« 中漠:善人令和編⑬贖罪の蓮淳Ⅰ | トップページ | 中漠:善人令和編⑮遊佐の王国 »

2020年3月28日 (土)

中漠:善人令和編⑭贖罪の蓮淳Ⅱ


 太平寺合戦後、蓮淳が再住した河内顕証寺はかなり危うい状況でした。これまで蓮淳は木澤長政を窓口にして八尾近辺の再開発を行ってきたのですが、木澤の死でその全てが覆りかねなかったのです。蓮淳は一刻も早く遊佐長教との関係を築く必要に迫られました。そんな蓮淳と遊佐長教とのパイプ役になりえるのは、河内国萱振を根拠地とする萱振飛騨守賢継の他にはいなかったでしょう。

 萱振賢継は遊佐長教が死んだ時点で河内国人衆の中で重要な地位を占めていたことは間違いありません。その萱振氏の根拠地にある恵光寺の住持延深は蓮淳の孫です。それまでに尾州家当主の紀州への押し込め状態は一旦解けているので、萱振領主の萱振賢継がそこにいてもおかしくはないでしょう。この後本願寺が弾圧された話もないので太平寺合戦の影響を本願寺は乗り切ることができたといえるでしょう。但し、木澤長政の死後、遊佐長教は細川氏綱を支援して細川晴元に反旗を翻します。これまでずっと細川京兆家の意向に従って教団運営を進めてきた蓮淳にとっては許容しがたい状況でした。

 そこで蓮淳は河内北部山城国境の招堤という地に新たにな道場を作って寺内町を開拓します。ここから国境を越えるとすぐに石清水八幡宮にいきつきます。北は淀川で南と西側は生駒山脈の稜線に挟まれており、切所に防御拠点を置けば敵を足止めできますし、山城や摂津に逃げ出すことも容易な場所です。河内北部には出口(ひらパーのすぐそば)という蓮如が拓いた寺内町があり、西証寺(顕証寺)還住実現と同時に本願寺教団に返されていたのですが、ここにはなぜか入りませんでした。本願寺教団は河内国の中央部に顕証寺・恵光寺、北部に出口・招堤のそれぞれの拠点を持って河内情勢の変動に備えます。すなわち、どちらが勝っても本願寺教団が生き残れるようにしたわけです。

 河内情勢変動への備えは決して杞憂ではなく、木澤長政死後に河内一国を制圧した遊佐長教は近隣の国人衆へ調略活動を開始します。これを察知した細川晴元は三好宗三・長慶らを堺に派遣しますが、遊佐長教は先手を取って軍を動員し、堺を囲みます。この時は堺の会合衆が仲介して衝突は回避されましたが、実質三好軍の敗北でした。この敗北は摂河泉の国衆を動揺させて遊佐派は勢いづき、これの対処に細川晴元は自ら京を留守にして出陣します。さらにその隙に足利義晴までもが細川氏綱支持を打ち出すところまで事態が発展してしまうのです。

 蓮淳は重大な選択を迫られます。河内顕証寺を維持するために遊佐長教と結ぶか、河内を退出するかの二択です。遊佐長教は細川氏綱を保護している以上、細川晴元が前者を許容しないことは容易に想像がつきます。この時本願寺は非戦に徹しました。つまり細川晴元にも、細川氏綱とも関係を持つが、軍事力は提供しないという方針でした。これはかなり危うい選択ですが、本願寺におとなしくしてほしいのは細川晴元も遊佐長教も同様だったでしょう。また天文錯乱のような大混乱は避けたいと思っていたはずです。

 細川軍は舎利寺合戦で遊佐長教を打ち破りますが、とどめを刺すまでに至りませんでした。遊佐長教はしぶとく生き残り、逆に三好長慶を取り込んでしまいます。それと同時期に三好宗三が摂津統治で失策をしでかし、三好衆が分裂、淡路・阿波衆は三好長慶につくに至って本願寺はこれ以上どちらにも良い顔をすることができなくなってしまいました。結果として証如は細川氏綱に太刀を送ります。本願寺は遊佐長教に屈服したのでした。

 ここまでの経緯を蓮淳は石山本願寺の大幹部として目の当たりにしていました。そしてその苦悩はかつて明応年間の河内における畠山氏の抗争において石山御坊にいた蓮能が味わったものと同じであると悟ります。あの時蓮淳は細川政元の意を汲んで河内抗争への本願寺の積極的介入を進めましたが、戦国時代という王法が存在しない時代に特定の勢力に肩入れした結果、本願寺は大損害を被ってしまいました。その応報として蓮淳はかつての蓮能と同じく、共存と協調を望んだにもかかわらず遊佐長教への屈服を強いられたのでした。

 江口合戦に遊佐・三好長慶連合軍は勝利し、細川晴元は京を追われます。蓮淳の寿命もつきかけていました。その死の床において彼はかつて証如の名において罰せさせた二人の人物の破門を解くことを遺言します。それは実悟と顕誓、大小一揆で本山に背いた加賀三箇寺方の生き残りでした。実悟に至っては蓮能の息子でもあり、無間地獄の人生を強いられた人とも言えました。実悟は蓮淳の死後に河内八箇所と十七箇所の境にある古橋という地に願得寺を建てます。その寺号はかつて自分が住した加賀の寺の名を引き継いだものでした。蓮淳は結局、蓮能のいた石山御坊や加賀三箇寺と同じ道を進み、その判断のやむを得ざるところを認め、死に臨んでその贖罪をしたのです。

Photo_20200328063801 

1543年(天文 十二年)   蓮淳、河内北端の招堤に道場を建て、開拓する。
1546年(天文 十五年) 八月 十六日 三好長慶、遊佐長教退治のため、和泉堺に入る。
  十九日 遊佐長教、堺を包囲。
  二十 日 三好長慶、堺商人の仲介で、堺を脱出。
1550年(天文 十九年) 五月 十七日 本願寺証如、細川氏綱に馬・太刀を贈る。
  二十四日 江口合戦にて三好宗三、三好長慶に討たれる。
  八月 十八日 蓮淳、示寂。この日までに実悟、赦免される。

 

 

|

« 中漠:善人令和編⑬贖罪の蓮淳Ⅰ | トップページ | 中漠:善人令和編⑮遊佐の王国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中漠:善人令和編⑬贖罪の蓮淳Ⅰ | トップページ | 中漠:善人令和編⑮遊佐の王国 »