« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月21日 (日)

中漠:善人令和編㉓将軍逃亡


 足利義藤が帰洛して以降、三好長慶は負け続きでした。そして負けが込んでくると、長慶の軍団は分裂の様相を呈してきます。その原因は三好長慶による細川氏綱擁立にありました。
 江口合戦までは三好長慶と細川晴元との対立が主軸で、細川晴元は三好宗三ではなく長慶を重用しろというのが三好側の言い分でした。三好宗三は細川晴元のお気に入りではありましたが、三好家の序列では一門の傍流にすぎません。長慶はその頃、細川氏綱を奉じる遊佐長教と組んではいましたが、建前としてはあくまでも摂津国人池田家への介入でしくじった三好宗三への処罰を細川晴元に求めたのが江口合戦の名分でした。

 三好長慶は江口合戦には勝利しましたが、結局細川晴元の屈服までには至りませんでした。そうこうしているうちに遊佐長教は暗殺されて、いつの間にか三好長慶が細川氏綱の保護者の立場となっていました。遊佐長教は三好長慶の岳父でしたから長慶には否応はありませんが、一門衆にとっては微妙だったのは間違いないでしょう。足利義藤にしても、細川晴元に都落ちさせられたものの、晴元単独では京都奪還は望めない。それどころか、五山派の総本山とも言うべき相国寺を燃やしてしまって『だめだこいつ、早く何とかしないと』状態になっていました。六角氏や朝倉氏などの義藤(と言うかその父親義晴)の与党の大名達は元々細川高国派でもありました。足利義藤にとって摂津・丹波、そして山城国からなる畿内中心部の主はべつに細川晴元でなくともよかったのです。しかし、この新体制は今一つうまく機能せず、長慶を中心とした三好家は割れて以前のように実力を従前に発揮できなくなっています。そう、細川晴元はぎりぎりまで追い詰められはしましたが、その後善戦していたのでした。

 さらに言うなら足利義藤の還京は伊勢貞孝の抜け駆けに引きずられたものでした。この人物は足利義藤への忠誠よりも、在京の利権を優先します。後にそれが露骨に表れた為に自滅する運命をたどることになるのですが、伊勢貞孝のこの行動は幕閣を真っ二つに割ることになります。当然足利義藤にとって愉快な話ではありません。三好長慶との戦いのきっかけになった、幕閣人質要求の対象者は反伊勢貞孝派です。要するに伊勢貞孝が三好長慶と結託して幕府を牛耳ろうとしているという構図でした。伊勢家も山城国一揆の頃には京兆家当主(政元から高国の頃)の言いなりでしたが、氏綱に貞孝を抑える力量がないのは明らかでした。

 1553年(天文二十二年)東山霊山城に入っていた足利義藤は七月になって密かに細川晴元を赦免します。それに呼応して細川晴元は洛北長坂口、船岡山に陣地を構築して気勢を上げます。この時は河内の安見宗房が撃退しますが、細川晴元の蠢動は収まりませんでした。この時三好長慶は芥川城に籠城する芥川孫十郎の説得の為、摂津・山城国境にいました。芥川城は西国街道を扼する要地にあり東側は淀川と天王山山系が接する切所なので、摂津越水から西国街道を進む三好長慶の進軍を阻みうる地形であることは確かなのですが、三月に蜂起した芥川孫十郎に対し、四ヶ月経ても三好長慶はこれにかかりきりでした。細川晴元が各地で三好方の切り崩しに成功している中、三好長慶は後手を踏んでいることは否めません。

 足利義藤は段階を一歩進めて細川晴元に洛中の三好勢の排除を命じました。七月二十八日、細川晴元軍に延暦寺・醍醐寺宗徒達が加わった一千の軍勢が洛中の三好家の拠点に火を放ちます。京中における三好方の拠点は洛中城塞外にある西院小泉城のみとなってしまいました。翌日、足利義藤は細川勢の出仕を求めます。現れたのは晴元の腹心である香西元成と丹波国人の内藤彦七でした。細川晴元軍は残る三好勢の拠点西院小泉城の攻略にかかります。

 三好氏の洛中拠点が焼かれ、西院小泉城が危地に陥っていることはすぐに三好長慶の耳に入り、芥川の囲みは一旦放棄して小泉城救援に向かいます。途中で合流した河内の安見宗房軍と併せて二万五千の大軍だったと言います。細川晴元軍を率いた内藤彦七は三好勢接近の報に戦意を失い、小泉城を攻め切れず、東山霊山城に引き上げます。内藤彦七が霊山城に帰った時、足利義藤はそこにいませんでした。すでに船岡山に撤退していたのです。

 八月一日、上洛した三好軍は東山霊山城に殺到し、これを陥落させました。大軍で囲んで鉄砲を打ち込み脅しをかけると守将の松田監物は自害し、城兵は総崩れとなって城を自焼きして撤退しました。足利義藤は帰る場所を失って朽木に逃れざるを得ませんでした。色々な所で三好長慶の勢力が分裂していたのは事実だし、細川晴元軍が度々洛中に侵入できたのも事実でした。しかし、細川晴元の抵抗はしょせんゲリラ的なものであり、足利義藤には晴元の勢力を誇大に見せていたのでしょう。足利義藤はまんまと細川晴元に吊り上げられたのでした。

 

1553年(天文二十二年) 正月__一日 三好長慶、足利義藤に拝謁するも、不穏な雰囲気を感じる。
八日 三好長慶、淀城に退く。この後、足利義藤と和解。
二月二十六日 三好長慶、清水寺にて足利義藤と会見。
反三好派幕府奉公衆からの人質を求める。
三月__八日 足利義藤と三好長慶が決別し、東山霊山城に籠る。
芥川孫十郎再度三好長慶に背き、摂津芥川城に籠城する。
十六日 細川晴元、挙兵
六月_十七日 勝瑞の変。細川持隆、三好之虎に討たれる。
七月____     足利義藤、細川晴元を赦免する。
八月__一日 東山霊山城合戦。足利義藤、三好長慶に敗れて朽木に逃れる。

| | コメント (0)

2020年6月13日 (土)

中漠:善人令和編㉒細川持隆の年齢について

 ここまで細川持隆は勝瑞の変の段階で五十七歳、宗家の細川晴元とは十七歳の年齢差があり、長慶を始めとする三好兄弟の親代わりとなって支えてきた保護者として記載してきました。本稿は今谷明氏の「戦国三好一族」を主に参考とし、腹落ちしない部分は調べながら書いてきたのですが、細川持隆の年齢について面白い別説に行き当たりましたので、紹介します。

 端的に言うと、細川持隆は従来細川晴元の年長の従兄弟と言われてきましたが、実は細川晴元の弟であり、晴元より一、二才年少であるという説です。これは「戦国期細川権力の研究」の中で馬部隆弘氏が提唱されている説です。

〇細川両家記 享禄五年三月三日条
 御舎弟讃州を以申分られけれ共、晴元御心ゆかず

〇細川高国晴元闘争記
 六郎君(細川晴元)高弟讃州府君、齢僅十五六、眉宇秀発、友愛之情、凡眉睫間、擁万騎、救兄於危難間

 簡単に言うと上記戦記物の史料においては讃州と呼ばれる人物が細川晴元の弟とされ、それが持隆であると言っているわけです。そして細川持隆を晴元の従兄弟としているのは、近世以降の系図史料かららしい。この説明は細川之持の死が天文二年頃であるとされた先学の説を否定する中で提示された情報であり、持隆の年齢を目的とした論考ではないのですが、実に興味深い内容です。

 この説が正しいとすれば、当ブログにおける持隆に関する四国事情も書き直す必要があるのですが、ほかにも重要なポイントがあります。

 その最たる部分は天文錯乱前後に細川晴元が足利義維から義晴へ鞍替えした際に、細川持隆の意見が顧みられなかった理由です。持隆の制止は彼が若輩なため説得力が伴わなかったのだとはっきりします。そうだとすると、阿波陣営の首脳には三好元長以外の大人がいないことになってしまいます。今谷説だと「管領代」茨木長隆が影響力を発揮したせいとしていました。この説はぽっと出の摂津国人がいきなり管領代になること、そして反三好元長派を形成して細川晴元を頭に据える才覚があったのかという点で不自然さは否めませんでした。現に茨木長隆は後に細川氏綱の奉行人になりましたが、この時はほとんど目立った動きはしていません。馬部氏の著書の説明によると細川晴元の後見役として細川讃州家(阿波守護家)の一族に可竹軒周聡という人物がいて、この人物が細川晴元の方針転換に重要な役割を果たしたことになっています。この可竹軒周聡は僧籍にあり、細川晴元の側近集団である御前衆の筆頭として貢献していました。そして細川晴元がこの可竹軒周聡に対し敬語を使っていることから、細川一門讃州家(阿波守護家)出身で晴元・持隆らを後見していた立場にあったと推測されているわけです。御前衆の構成メンバーは可竹軒周聡、木澤長政、三好政長、茨木長隆です。
 ただ、可竹軒周聡は天文錯乱を境に登場しなくなり、御前衆筆頭も木澤長政に代わります。細川両家記天文二年二月十日条に一向門徒勢が堺を襲撃した折、御前衆数人が討ち死にしたという記載があるのですが、実際は木澤長政、三好政長、茨木長隆らは生きており、ここでそれ以後登場しなくなる可竹軒周聡が討ち死にしたのではないかという説も立てられています。これもまた興味深く、茨木長隆が役者不足な所をうまく補っていると思います。ただ、少なくとも茨木長隆については細川六郎の代理として署名した書状が残されていますが、可竹軒周聡の立ち位置については、まだまだ私自身勉強しなければならない部分があります。

 そのほか、細川晴国の乱、氏綱の乱で活躍した高国派残党をまとめ上げて山城丹波国境で挙兵した上野玄蕃を当ブログでは今谷氏の著書に倣って上野元治としていましたが、馬部氏の考証にて元治は年齢的に一世代前の人物であり、この時代においてはその孫の国慶を充てるのが妥当なのだそうです。

 また、天文錯乱(第一次石山戦争)にて幕府と本願寺との間の講和に三好千熊丸(長慶の幼名)が仲介者となった時、阿波にいた千熊丸と細川晴元との仲介役になったのが光勝院周適という僧です。光勝院は京兆家の祖である細川頼春の菩提寺で阿波守護家の庇護下で発展した禅宗寺院でした。その住持である光勝院周適も細川阿波守護家の者と考えられています。三好千熊丸にとっては主筋にあたる人物であり、虫の良すぎる細川晴元・三好政長らの懇願をとりなすにはうってつけの人物であったでしょう。そして、幼少の三好千熊丸の補佐として和睦を実効性あるものにするために奮戦した三好伊賀の実名が三好連盛であることが記されていました。

 総じて「戦国期細川権力の研究」は、今谷氏の著書の中で下克上の世の中とはいえ過激なことが横行していると感じる事件について、史料に基づいてある程度納得できる立場の人物による関与があることが示唆されています。但し、可竹軒周聡、上野玄蕃国慶、光勝院周適、三好連盛らの実際の立ち位置などが細川持隆の実年齢を含めて、その根拠に整合性が取れているかどうか、まだ腹落ちしていません。同書は図書館で借りてチラ見しているだけなのですが、ぜひ購入して詳しく勉強したい所です。ただ、この本はぶ厚くて重くて何より少々お高い。けどそれに見合った内容であることは間違いありません。少しずつでも読み込んでみようかと思います。

 

| | コメント (0)

2020年6月 6日 (土)

中漠:善人令和編㉑鑓場義戦


 細川持隆が殺害された理由は何でしょうか。にわかに足利義冬の息子(義栄)を擁立して上洛しようと思い立ったが、三好之虎に露見したとか、三好之虎をにわかに憎み、相撲見物にかこつけて暗殺しようとした所、露見してしまったとか、色々憶測されているわけですが、子供の頃から三好兄弟を見守り続けてきた阿波の太守がこの期に及んで謀略に走るとは考えにくいです。

 強いて言うなら、江口合戦後に畿内から弟達を引きあげさせたことで、三好長慶が甚だ不利を蒙ったせいかも知れません。三好之虎は兄を助けに行きたかったにもかかわらず、細川持隆がそれも認めなかった。だからではないかと私は考えています。細川持隆による足利義栄擁立説もあるのですが、何しろ戦っている当事者が細川晴元と三好長慶という身内同士です。彼にしてみれば、こんな騒乱に巻き込まれたくないというのが本音だったのではないでしょうか。現に彼は天文錯乱においても肝心な所で三好元長を見捨てて四国にひきこもっていました。身内の争いごとが嫌いな性格だったのでしょう。

 細川持隆が作り上げた讃岐・阿波・淡路三国の体制は畿内の細川晴元の為の常備軍という位置づけでした。すなわち、舎利寺合戦の時のように細川晴元の号令の下に三好長慶とその弟達が集結し、武威を天下に示す。その為に三好之虎、安宅冬康、十河一存らが育てられたのです。流動化する戦局に対しもてあますほどの力を持っているにもかかわらず、その行使を禁じられた弟達はストレスがたまっていたはずでした。その間に、遊佐長教は暗殺され、丹波遠征を行った三好長慶は芥川孫十郎の離反により撤退を余儀なくされ、さらには将軍足利義藤に敵対されて窮地に追いやられます。なので、この下克上の原因は細川持隆の工作の結果というよりも、兄長慶の窮地を救う為に一刻も早く四国勢を畿内に入れようと焦った弟達の暴走という方が実態に近いのではないかと思います。

 最大の障害である細川持隆を除いた後には、新体制を構築する必要がありました。その旗印が細川持隆の遺児真之です。この二年前に周防国で大内義隆が陶隆房(晴賢)に討ち取られ、子の義長が立てられたのと同じ流れでした。いわば主君押し込めの失敗例であり、陶隆房も謀反の三年後に毛利元就に滅ぼされます。今回の三好兄弟の謀反についても一族以外の阿波・讃岐国人衆への根回しは不十分でした。

 細川持隆が最後を迎えた勝瑞城の南西、吉野川の対岸に芝原城があります。細川持隆の家臣としてそこを守っていたのが久米安芸守です。彼の妻は細川持隆の妹だそうです。彼が佐野丹波守や仁木高将、小倉重信、野田内蔵助ら、同志を集めて三好之虎一党に戦いを挑みました。彼には義広(または義弘)という諱が後世に伝えられているのですが、「三好義賢」と同じく足利将軍から偏諱をもらえる立場にありません。また、久米安芸守一党の反乱は義挙として後世に伝えられており、義広という諱は「正義を広める」という意味にもとれます。故に義広という諱は実際に久米安芸守が名乗ったのではなく、彼の生き様を後世に伝える際に新たにつけられたいわば「真田幸村」のようなものではないかと私は考えています。そして久米安芸守は三好之虎の舅でした。すなわち、彼の娘が三好之虎の妻だったわけです。久米安芸守が集めえた兵は寡兵でしたが、舅として婿の無道を罰しなければならない責務を負っていました。かたや三好之虎は阿波勢を率いて四国はもちろん畿内にもその覇を見せつけた実力者です。その動員力は久米安芸守が到底太刀打ちできるものではありませんでした。

 両軍は黒田鑓場という地で対決しますが、「衆寡敵せず」の言葉通り、久米安芸守勢は敗北します。追い詰められつつも旧主の恩義を言いつのりながら攻めかかる久米安芸守に三好之虎の軍兵は刃を向けられませんでした。その最期はそれに憤激しての自刎だったとされています。三好之虎は主君のみならず、舅までも殺害してしまったわけです。阿波守護家は細川真之に継がせたとはいえ、その正当性はボロボロでした。それでも之虎には阿波の体制を立て直して畿内で孤立しつつある兄長慶を助けなければなりません。その為にとった手段が亡き主君細川持隆の妻で現当主の細川真之の母を自らの妻として迎えるということでした。持隆の妻の名は小少将という名が伝わっており、阿波国西条東城を任されていた岡本牧西の娘だそうです。これにより岡本氏の支持は取り付けられ、母小少将を通して阿波守護細川真之をコントロール下に置くことが可能になったわけです。もう一人の妻である久米安芸守の娘の運命も推して知るべしでしょう。

 之虎には兄長慶を一刻も早く助けたいという一念しかなかったかも知れません。しかしこれは人倫に悖る行いでした。この善人を疾く助ける為にとられた行動は実に迂遠でかつ、無道に堕ちたものだったのです。

| | コメント (0)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »