

 三好長慶にとっても三好宗三を討ち取った後、探し求めていた落としどころの提供者を得た心地だったでしょう。彼の父親の三好元長はかつて上洛してそこを統治していた柳本賢治と争い、後にその息子の柳本甚次郎を討ち取った結果、京にいられなくなるという大失態を演じています。彼としてはその轍を踏むわけにはいきませんでしたので、京の統治実績を持つ伊勢貞孝の帰還は願ったり叶ったりだったろうと思われます。伊勢貞孝はわずかな人数の雑掌しか連れてきていませんでしたが、三好長慶は彼に洛中の裁判権を与えています。洛中の町衆にとっても、勝手を知らない三好軍に無茶をされるよりも、勝手を知った政所執事に入ってもらった方がよりましであったに違いありません。

 三好長慶は本拠を洛外の山城国紀伊郡にある吉祥院とさだめ、そこで軍の指揮を執っていました。三月四日、そこに伊勢貞孝が挨拶にきます。洛中の裁判権を預けられたとはいえつい先日まで彼は敵でしたので、三好側は屋敷周辺の警戒を強化します。すると警戒網に二人の童子が引っかかりました。童子らは吉祥院を襲って三好長慶と伊勢貞孝を焼き殺す計画があると自白します。山科言継の日記によるとここから六十人ばかりの襲撃者が捕らえられ、処刑されたとのことです。

 その十日後、伊勢貞孝訪問の返礼として今度は三好長慶が伊勢貞孝邸へ赴きます。さすがに六十人もの襲撃者が襲ってくるということはなかったですが、より深刻な事件が起きております。伊勢貞孝邸に暗殺者が紛れ込んでいて三好長慶に襲い掛かったのでした。三好長慶は初撃を脇息で受けたものの、二の太刀、三の太刀で浅手を受けます。そこで何とか逃げおおせて刺客は取り押さえられます。その者の名は幕府奉公衆進士晴舎の一族、進士賢光。幕府側の人間でした。三好長慶はいったん芥川に引き上げます。和平交渉どころではなくなったわけです。しかし、伊勢貞孝は京を去ることはしませんでした。三好長慶は退去したとはいえ、京にはまだ三好党が残っています。伊勢貞孝の真意が奈辺にあるか不明ですが、彼は京の実務的な統治をおこなうことに執着していたといえるでしょう。

 その翌日には細川晴元配下の三好政勝と香西元成らが千本通りを南下して五条通りまで軍を率いて放火しました。しかし、この頃の京の街は東部に堀と塀を築いて外敵が入ってこないように守りを固めていました。これは1536年(天文五年)天文法華乱で灰燼に帰した京の街は荒廃し、以後の政局は安定しなかったのです。そこで1542年(天文十一年)の後奈良天皇の法華宗還住勅許、1547年(天文十六年)の法華宗と延暦寺との和議がなされて追放された法華宗と富裕層が京に帰還して復興が加速します。その際二度と京が攻められないよう帰洛法華宗やその他の寺院は町の外郭に城の尖塔のように配置されその寺院を板塀と堀で囲った城塞都市を形成したのでした。三好政勝軍はこの洛中城塞都市の外側をデモンストレーションしただけに過ぎなかったのです。

 おかげで伊勢貞孝は何事も起こっていないかのように洛中城塞都市内の裁判行政にいそしむことができました。もし彼が足利義藤の意を受けて三好長慶を罠にはめようと考えていたなら、伊勢貞孝はここで三好政勝軍を洛中城塞の中に引き入れてしまってもよかったわけです。しかし、彼はそうしませんでした。この状況は足利義藤陣営が必ずしも一枚岩ではないことを示しています。

 三好長慶は伊勢貞孝を疑って追い出すこともできたかもしれません。しかし、彼の父親の汚名を雪ぐためにも洛中での荒事は可能な限り回避したかったものと思われます。伊勢貞孝はそのための重要なキーパーソンでした。これは事態を主体的に動かす意思は三好長慶にはなかったことを示し、その行く末は伊勢貞孝の意向に委ねられていたともいえます。三好長慶の活路は足利義藤側もまた一枚岩ではないということにありました。それ自体がタイトロープのような心もとない道筋です。そしてそれに頼るしかない三好長慶の忍耐力を試す事件が河内国において起こってしまいます。

 彼の岳父にして数少ない同盟者であった遊佐長教の死でした。

 

Photo_20200119220901 



|

« 中漠:善人令和編④伊勢貞孝は帰洛したい | トップページ | 中漠:善人令和編⑥不殺の行く末 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中漠:善人令和編④伊勢貞孝は帰洛したい | トップページ | 中漠:善人令和編⑥不殺の行く末 »