« 中漠:善人令和編㉒細川持隆の年齢について | トップページ | 中漠:善人令和編㉔丹波内藤家の黄昏 »

2020年6月21日 (日)

中漠:善人令和編㉓将軍逃亡


 足利義藤が帰洛して以降、三好長慶は負け続きでした。そして負けが込んでくると、長慶の軍団は分裂の様相を呈してきます。その原因は三好長慶による細川氏綱擁立にありました。
 江口合戦までは三好長慶と細川晴元との対立が主軸で、細川晴元は三好宗三ではなく長慶を重用しろというのが三好側の言い分でした。三好宗三は細川晴元のお気に入りではありましたが、三好家の序列では一門の傍流にすぎません。長慶はその頃、細川氏綱を奉じる遊佐長教と組んではいましたが、建前としてはあくまでも摂津国人池田家への介入でしくじった三好宗三への処罰を細川晴元に求めたのが江口合戦の名分でした。

 三好長慶は江口合戦には勝利しましたが、結局細川晴元の屈服までには至りませんでした。そうこうしているうちに遊佐長教は暗殺されて、いつの間にか三好長慶が細川氏綱の保護者の立場となっていました。遊佐長教は三好長慶の岳父でしたから長慶には否応はありませんが、一門衆にとっては微妙だったのは間違いないでしょう。足利義藤にしても、細川晴元に都落ちさせられたものの、晴元単独では京都奪還は望めない。それどころか、五山派の総本山とも言うべき相国寺を燃やしてしまって『だめだこいつ、早く何とかしないと』状態になっていました。六角氏や朝倉氏などの義藤(と言うかその父親義晴)の与党の大名達は元々細川高国派でもありました。足利義藤にとって摂津・丹波、そして山城国からなる畿内中心部の主はべつに細川晴元でなくともよかったのです。しかし、この新体制は今一つうまく機能せず、長慶を中心とした三好家は割れて以前のように実力を従前に発揮できなくなっています。そう、細川晴元はぎりぎりまで追い詰められはしましたが、その後善戦していたのでした。

 さらに言うなら足利義藤の還京は伊勢貞孝の抜け駆けに引きずられたものでした。この人物は足利義藤への忠誠よりも、在京の利権を優先します。後にそれが露骨に表れた為に自滅する運命をたどることになるのですが、伊勢貞孝のこの行動は幕閣を真っ二つに割ることになります。当然足利義藤にとって愉快な話ではありません。三好長慶との戦いのきっかけになった、幕閣人質要求の対象者は反伊勢貞孝派です。要するに伊勢貞孝が三好長慶と結託して幕府を牛耳ろうとしているという構図でした。伊勢家も山城国一揆の頃には京兆家当主(政元から高国の頃)の言いなりでしたが、氏綱に貞孝を抑える力量がないのは明らかでした。

 1553年(天文二十二年)東山霊山城に入っていた足利義藤は七月になって密かに細川晴元を赦免します。それに呼応して細川晴元は洛北長坂口、船岡山に陣地を構築して気勢を上げます。この時は河内の安見宗房が撃退しますが、細川晴元の蠢動は収まりませんでした。この時三好長慶は芥川城に籠城する芥川孫十郎の説得の為、摂津・山城国境にいました。芥川城は西国街道を扼する要地にあり東側は淀川と天王山山系が接する切所なので、摂津越水から西国街道を進む三好長慶の進軍を阻みうる地形であることは確かなのですが、三月に蜂起した芥川孫十郎に対し、四ヶ月経ても三好長慶はこれにかかりきりでした。細川晴元が各地で三好方の切り崩しに成功している中、三好長慶は後手を踏んでいることは否めません。

 足利義藤は段階を一歩進めて細川晴元に洛中の三好勢の排除を命じました。七月二十八日、細川晴元軍に延暦寺・醍醐寺宗徒達が加わった一千の軍勢が洛中の三好家の拠点に火を放ちます。京中における三好方の拠点は洛中城塞外にある西院小泉城のみとなってしまいました。翌日、足利義藤は細川勢の出仕を求めます。現れたのは晴元の腹心である香西元成と丹波国人の内藤彦七でした。細川晴元軍は残る三好勢の拠点西院小泉城の攻略にかかります。

 三好氏の洛中拠点が焼かれ、西院小泉城が危地に陥っていることはすぐに三好長慶の耳に入り、芥川の囲みは一旦放棄して小泉城救援に向かいます。途中で合流した河内の安見宗房軍と併せて二万五千の大軍だったと言います。細川晴元軍を率いた内藤彦七は三好勢接近の報に戦意を失い、小泉城を攻め切れず、東山霊山城に引き上げます。内藤彦七が霊山城に帰った時、足利義藤はそこにいませんでした。すでに船岡山に撤退していたのです。

 八月一日、上洛した三好軍は東山霊山城に殺到し、これを陥落させました。大軍で囲んで鉄砲を打ち込み脅しをかけると守将の松田監物は自害し、城兵は総崩れとなって城を自焼きして撤退しました。足利義藤は帰る場所を失って朽木に逃れざるを得ませんでした。色々な所で三好長慶の勢力が分裂していたのは事実だし、細川晴元軍が度々洛中に侵入できたのも事実でした。しかし、細川晴元の抵抗はしょせんゲリラ的なものであり、足利義藤には晴元の勢力を誇大に見せていたのでしょう。足利義藤はまんまと細川晴元に吊り上げられたのでした。

 

1553年(天文二十二年) 正月__一日 三好長慶、足利義藤に拝謁するも、不穏な雰囲気を感じる。
八日 三好長慶、淀城に退く。この後、足利義藤と和解。
二月二十六日 三好長慶、清水寺にて足利義藤と会見。
反三好派幕府奉公衆からの人質を求める。
三月__八日 足利義藤と三好長慶が決別し、東山霊山城に籠る。
芥川孫十郎再度三好長慶に背き、摂津芥川城に籠城する。
十六日 細川晴元、挙兵
六月_十七日 勝瑞の変。細川持隆、三好之虎に討たれる。
七月____     足利義藤、細川晴元を赦免する。
八月__一日 東山霊山城合戦。足利義藤、三好長慶に敗れて朽木に逃れる。

|

« 中漠:善人令和編㉒細川持隆の年齢について | トップページ | 中漠:善人令和編㉔丹波内藤家の黄昏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中漠:善人令和編㉒細川持隆の年齢について | トップページ | 中漠:善人令和編㉔丹波内藤家の黄昏 »