« 中漠:善人令和編㉕鷹山弘頼と木澤長政 | トップページ | 中漠:善人令和編㉗鷹山弘頼の謀殺 »

2020年7月25日 (土)

中漠:善人令和編㉖鷹山弘頼と遊佐長教


 木澤長政が幕府の敵になった結果、鷹山弘頼は自らの存立基盤を脅かされます。当然、幕府からは木澤長政を見限れとの命令が来た筈です。鷹山弘頼はそれに従いました。摂津・山城との国境が近く、河内にも領地を持っている鷹山弘頼は現実的な判断をしたわけです。三好宗三・長慶率いる細川軍が東高野街道を南下して、木澤・遊佐が激突する高屋城を目指して迫っていました。細川晴元につくと決めたならば、何が何でも木澤長政を没落させるしかなかったでしょう。さもなければ、自身が木澤長政に報復されてしまいます。その為には総州畠山在氏がいる飯盛山城を何とかしなければなりませんでした。

Photo_20200725071101 

 

 飯盛山城は眼下に東高野街道を臨み、その向こうには深野池が迫る切所でした。深野池内には三箇城と呼ばれる水上施設が飯盛山城の支城として機能しています。飯盛山城の総州畠山在氏がその気になれば、南下する三好軍をある程度足止めすることは簡単なことだったはずです。現に高屋城攻略の為に軍を進めていた木澤長政は背後から迫っている軍が三好軍であるとはつゆほども考えていませんでした。
 鷹山弘頼と安見宗房が取ったと考えられる方法は、河内私部城から兵を出して深野池内の三箇城と飯盛山麓の野崎を抑え、三好軍の通行を可能にすると同時に飯盛山に使いを出して総州畠山在氏が木澤長政に加担しないよう説得することだったのではないでしょうか。

 実際、摂津芥川城から淀川を越えて南下した三好軍は飯盛山からの妨害を受けたという記録もなく、木澤長政と遊佐長教が激突しているさなかの高屋城近辺の戦場に間に合うことができました。そしてそれが遊佐軍勝利をもたらし、1542年(天文十一年)三月十七日に木澤長政は太平寺にて遊佐長教の兵に討たれたのです。飯盛山城の畠山在氏への交渉ははかどらず、翌年一月までかかって飯盛山城は開城しました。その攻囲軍の中に鷹山弘頼と安見宗房はいたものと思われます。三箇城・野崎の押さえはあくまでも想像にすぎませんが、太平寺合戦がらみの功績で鷹山弘頼が細川晴元から感状をもらったのは史実です。退去した総州畠山在氏の身柄は本願寺が預かることになりました。

 太平寺合戦の戦後処理では、色々な政治的な思惑が錯綜したことは間違いありません。細川晴元は自らの虎の子である三好宗三・長慶を投入して木澤軍を撃破したものの、大将の木澤長政を討ち取ったのは遊佐長教でした。もし、三好勢が木澤長政を討ち取っていたなら、河内北部は細川晴元の分国になっていたでしょう。結局、飯盛山城は破棄されて、河内国は遊佐長教に委ねられることになりました。それに伴い、鷹山弘頼・安見宗房は遊佐長教に従うようになります。とはいっても、鷹山弘頼は大和国にも属しています。彼は1544年(天文十三年)に筒井順昭の柳生城攻めに増援として参陣し、柳生城を攻め落としています。

 鷹山弘頼としては木澤長政の死を契機とした危機をうまく乗り越えて河内と大和に両属する小領主としての安寧を得たはずでしたが、遊佐長教はそれを許しませんでした。1545年(天文十四年)に尾州畠山稙長が没すると、遊佐長教は細川氏綱を奉じて細川晴元に反旗を翻します。摂河泉の国人衆に調略をかけ、自らの軍勢に引き入れました。鷹山弘頼と安見宗房に対して提示された条件は破格なものでした。山城上三郡を治める守護代の地位です。その意図は安見宗房を取り立てる為ではないかと思います。すなわち、中間あがりの軽輩である安見宗房を大和と河内でそれなりの地位を持つ鷹山弘頼とセットで扱うことによって、安見宗房により大きな権限を持てるようにする為の方便です。

 遊佐長教は戦国武将としてはあまり戦場に立ちたがらないタイプです。しかし、常に戦場以外の所で勝つ為の布石を打ち、一たび出陣するや高確率で勝ちを拾う軍才の持ち主でした。天文の錯乱で本願寺をボコり、木澤長政を討ち取った手腕はその最たるものです。むろん、その勝利をもたらしたのは本願寺の時は木澤軍の、木澤長政の時は三好勢の力を借りてはいるのですが、そこに遊佐長教がいなければ、木澤長政は太平寺合戦で負けても討ち取られる所まではいかずに戦場を脱出できたような気がします。そうなれば、歴史はまた変わっていたでしょう。そして、これは個人的な想像ですが、太平寺合戦の折に飯盛山城にいた総州畠山在氏に開城を説得したのは安見宗房だったのではなかったかと思っています。開城後の畠山在氏は本願寺の世話になるわけですが、遊佐の反逆を機に細川晴元方につくものの最終的に三好長慶・遊佐連合に没落を余儀なくされます。その息子の尚誠が大和に逃れたわけですが、その地が越智氏の所領高取城の近くでした。「オチカタドノ」の中間出身の安見宗房が越智氏に話をつけて居場所を作ったのかもしれません。

1542年(天文 十一年) 三月 十七日 太平寺合戦。木澤長政、戦死。
1544年(天文 十三年) 七月二十九日 鷹山・十市の援兵600人、筒井方として参戦し、柳生城攻略『多聞院日記』
1546年(天文 十五年) 九月 十三日 上野玄蕃(細川国慶)、上洛。
  この月 安見宗房、氏綱方の武将として史料に現れる。
  十 月 鷹山弘頼・安見宗房、氏綱方の遊佐長教に山城上三郡守護代に任じられる。



|

« 中漠:善人令和編㉕鷹山弘頼と木澤長政 | トップページ | 中漠:善人令和編㉗鷹山弘頼の謀殺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中漠:善人令和編㉕鷹山弘頼と木澤長政 | トップページ | 中漠:善人令和編㉗鷹山弘頼の謀殺 »