« 中漠:善人令和編⑲細川持隆の本懐 | トップページ | 中漠:善人令和編㉑鑓場義戦 »

2020年5月30日 (土)

中漠:善人令和編⑳勝瑞の変


 舎利寺合戦においては、四国勢を交えた細川晴元とオール三好での戦いだったわけですが、その直後に三好家が長慶派と宗三派に分裂します。遊佐長教の調略に三好長慶がかかった形になったわけですが、形勢の悪い時には細川氏綱を隠してしまえる遊佐長教のしたたかさが惜しまれます。宗三派による摂津国人の懐柔に失敗した結果の分裂だったわけで、三好宗三・政勝親子は孤立していました。

 三好宗三・政勝親子の掣肘の為に四国勢(含む淡路)からは安宅冬康と十河一存が参加します。三好之虎が出てこなかったのはおそらくは同じ勝瑞城にいる細川持隆に遠慮したというところでしょうか。逆に細川持隆は安宅冬康と十河一存を止めることができませんでした。三好長慶が唱えたのはあくまでも摂津国の仕置きに失敗した三好宗三・政勝の排除であり、三好一門の惣領権の行使と言われれば、押し切ることも難しかったのかもしれません。
 ただ、戦の経過は宗三達の排除だけでは済みませんでした。三好長慶は摂津国人のあらかたを調略した上で、三好政勝がいる榎並城を遊佐長教とともに包囲すると、三好宗三と細川晴元までが釣れてしまいます。

 先手を取った三好長慶としては江口城に三好宗三を包囲します。その気になればすぐに落とせる江口城を囲んだだけで攻城はしませんでした。江口城内の三好宗三は籠城前提でこの城に入ったわけではありませんので、突破戦を試みますが、押し返されてしまいます。三好長慶としては三好宗三を拘束して細川晴元と交渉をする腹積もりだったのでしょう。しかし、細川晴元は頑なで、妥協するどころか対立構造を三好一族の抗争から足利幕府対三好長慶にもってゆくつもりでした。細川晴元は近江の六角氏に救援を求めます。結局タイムアップが迫り、三好長慶は江口城を落とします。三好宗三はその場では死なずに息子のいる榎並城に落ちようとしましたが、遊佐長教の網にかかって討ち死にします。

 細川晴元は三好宗三の死によって、三好家の内訌から足利幕府対三好長慶の構図に持ってゆくことに成功したと言えます。遊佐長教に背中を押された形なんですが、これが足利将軍まで京から坂本に避難させる結果になりました。これは三好長慶にとっては想定外だったはずです。この状況をまずいと感じたのか細川持隆はどうも安宅冬康と十河一存を撤収させたようなのですね。細川持隆からしてみれば、三好家中の成敗権の行使として二人の助力を認めたわけですが、幕府体制を揺るがす結果となってしまったのですから。しかも、事態を悪い方に推し進めた遊佐長教は暗殺されて彼が保護していた細川氏綱の代弁者の役目は三好長慶が負うしかなくなってしまったのでした。結果細川氏綱は京兆家家督と管領職を回復し、足利義藤は京に戻りました。細川晴元は排除されたものの、一見元のさやに納まったように見えます。しかし、この状況は四国の細川氏綱にとっては、高国系の氏綱を京兆家家督と認める体制に疑問を持たざるを得なかったでしょう。

 しかも、細川晴元は諦めていませんでした。若狭国小浜から三好政勝・香西元成らをつかって京を挑発し、波多野晴通もこれに呼応します。氏綱が守護することになった丹波国平定の為に兵を出さねばならない事態になっていました。三好長逸と松永兄弟達は京に置いておかねばなりません。弟三名は四国に帰っていて、河内の安見宗房も河内のゴタゴタを収めている最中で軍の動員には時間がかかりました。やむを得ず自らが総大将になって丹波に遠征し、波多野稙通の八上城を包囲しますが、芥川孫十郎の離反によって戦線を維持できなくなります。この敗戦は足利義藤をして細川晴元にも勝ち目ありとの判断をさせ、彼は霊山城に入ります。三好長慶は窮地に陥るわけです。

 三好長慶と細川晴元の保護者として四国から援助し続けてきた細川持隆としては困った形となりました。当然宗家当主の細川晴元からは自分に味方するように要請が来ていたものと思われます。しかし、細川持隆が阿波守護として細川晴元を助けようとする時に実際に動くのは三好之虎、安宅冬康、十河一存ら三好長慶の弟達です。その中でも十河一存は江口合戦の序盤で細川晴元のいる三宅城に強襲偵察を仕掛けた確信犯でもありますので、素直に言うことを聞くとも思えませんでした。

 とは言え、長い年月をかけて育て上げた三好軍団を割るわけにはいかないという逡巡もあったと思われます。その躊躇は逆に三好長慶の弟達によってつかれることとなりました。

  1553年(天文二十二年)六月 十七日 細川持隆は三好之虎の暗殺を計画したと言います。これを察知した三好之虎は十河一存とともに勝瑞城を包囲、細川持隆は籠城して周辺の国人衆に救援を求めますが、助けは入らず、絶望して自害しました。世にいう勝瑞の変です。

|

« 中漠:善人令和編⑲細川持隆の本懐 | トップページ | 中漠:善人令和編㉑鑓場義戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中漠:善人令和編⑲細川持隆の本懐 | トップページ | 中漠:善人令和編㉑鑓場義戦 »