« 中漠:善人令和編㉜弘治改元 | トップページ

2020年10月24日 (土)

中漠:善人令和編㉝三好家の宗旨報告書Ⅰ(三好之長・三好元長)


 三好元長以前の三好家の宗旨について調べがつきました。三好元長の墓所は阿波見性寺にあり、祖父三好之長及び息子の実休、孫の長治らの墓とともに鎮座しております。見性寺は現在臨済宗妙心寺派に属していますが、それは関ヶ原合戦後に阿波国に入った蜂須賀家政の宗旨によるものと考えてよいでしょう。この見性寺に見性寺記録という史料が残されており、見性寺開創時の事情が書かれておりました。これによると、見性寺はもともと鎌倉時代の阿波守護小笠原長久が父祖を祀る為、1249年(宝治三年)美馬郡岩倉に御浄山宝珠寺という菩提寺を建てたのが始まりです。開山は紀州高野山金剛三昧院覚心の弟子筋の翠桂僧都であり、七世隆庵が勝幡城に移したという経緯がありました。

 覚心は坊号を心地又は無本といいます。一見すると真言宗と結論付けてしまいそうになりますが、覚心は鎌倉時代に純粋禅普及のきっかけを作った円爾の勧めで南宋に渡り、公案集の無門関の著者で知られる無門恵開から印可を得た禅僧でもありました。彼は当初金剛三昧院を拠点としていましたが、紀州由良荘の地頭葛城景倫が1227年(安貞元年)に源実朝の菩提を弔うために建立していた西方寺へ、1258年(正嘉二年)に覚心が移って禅宗寺としています。鎌倉時代にはよくあった話です。覚心の禅は臨済禅の階梯に真言宗の要素を含めたハイブリッドなものだったそうです。覚心は後に亀山上皇から法燈禅師の号を得てその系譜は法燈派と呼ばれます。

 覚心は1298年(永仁六年)に寂します。宝珠寺は以後小笠原一族が維持したわけですが、本寺の西方寺には政争が待っていました。後醍醐天皇の代になって、既に寂していた覚心に円明国師の号が追贈されます。そして後醍醐天皇は足利尊氏に敗れて吉野に南朝を開き、崩御します。その後を後村上天皇が継いで1340年(南朝年号:延元五年)四月二十八日に南朝の年号を興国とするわけですが、この興国号が後村上天皇から西方寺に下されます。西方寺は紀伊国由良郡にあります。南朝の勢力下でした。否応はありません。

 その同時期、阿波の小笠原氏は細川和氏らが四国に攻め込むと阿波守護小笠原家は滅亡します。そしてその傍流の三好家が細川氏の被官として存続します。宝珠寺は阿波守護家から三好家が管理を引き継いだのでしょう。宗旨は南朝公認の物ですが、そこは三好家は足利将軍から見れば陪臣に過ぎませんので目こぼしがあったものと思われます。後に南北朝は合一しますが、興国寺は南朝年号の寺号のまま通します。

 戦国時代に入って三好家は頭角を現します。三好之長は応仁の乱末期に京で土一揆を起こして悪評を立てますが、すぐに国元に返されます。後に細川政元の後継者の一人、細川澄元の執事として再上洛しますが、この悪評に足を引っ張られました。細川政元が暗殺されると澄元が継ぎますが、その時に主君澄元とトラブルを起こして詫びの意味で剃髪して喜雲と名乗り、家督を息子の長秀に譲りました。但し実権はしっかり之長が握っています。澄元政権は足利義尹の反撃で潰え、以後京都奪還の戦をしばしば起こします。1511年(永正八年)の船岡山合戦で、之長を連れてゆかなかった細川澄元は細川高国・大内義興らに惨敗を喫します。その立て直しに三好之長は奔走するのですが、その折に宝珠寺の寺号を見性寺と改めて阿波守護家の本拠である勝瑞城内に寺基を移しています。しかし、之長は1520年(永正十七年)五月の等持院合戦で敗れ、討たれてしまいます。

 その雪辱を果たそうと孫の元長も頑張ります。しかし、細川澄元の息子の六郎とともに、足利義維を担いで堺に幕府をつくりました。しかし、之長の悪評が彼の足を引っ張ります。足利義維に将軍宣下させるべく、その下準備に上洛しますが、先に上洛していた柳本賢治と争いになり、へそを曲げて阿波に帰ってしまいます。その隙をついて細川高国は反撃に出て柳本賢治を討って京の奪還をはかろうとしてので、堺幕府の面々は三好元長に頼み込んで細川高国を討たせます。しかし、京の柳本党の甚五郎が元長を認めなかったため、これを攻め殺してせっかくの武功もチャラにしてしまいます。これに反省した元長は剃髪して海雲入道と号します。しかし、この反省策は功を奏さず、堺幕府は分裂。本願寺が敵に回って三好海雲入道は堺幕府と運命を共にしました。

 長い苦闘の末、弘治年間に入ってようやく政局は安定します。その為に三好家に必要とされたことは権力の源泉である一門の結束固めでした。三好之長・元長を祀ることはその大きな一助になる筈です。しかし、この安定の背後には後奈良天皇の影の支援がありました。それを考えると一門の宗旨である南朝の色のついた法燈派臨済宗での法要は行いづらかったのではないかと思われます。

|

« 中漠:善人令和編㉜弘治改元 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中漠:善人令和編㉜弘治改元 | トップページ